上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
毎年、お手伝いさせて頂いてます『まなび講座』

今年も、横断幕の文字書きがゆうちゃんのお仕事となりました。

5mの模造紙に、筆で字を書く作業も慣れてきて、サクッと終わらせることができました。

(そーいえば。バタバタしていて写真撮るのをすっかり忘れてました 汗)

今年の講師の先生は、

愛知県岡崎市にある自然科学研究機構/生理学研究所/

大脳皮質機能研究系/心理生理学研究部門教授/ 定藤則弘先生

『褒めを科学する』“褒めて育てる” をテーマにお話をお聴きしました。


褒めることの大切さが科学的もに立証されはじめたわけですが、

褒めるって実は意外と難しかったりします。


では、褒めを科学する定籐先生がおっしゃる褒めの処方箋とはどういったものか?

まずは、誠実さ、信頼関係が大前提。

成果を何に帰属させるか。
(能力よりも努力したことを褒める)

自律性・主体性
(あなたが○○したから褒める。褒められた理由がはっきりしていると、自律性を増強する)
 褒めるって、本来外側からもらうものだから、褒め依存になる恐れもあるので、褒めの扱いに注意。)

能力と自己肯定感
(他者との比較は、規範への依存を増強し、逆境に弱くしてしまう可能性あり。
 内在性動機を増強するには、能力を増強するフィードバックとていの褒めが機能しなければならない。)

 
期待は高く、基準は現実的に!
(褒めは、社会的承認であるから、
 現実的基準と評価者の期待についての情報を含んでいると内発的動機を増強する)


褒めは、お薬と同じで使い方を間違っちゃいけない。

褒めの大安売りは危険であり、かえって損なうこともあり得るのです。


「褒める」って、褒める側の人間性というか技量というか、、そういったものが必要やなぁ…と。



そしてそのあと、この講座は二部構成になっていて、後半、

NPO法人ラヴィータ研究所 

子ども発達相談センター・リソース「和」の米田和子先生の講演へと引き継がれました。

米田先生のテーマは、

『親子関係をよくするアイデアを学ぼう!』(ペアレントトレーニングの手法を学ぼう)

『褒め』の取扱・処方箋を聴いた後、さて、これを実際にどう実践するか?の話です。


米田先生のお話は、実際に相談に来られたお母さん方の経験談や、

ペアトレで、実際にどんなことをやっていくのか?などの具体的な内容。


ペアトレでは、、親にまず「褒める」ことを宿題とするのだそうです。

「褒めてあげて」というと、very good を探そうとする人がほとんどだけど、

そうじゃなくて、できている行動を、「それでいいんだよ」と、good! を探して褒めてあげればいいんだ、と。

ただし、褒めの大安売りではなく、具体的な行動や言動を褒める。


ペアトレを実践したお母さんたちは、最初は「褒めること」を探すことに苦労するらしい。

でも、褒めることを探す、ということは、嫌でもとにかく子どもの行動を見なくちゃいけない。

じっくり観察をすると、何が問題行動なのか?だれにとっての問題行動なのか?が見えてくる。

方法はいろいろあるはず。見つけるためには、まずは子どもを見つめよう!いうことなのです。


これらの話を聴きながら、ゆうちゃんの就学前のことを思い出していました。

私自身、「褒める」ということを意識したことはなかったのですが、

「良くない行動を、良い行動に変えよう」ということだけは、常に意識を持っていました。

代表的なものを挙げると、ずっと前にブログに書いたことがある「ぶらさがり棒」です。

2~3歳くらいの頃、とにかく、ぶら下がることが好きで、カーテンレールを何本か折られて困っていました。

やめなさい!と注意しても、理解してくれないゆうちゃんに、

それなら、ぶら下っても良い場所を作ろう!という発想に変えたのです。

ぶら下り棒を家の中に取り付け、カーテンレールでなく、ぶら下り棒にぶら下ったら褒める!

わ!すごい!ゆうちゃん!と、ガンガン褒める(笑)

するともうカーテンレールにはぶら下らなくなり、叱るを褒めるに転換できたわけだったんですよね。


登山へ行き始めたのもそうでした。

高い所が好きだったり、危険な場所(例えば、電車のホームのぎりぎりはしとか、車道のぎりぎりのところとか)

とにかく、見ていて冷や冷やする場所を好んで歩いたり、突然、大きな声を出したり…と、

なにか身体を持て余していた時期に、家族で登山を始めたのです。

山でも、もちろん崖っぷちぎりぎりの所を歩くので、最初は冷や冷やもんでしたが、

見てる方も慣れていき、しかも足を踏み外したことが一度もないわけで。

ぎりぎりを歩こうが、大声を出そうが、注意する必要もなく。

逆に、4歳くらいの子どもが山を登っていると、「ぼく、えらいねー。がんばってるねー。」と、

褒めてもらえることばかりで。

今思い返してみると、それらは全部、「褒める」ことに繋がっていたんやなぁ~。と。

ペアトレやらなくても、ちゃんと出来てたやん、私。(笑)なーんて振り返ってみると、

最近の私といったら…。

ゆうちゃんを叱ることがとても増えていて…。

洗剤を全部捨てられたり、トイレットペーパーを全部流されてトイレを詰まらされたり…。

張り替えた壁紙を、破られたり…。

濡れた洗濯物が布団の上に投げ入れられていたり…。


あぁぁぁ。最近の私、めっちゃキレてるわー;と、少々反省。

あの頃のように。発想の転換をしなくては!!

今回の講演会、大変勉強になりました。

今一度、視点を変えてゆうちゃんと過ごしていきたいと思います。
スポンサーサイト
2013.08.28 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/769-b1f0a812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。