上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
お盆休み中、愛媛県今治にある「鵜島」という島へ行ってきました。

この島は、瀬戸内海に浮かぶ島民30人ほどの小さな島。

住んでおられるのは、織田(オリタ)さんと福羅さんだけで、

お店は一軒もない!という、なんともステキな島。

この島へ連れて行ってくれたのは、私の古くからの友人。

島に住む親戚のお家へ、

ぜひゆうちゃんを連れてってあげたいわ~と誘ってくれたことで、鵜島上陸が実現しました。


夏になると親戚中が集まってくる、というそのお家には、

それぞれが(私たちが連れて行ってもらったように)友達を連れてきたりするので、

とにかくいろーーんな人が出入りしていて、とても面白いのです!

私たちがお邪魔したときには、

広島から北海道まで。ヒッチハイクで行って帰って来た!という親戚の高校生がいて。

じぇじぇじぇー!とビックリ。

ゆうちゃんと同じ年ですよ!!

しかも、友人の息子(中3)も、その高校生の影響を受けて、

松山から鵜島へのフェリー乗り場まで、なんとヒッチハイク初体験してきたとか。

もうね、みんなとってもワイルドなんです。

逞しくって、小さなことなんて気にしない!価値観が全然違うんです。

そんなみんなが集まっているから、ゆうちゃんのこともありのまま受け入れてくれる。

なんの説明もいらないし、何をしても誰も動じない。

すっごく素敵な人たちに囲まれて、本当に幸せな時間を過ごさせてもらってきました。



島での一日は、

朝起きてご飯を食べると、おじさんが舟を出して下さり、みんなで海へ。

潜ってサザエを捕ったり、ウニを捕ってその場で食べたり!

友人の息子は、なんとタコをゲット!(スゴイ!!

正午の知らせの音楽がなると、引き上げて家に戻り、昼食後は、みんなで昼寝。

15時頃の満潮時刻になると、今度は、手づくりバナナボートを持って再び海へ。

おじさんの舟に引っ張ってもらって、みんなで海の上で大はしゃぎw

ここは、瀬戸内海でも特に潮の流れがはやい場所で、

本来なら、舟に乗って「潮流体験」するところを、なんと、ライフジャケットを着けて、生身で体験!!

これが、相当気持ちよかったです。

流されている感覚が全然ないのに、陸を見るとどんどん景気が変わっていくんです。

ものすごい勢いで流されているんだけど、体感としてイマイチ感じられない。

おじさんがしっかりと見ていて下さって、一人一人拾ってくれるのですが、

一人だけ違う方向へ流されてしまった時には、ちょっと怖くて。

こんな風に流されてしまうんだなぁ…と、海の怖さというものを感じた一瞬でもありました。

舟での潮流体験は、こちら→http://www.noshima.jp/choryu



伯方島でフェリー待ちのとき。
うしま 004


車4台がやっと乗れる大きさのちっちゃなフェリー。
うしま 017

村上水軍のお里であるこの島は、一周5キロほど。
もちろん、早起きしてジョギングもしてきましたv
うしま 005


板とゴムボートをくくり付けただけの手作りバナナボート。
(この板に、振り落とされずにしがみつくには、なかなか技術がいるのです。笑)
うしま 014


ゆるやかでやさしい時間が流れる風景
うしま 015


島へ行ってみて、

友人が、この島での時間を大切にしている理由がとてもよく分かった。

ここで過ごす夏があれば、他には何にもいらない気がしたから。

人生の中で、こんな時間を持てる人と持てない人とでは、心の豊かさが全然違うだろうな、とも。

そっか。だから、ここに集まってくる人は、みんなステキな人達なのですね!

私にとって、忘れられない場所となりました。

みなさまに心より感謝。ありがとう~!!
スポンサーサイト
2013.08.22 Thu l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/768-42ade73b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。