上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先週は、就業体験ウィークでした。


支援学校の高等部に入学すると、

高1の時点(入学してすぐ)に、いきなり卒業後の進路相談があります。

(え?いま入学したばっかりなのに?←という話は、以前ブログに書いたことがあるかと。)

親は、高校へ入学した時点で、卒業後の進路についてを意識させられます。

早いひとは、高1のうちからあちこちの企業や作業所や施設などの見学へ行き、

自分の子どもに合う就労先を探されています。

大体のひとは、高2の夏休みにそれぞれの見学会に参加し、希望先を3ヶ所にしぼります。

高3になると、春と秋に希望する3ヶ所で就業体験をし、最終的に行き先を決める。といった感じです。

その最初の就業体験が、先週の一週間でした。



ゆうちゃんも高校3年生となり、

いよいよ進路のことを真剣に考えなければならならない時期がやってきたのですが、

実は、すでにもう決定させてもらっていました。

自宅から通える距離のところに、アートを取り入れた作業所があり、

ゆうちゃんの就労先には、ここがピッタリなのではないか?と、進路指導の先生からすすめて頂き、

高2の夏休みにハハが見学へ行き、スタッフの方たちとお話をさせてもらい、

その時点で、ほぼ決定しました。


まわりのお母さんたちが、あちこちの作業所へと足を運び、

どこが一番子どもにあっているか?と、悩んでおられる中、

ゆうちゃんには、どこが合うか?ではなく、“ここしかない!”という逆説的な感じで、

ありがたいことに、悩む間もなく決めさせていただきました。


障害があるなし関係なく、どんな子どもにも言えることですが、

何か一つ、好きなことを見つけられることって、

本当に何事にも代えがたい、強みになることを改めて実感しています。


そして、

学校生活の間は、なんの努力をしなくても、居場所が補償されていますが、

卒業後は、積極的に作っていかなければなりません。

なので、ゆうちゃんにとっての居心地の良い居場所作りが、これからの目標となります。

この作業所に決めた理由は、

「アートを取り入れた作業所」ということよりも、

「ゆうちゃんのことを大歓迎してくださる」ということの方が、私にとっては大きな理由でした。



さて、そんな作業所への就業体験初日は、訪問の先生が来て下さる日でした。

朝、先生が訪問に来てくださり、一緒に作業所へと向かいました。

到着後、車から降りるのに20分ほどかかりましたが、(20分なら早い方です!

自らの足で作業所のドアを開けることが出来ました。(やったぁ!

中へ入り、全体を見渡し、さっと動いたかと思うと、

なんと、部屋の中にあったソファーで、いきなりくつろぐゆうちゃん(汗!

上履きを脱ぎ、靴下まで脱いで、ソファーに横になるもんだから、目がテンになりました。

一緒に付き添って下さった先生もびっくり。

スタッフの方は、「いいよいいよー。ゆっくりくつろいでねー」とおっしゃってくださいますが、(汗

いや、でも、それはちょっとくつろぎ過ぎやろ!と、ゆうちゃんを起こして、

みんなが絵を描いている机に参加することに。

このところ、あまり筆がすすまなかったのですが、先生と一緒になってお絵かきを始めました。

まわりのみんなは、黙々と集中して絵を描き続けておられるので、

その雰囲気にスーっと馴染んで、一緒に絵を描きながら、時を過ごしました。

15時少し前になると、ぱっと席を立ってソファーに戻り、

「さぁ、終わったで!帰ろうよ。」と言わんばかりのゆうちゃん。

それなら、と、16時までの予定でしたが早めに帰宅することに。

帰宅後は、なにかしら刺激を受けたようで、スケッチブックを取り出し猛烈に描き始めました。


まさか、初日からこんなにすっと馴染めるとは思っていなかったので、

一緒に行って下さった先生もびっくり。

あらためて、ゆうちゃんの成長を感じたわぁ~。と喜んでくださいました。


とはいえ、結局、作業所へ行ったのは、この一日だけ。

本来なら月~金の5日間の体験実習でしたが、

次の日は、「○○さん行く?」と聞いても返事はなし。

「学校行く?」と聞くと「はーい」と返事をするので、

そうよね、やっと学校へと足が向いた所なんだから、

今すぐ無理して新しい場所へいく必要はないよね。と判断し、

一日だけの就業体験で終わらせました。

学校へ行くにも、こんなにも時間がかかったゆうちゃんです。

そして、今は、「学校へ行きたい!」のです。

その気持ちを、まずは一番大事にするべきだし、

また次のステップへは、時間をかけて歩んでゆけばいい。

今回は、一日参加出来ただけで十分なのです。

そういうハハの思いを、先生と作業所のスタッフに伝え、理解していただくことができホッと一安心。

まずは、順調な滑り出しができて良かったです。


がんばったゆうちゃんへのご褒美に、

週末は、金曜から淡路島へと出かけ、

帰りはUSJへ立ち寄る。というスペシャルな休日を過ごしてきました。(笑)

年パス、大活躍です(笑)
スポンサーサイト
2013.06.25 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/756-89e702e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。