上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日は、ゆうちゃんが初めてコンサートへ行った時のお話です。

佐渡裕のヤングピープルズコンサート

これは、指揮者の佐渡裕さんが、「子ども達に音楽の楽しさ知ってもらいたい!」

「本物のオーケストラに触れてもらいたい!」と企画されたコンサート。

第一回目は確か1999年。ゆうちゃんが参加したのが第五回目の2003年です。

ロビーには「楽器体験コーナー」が設けてあり、

ドラムセット、クラリネット、コンガ、ボンゴなどを体験する事が出来るのです。

毎回、子ども達にプレゼント(音楽関連の小物)もあり、ゆうちゃんが参加した年は、コレ↓(簡易タイコ)でした。

20060120141010.jpg


このコンサートは音楽を聴くだけでなく、音楽に参加する事の楽しみを体験させてくれます。

4分音符は「パン」8分音符は「ネギ」

3蓮符は「トマト」16分音符は「タケノコ」


というように音符に食べ物の名前をあてはめタイコを叩きます♪

子供たちはもうノリノリ。

子供だけでなく大人も子供に戻って楽しめる!といった感じです。

そして、最後のアンコール(この時、私は知らなかったのですが)

恒例になっているようで(?)

子供たちがそれぞれの楽器を持ってきて、舞台へ上がってオーケストラと一緒に演奏するのです。

佐渡さんの「みんな上がっておいで~!」という声で、子供たちは、一斉に舞台へ上がっていきました。

指揮棒を振る子、自分が習っている楽器を持ってきて一緒に演奏する子など、

みんな興奮状態で、パワーに満ち溢れた感じでした。


・・・そこでゆうちゃん登場!!!!!!!

みんなの様子をみていたゆうちゃんも自然と体が立ち上がってきました。

「どうする?ゆうちゃんも行ってみる?」 と聞くと、

うん!といっった感じで、、二階席から走って一階へ下り、一目散に舞台へと駆けて行きました!!!

アセッた私は、、慌ててゆうちゃんの後ろを着いて行く事に・・・。

でもさすがに舞台へ上がる勇気は無かったので(^^;)ゆうちゃん一人舞台へと上がっていきました。

見ていると・・興奮して、舞台の一番前を右へ左へと走りまくっているゆうちゃん。

(^。^;)(^。^;)(^。^;)・・・・もう冷や汗モンでした。

でも、、すっごく嬉しかった事は、

そんな様子のゆうちゃんを見た ジャズトランペッターの原 朋直さん。

「踊るだけでもいいんだよー。楽器がなくてもみんな上がっておいで!」

と、マイクを通してみんなに声をかけて下さったんです。

もう、すっごく嬉しかったです。

とてもとても貴重な体験ができたヤングピープルズコンサート。

昨年も日程があわずに行けなかったので、今年はまた参加したいな~と思ってます♪♪










スポンサーサイト
2006.01.20 Fri l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

面白そう!
ゆうちゃんのノリノリが目に浮かびます。
子供たちって、楽しいの大好きだもんね。

れんもそんなの大好きなので
うちも参加したいです!
今年は、いつやるのですか?
また、教えて下さいね。
2006.01.20 Fri l れんママ. URL l 編集
れんママさんへ。
素敵なコンサートでしょ!!
ぜひ今年の夏休み一緒に行きましょっ。
いつやるのか?調べておきますね☆
2006.01.21 Sat l keropaki. URL l 編集
ホントに楽しそう!
ステキなコンサートですね!
私は初めて聞いたのですが、音楽好きなダンナさんは『佐渡裕』さんという名前を知っているって言ってました。
アンコールも楽しそう~!記事を読みながら、ウチのゆうちゃんも絶対に「ステージに上がる」と言って、私はあせって付いていくんだろうな~なんて考えながら読んでいました。
是非あすぴとゆうちゃんをつれて行ってみたい~ヽ(´▽`)/
2006.01.22 Sun l asuyuu. URL l 編集
asuyuuさんへ
あすぴちゃんにもゆうちゃんにもぜひお勧めです!
関西だけでしかやらないのかなぁ?
また詳しい事わかったらお知らせしますね♪
みんなで一緒に行けたらいいのにねっ(^.^)ノ
2006.01.23 Mon l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/97-eb2be782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。