上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日、ブックオフで物色していて、

「そうそう、みこオススメ有川浩やったな。」と思い出し、

あ行のところで手に取ったのがこの「レインツリーの国」でした。




文庫本の裏表紙は、こんな風にありました。

「きっかけは、忘れられない本。そこからはじまったメール交換。

 共通の趣味を持つ二人が接近するのに、それほど時間はかからなかった。

 まして、ネット内時間は流れが早い。

 僕は、あっという間に、どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。

 だが、彼女はどうしても会えないと言う。

 かたくなに会うのを拒む彼女には、そう主張せざるを得ない、ある理由があった一。」



ふーーん。ネットで知り合った恋愛かぁ~。

いまどきの恋愛小説って感じなんかなぁ・・・。と、

たぶん「有川浩読んで!」とオススメされていなかったら読んでいなかったであろう一冊。

全く情報ナシで読んだものだから、

途中、「あれ?この女の子もしかしたら…」て思ったら、やっぱりそうだった。


この本、ぜひたくさんの人に読んで欲しいって思った。

できれば、なんの情報も入れずに。

だから、あえて感想は書かずにおこうと思う。

できたら、読み終えたらこの小説について語りあいたいな、って思う。

そう、この主人公の伸とひとみのように。


ただ、これを読んで「ぜひ知ってほしい!!」って思ったことがある。

ネタバレになっちゃうので、

私の知人のサイトをリンクしておきます。

こちらです。


このサイトの管理人さんと私の出会いも、よく考えてみれば一冊の本がきっかけです。

彼は、ほんとに誠実で一生懸命で、素敵な青年です。

益々のご活躍を!と陰ながら応援させてもらっています。

本との出会いって、確実に人との出会いに繋がってますよね。


有川浩の小説の人気がなんかわかったような気がしました。

「図書館内乱」は未読なので、これから読んでみますね!
スポンサーサイト
2013.02.12 Tue l 本・アート・音楽・映画 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
本当に良い本をご紹介頂き、ありがとうございます!

あえて感想を書かずに頂き、自分も先入観なく読むことができました。

やっぱり「人」と「心」の繋がりだな~と実感しました。

人生初めての恋愛小説がレインツリーの国で本当に良かったです(*´∀`*)

はい!今度お会いしたときは、ぜひ語り合って下さい(^^♪
2013.03.23 Sat l アーマン. URL l 編集
アーマンへ
嬉しいなー!
読んでくださってありがとう。
また、良いのんあったらご紹介しますね。

人との繋がりの大切さをひしひしと感じる今日この頃です。これからもよろしく^^
2013.03.26 Tue l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/723-97732322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。