上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
6月に入りましたね。

どもです。木阿弥です。(笑)

いやね。「もとのもくあみ」って、よく使っていたけれど、

なんで木阿弥っていうんやろ?と、思って調べてみたら、

語源は、人の名前なんですね。

戦国時代、城主の死を、跡継ぎの息子が成人するまで隠すため、

城主と姿や声が似ていた盲人の木阿弥さんを寝室に寝かせていたが、

息子が成人後、城主の死を公表し、木阿弥さんは不要となり、元の木阿弥になった。というお話。

元の木阿弥。まんま!なんですね。(今まで知らんかった:汗)


とまぁ、修学旅行明け、

ごっきげーん!の笑顔いっぱいで帰宅したゆうちゃん。

家に帰り着くなり、非日常は一気に消え去り、元の木阿弥です。(笑)

すっかり何もかも無くなっている部屋を見渡して、

なんじゃこりゃー!って感じで、ひたすらディスプレイ作業に突入。

一通り思い通りに並べたところで、やっと落ち着いた様子。

「ほんま油断も隙もないわー。ボクがちょっとおらんかったら、すぐに片付けよる!」

と、きっと思っているんやろうな、と。(笑)


そんなゆうちゃんの修学旅行での様子を先生に伺うと、

マイペースで動いていたことが、すごく良くわかった。

例えば、二日目の朝は、

なんと先生と「朝風呂」へも行ってきたらしい。

私が、「旅館へ泊まった時は、いつも朝風呂行くんですよー。」と先生にお話ししていたら、

先生が朝風呂へ誘ってくださったそう。

ご機嫌でお風呂へ入ったのはよかったのですが、

その後、部屋へ戻ると固まって動かなくなってしまい、

結局、朝ごはん抜きで、時間ギリギリにバスに乗り込んだそう。

さぞや先生方をやきもきさせてしまったのではないか、とは思いましたが、

たぶん、先生は、無理矢理朝ごはんへ連れて行くのでなはく、

まぁ朝ご飯くらい食べなくてもダイジョウブやろ。みたいな感じで?

ゆうちゃんが動くのを待ってくださったから、その後はスムーズだったのではないかな?と。

修学旅行前の先生とのお話しの中で、

もし固まってしまって、バスに乗り遅れるようなことがあったら、

後から、バスや電車で次の目的地へ移動してくださっても良いし、

タクシーを使って追いかけてくださっても構いません!!と、お願いしていました。

先生も心得てくださり、

「了解しました。なんとでもします!」と。(笑)

もちろん、そんなことがあっては困るのですが、

それくらいの気持ちで付き合ってくださることが大きいのです。

お陰でバスに乗り遅れることもなく、何事もなく、にこにこ笑顔で帰宅することができました。

先生方に心から心から感謝です。

ありがとうございました。


二泊三日の修学旅行を終え、

ゆうちゃんもずいぶんとタフになったよなぁ!と、感じ、

チチハハがいなくても、しっかりと自分の意思表示をし動けるようになったんだなぁ!と。

学校生活最後の一年が、ものすごく充実した一年になったことを、本当に嬉しく思います。

「待てば海路の日和あり」

ゆうちゃんの成長を焦らずに待ってきたこと。

本当に良かったです!!と、修学旅行の記事を読んでメールをくださったある先生に、

お返事をしましたところ、

先生からも「私も大好きな言葉です。」とのお返事を頂きました。


・・・

待てば海路の日和あり。は、まさに思春期の座右の銘です、

障害のある子もない子もみんな同じですね。

待ってもらって、失敗させてもらって、信頼してもらって、

子どもは大きくなっていくのだとあらためて思います。

この反対は大人だってしんどいですね。

・・・


本当にそのとおりだ!と思いました。

私が、ゆうちゃんを育てる中で大切にしてきたことは、待つことと信じること。

まさに、先生がおっしゃられることだったんだな。と。


さて。実は、修学旅行明けの土日。

修学旅行での楽しかったテンションを活用して、ちょっとした動きをやってみました。

長くなってしまうので、一旦ここで終わって続きは次にー!
スポンサーサイト
2013.06.03 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/750-958f0666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。