上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
最近のゆうちゃんの変化を。

な、なんと、外出時に帽子を被らなくなったんです!

え?なんや、そんなこと? ってお思いになられるかもしれませんが。

帽子は、ゆうちゃんがこだわっていたものの一つで、

気に入ったものしか被らないので、冬でも夏用だったりと、応用が効かないものでした。

ところが突然、

朝、帽子を忘れているので、「ゆうちゃん帽子は?」と聞くと、

「やめて」と言い、帽子を手に取らないんです。

えっ?帽子いらんの?? ←と、驚きのハハ。

どうやら帽子は手放した様子。

絶対必須アイテムを手放すなんて。

どんな心境の変化なのだろうか?←めちゃくちゃ知りたいっ


で、朝のCDの選曲にも変化が。

モーツァルトの「レクイエム」

なんでまたレクイエム?毎朝レクイエム聴きながら朝食の我が家です。笑





「あなたを成長させるのは、自分より賢い人ではなく、予測不可能な人」

というのを目にして、なるほど~と思った今日この頃。

想定外だったり予測不可能なことに出会えた時こそ、成長のチャンスなのですね。
2014.12.16 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
週末のお出かけは、奈良県の十津川へ。

相変わらず、行き当たりばったりのドライブ。

十津川方面は、以前「谷瀬のつり橋」へ行ったことがあるので、

さらにその先へ行ってみようと車を走らせました。

知らない道を走るのが大好物のゆうちゃんは、鼻歌まじりでご機嫌さん♪

まず立ち寄ったのは、十津川温泉のホテル昴。

ここに『野猿』という名の自力ロープウェイ?があるというので、行ってみました。



これ、途中まではスルスル~と滑っていくんですけど、

途中からは、その名の通り自力で引っ張って進まなくてはならない。

想像以上に大変で、ハァハァと息も切れ切れ。

紅葉を見ながら、、なんて思ってたら景色見る余裕ありませんでした。(^-^;

チチとゆうちゃんは、二人乗りしたものだから、真ん中あたりで動けなくなり、途中で休憩したはりました。笑

ホテルに素敵な足湯があり、ここでほっこり疲れをとり、駐車場で一台Noahを見送り(~_~;)

さらに先へ。

案内板を見ながら、あれ行ってみようか?ここ寄ってみよっか?ってな感じで。

見つけたのが、『玉置神社』

行こうと思っていたわけじゃなかったんです。

たまたま案内板を見て、ここ行ってみない?ってな感じで車を走らせたら、

淡路島の諭鶴羽神社への道と同じような相当ハードな道のり。

ここもかなりのパワースポットのようやな?と思いながら入口に到着。

着いたのが17時少し前。

駐車場はすっかりガラガラで、3台ほどが止まっているだけ。

車から降りるなり、神社の入口のお店のおじさんに声をかけられました。

「懐中電灯持ってるかー?」

え?懐中電灯ですか?

「そや、街灯なんかないから帰りはもう真っ暗やで。」と。

車中にあったペンライトを一つ持ち、おじさんに鳥居から神社までどれくらい時間がかかるのかと聞くと、

「15分くらいや。早よ行っといで、早よ行かな神さん寝てまうで。神さんは朝早いからな!」と言われ、

なかなか動こうとしなかったゆうちゃんを急かして歩き出した。



「あの夕陽が隠れたらもう真っ暗やからな。気を付けていっといで。」と、おじさんの言うとおり。



どんどん薄暗くなってゆく…。



こんな時間に参拝する人は他におらず…。(汗)

まるで結界の中に私たちだけが取り残されたよう。

これぞ聖域みたいな場所。

霊感なくて良かったです。まじで。

帰ってきてから玉置神社を調べてみたら、

↓凄い場所にビックリ。

聖地・熊野三山の奥の宮「玉置神社」
玉置神社人里遠く離れた紀伊半島中央の、熊野のやまなみの雲海は、
はるか太平洋を遠望する標高1077mの霊峰玉置山。
神々が降り立つ玉置山の境内には、
神代杉をはじめ樹齢3000年といわれる老樹大樹が社となりその懐に抱かれるように
荘厳な玉置神社の神殿が鎮座しています。
日本における神様は国常立尊主神が1番はじめに現れたとしています。
日本で祀られている神社は、玉置神社とそして岐阜 の位山、
木曽の御嶽山(里宮)、伊勢外宮など極めて 重要なところに祀られています。
日本最古の神社が玉置神社にあたります。
そして八柱の神の1神である伊弉諾尊(いざなぎのみこと)神と 夫婦神になられた伊弉册尊(いざなみのみこと)神が今の日本の国を お創りになり玉置神社に祀られています。



天河神社と同じく、呼ばれた人しか行けない神社だとか言われていて、

さらに驚いたのは、なんとここは日本で唯一の悪魔祓いの神社なのだと!

 「大和なる玉置の宮の弓神楽(ゆみかぐら)弦音すれば悪魔退散」と詠まれ、

全国的にも珍しい「悪魔退散」という特殊なご神徳があり、

古くは皇族の方の悪魔祓いが行われていたのだそうです。

ひゃー。

まさか、エクソシストですか‼︎

なんなんやろー今年は?と不思議に思う。、

気胸をはじまりとし、心身共にネガティヴなことが起こった年だったので、

お祓いの為に導かれたのでしょうか?

今年のマイ流行語大賞は、『エクソシスト』 ですな。笑
2014.11.26 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
19才になりました。

無事に誕生日を迎えられたことを本当に嬉しく思います。

いつも見守って下さるみなさま、ありがとうございます。

19才



先日のライブで聴いたシカオちゃんの19才がリフレイン。笑


ややこしいお年頃のゆうちゃんは、

やっぱり「大キライなボク19才」なのかな。

アイデンティティーを確立していくお年頃だということを頭の片隅に置いておかなきゃね。


母親になって19年。

ハハも日々修行中。

これからも、よろしくお願い致します。


今年のケーキは、これ!

happy birthday ゆうちゃん ☆





2014.11.21 Fri l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
京都イルミエール(るり渓温泉)



土曜日の夜に出かけてきたのですが、これはおススメ!!

これまでみたことない規模のイルミネーションでした!

場所が場所だけに、人の多さもほどほどで。

お子さん連れのファミリーには、超おススメです。

ゆうちゃんは、ミストに光を当てた人工オーロラにくぎ付けになってました。

入場料1000円ですが、障碍者手帳を持っていると本人と介助者無料招待してくださるという太っ腹なところも有難いです。

帰りは、るり渓温泉であったまって帰ってきました♪

イルミネーションの季節ですねぇ~。

2014.11.10 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
日曜日、先週たどり着けなかった太地町へ♪



博物館には、イルカ・クジラのあれこれ、捕鯨のあれこれなど、興味深いものがたくさんあったのですが、

ゆうちゃんと一緒では、全くゆっくり見れず><。




ま、目的は、クジラとイルカに会うことなので、さっそく屋外へ!

わぁおw めちゃくちゃ可愛い!!




こっちがイルカで、


こっちがクジラ。

本当は、クジラの背びれにつかまって泳ぐ体験をしたいのですが、

ゆうちゃんは興味がない様子。気持ちは、駐車場。

あぁぁやっぱり、クジラよりノアですか、と。(泣)

でも、せーーっかく来たんだから!!もうちょっともうちょっとクジラさんと触れ合おうよ~と必死に引っ張るハハ。

「ねね、今度来るときは、三人でクジラと泳ごうよー」と、ひとりコーフンしているハハに、

「俺はええわー」 というチチ。

「えー?なんでー!クジラと泳げるんやで!」 と驚くと、

「いやぁ~俺引っ張ってもらって、クジラ大丈夫やろか?」と、自分の体重を考えクジラを心配するチチ。笑

なので、

「体の大きさに合わせて、デカいクジラ用意してくれはるんちゃう?」笑 というと、

「そんなデカいクジラこわいわっ!!」と大笑い。

ま、そんなあほな会話をしながら、駐車場にNOAHが止まっていないのを確認し、

博物館の前にある食堂へ。


クジラ肉を食べるか食べないか?

いろいろと問題になっていますが。

私がクジラと聞いて思い出すのは、なんといっても小学生の時の給食のメニュー

くじら肉のノルウェー風

これ、唯一好きなおかずだったんですよ。

食堂で、「くじらの串揚げ」と「くじら丼」を食べてみましたが、





ノルウェー風とは程遠かった…。

あのノルウェー風をもう一度…。

でも、どこがノルウェー風だったんでしょーかね?
2014.10.26 Sun l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。