上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
『空白を満たしなさい』で描かれていた“分人”というものをもう少し詳しく知ってみたくて。

さっそく読んでみました。

31-gfEbWQtL__SL500_AA300_.jpg

空白~に限らず、平野さんの小説を読み解くためには、

どうやら「分人主義」というものを知っておかなくちゃいけないようだ。

この新書は、平野さんの小説に感銘を受けられた方たちから、

「分人という思想を、小説を読まない人のために、出来れば新書か何かでエッセンスをまとめてほしい」

との要望から出来あがったそう。

平野さんご自身のエピソードに基づいており、とても読みやすくわかりやすい内容でした。


「個人」を分けられないたった一つのものと考えるのではなく、

「分人」つき合う人の数だけいくつもの顔を持っている、という考え。

たった一つの「本当の自分」など存在しない。


平野さんの学生時代のエピソードを読みながら、

自分自身の学生時代を照らし合わせてみると、なるほど~!と、納得できることがたくさんあった。

例えば、小中学生の頃、私には、いろんなタイプの友達がいた。

活発でスポーツが得意だった私は、

だいたいいつもクラスの中心にいる目立つグループにいることが多かった。

でもその半面、私には、漫画好きで漫画さえあれば一日中籠っていられるようなオタクな一面があり、

漫画の話を共有できるのは、全く別グループの女の子だった。

また、小学4年生から「空手」を習いはじめたことから、空手の仲間との交流も別物だった。

空手の仲間は、ほとんどが男子だったけれど、

男子の中で、男子みたいにいられる時間が楽しかったし、そこにいることが好きだった。

間違いなく、この3グループでの私の顔はそれぞれ違っていて、相手によって自分を変えていた。


分人という考え方は、これを全て本当の自分である、と認識すること。

なぜ、わざわざ認識しなくちゃならないのかというと、

昨今、対人関係に悩み、自己嫌悪に陥り、自分はダメな人間だと自身を全否定してしまい、

自殺、あるいは自殺未遂をする人が増えてきているから。


私の例えでいうと、もし学校でいじめにあったとしても、

自分が本質的にいじめられる人間だと思う必要などない。

それはあくまで、いじめる人間との関係の問題。

学校での自分が大キライだったとしても、

空手の仲間といる時や、自宅で家族と過ごしている時に、快活で、楽しい自分になれると感じるなら、

その分人こそを足場として、生きる道を考えるべきだと、著者はいう。


そしてさらに、この考えを持つと他者に対する見方が変化する。

自分が、分人の集合体としての存在なら、

必ずやポジティブな分人もネガティブな分人もいる。

イヤな自分を生きているときは、どうしても自己嫌悪に陥ってしまう。

あの人と一緒にいると、どうしてイライラするんだろう?

なんであんなヒドいことを言ってしまったんだろう?

しかし、分人が他者との相互作用によって生じる人格である以上、

ネガティブな分人は、半分は相手のせいなのです。


裏返せば、ポジティブな分人もまた、他者のお陰。

そう思えば、相手へ感謝の気持ちや謙虚さも芽生える。


こんな風に、分人という視点を導入して人間関係をみてみると、

自己分析が可能になり、気持ちがラクになり、生きやすくなる。

自分自身の全部を否定しなくてもよくなるのです。


ちょっと視点を変えて、

分人主義的に恋愛観をみてみると、さらにわかりやすい。

今つきあっている相手が、本当に好きなのかどうか、わからなくなった時には、

逆にこう考えてみるべきである。

「その人と一緒にいる時の自分が好きかどうか」

愛とは、相手の存在が、あなた自身を愛させてくれることだ。

そして同時に、あなたの存在によって、相手が自らを愛せるようになることだ。



これを読んで、

私が結婚するとき、この人と結婚しよう、と思った理由が、まさにこの通りであることに気がつき驚いた。

なぜこの人と結婚したの?という質問に、

ほとんどの人が、彼の条件や、彼のこんなところが好きだから、と、

相手がどうでであるかを答える中、私だけは、

「この人といる時の自分が一番自然でそのままの自分でいられるから。」と、

相手がどうであるかではなく、私がどうであるか、を答えていたのです。


あなたと一緒にいると、いつも笑顔が絶えなくて、すごく好きな自分(=分人)になれる。

他の人といても、そうはなれなかった。

その好きな自分を、これからの人生で出来るだけ、たくさん生きたい。

だからあなたがいてくれないと困る。



まさにその通り。

一番大事なことを、根本的なところを、私は、ちゃんとわかっていたんだ…。と、

この本を読んで知りました。

そして、ポジティブな私でいさせてくれるあなたに、感謝の気持ちがわいてきました。
(のろけじゃないですから!念のため。笑)




いま、私のまわりには、人間関係、親子関係に問題を抱えている人がたくさんいます。

生きることを辛いと感じている人がいます。

どうか、自分を全否定しないでほしい。

分人という視点をぜひ持ってほしいと思います。

スポンサーサイト
2014.02.28 Fri l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/801-ff010e58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。