上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
精神科医:仲野 実先生の講義を聞きました。

講義の中の話を一つ。

「アソシアシオン」と「プロダクシオン」

どちらもフランス語で、「関係づける」と「生産」という意味。

人の働きには、この二つがある。 生産性のないモノと生産性のあるモノ。


例えば・・・こんな歌。

『夕日遠く金にひかれば 群童は目をつぶりて 斜面をころがりたけり』


・・・遠く金色に光ながら落ちていく夕日の中。

子ども達が、斜面を転がりながら楽しそうに遊んでいる様子を歌った

斉藤茂吉の歌。



この歌は、まさしく「アソシアシオン」!!

子ども達に、生産性はなく、ただただ斜面を転がって遊んでいる。

しかし、それは、生産性がなくとも人間としてとても大切な事。

必要な事であり、人間の活動の基本なのです。

もし、これが、、、

「明日までに、10回斜面を転がってきなさい」という宿題だったとしたら・・・

それは、子ども達にとって、楽しい事ではなくなり、生産性のある「プロダクシオン」となってしまいます。


人には、生産性のない「アソシアシオン」が必要なのです。

精神障害の治療の場合も「アソシアシオン」を必要とするのだそうです。


ゆうちゃんを育てる中、、私がずっと大切にしてきたこと。

それはまさしく「アソシアシオン」

みんな、なぜ目先の成果や結果ばかり求めるのだろう?

訓練をして成果を出す事より、目に見えない大切なもの。

私は、目に見えない事の方がずっと大事だと感じるのです。


地域の学校でみんなの中で学ぶ事もそう。

そこには、目に見えない大切なものがいっぱいいっぱいあるのです。

4年生になり、うーんと成長したゆうちゃんを見ていると

「アソシアシオン」の大切さ。とっても感じるのでした。





スポンサーサイト
2005.12.05 Mon l BF研 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

おじゃましています!
なるほど~!よくわかりました!アソシアシオンとプロダクシオン。今でこそ、アソシアシオンの大切さがわかりますが、ゆうちゃんの障害がわかった直後あたりは『プロダクシオン』派だったような気がします( ̄∇ ̄*)ゞ 私がkeropakiさんの生き方に憧れるのはこういったところだったんですね~!!それが記事を読んで『あぁ、そうなんだ・・』ってわかっちゃったv(=∩_∩=) ブ
2005.12.07 Wed l asuyuu. URL l 編集
asuyuuさんへ。
いやぁ~憧れるだなんて、恐縮しちゃいます f^^*)
私なんて、何にも大した事してないんですもん。
私が願った事はただ一つだけ。
「ゆうちゃんが楽しく一日を過ごしてくれる」
ただそれだけを思って過ごしてきたように思います。
特に、幼児期はその気持ちが強かったです。
だって、幼稚園(保育所)へ行ってしまうと、そこは小さな社会。
なんの集団にも属さずに生きていける期間なんて、たったの3~4年だけなんですもん。
そんな大事な時間を療育や訓練の時間にしたくない!って思ってました(*^^*)



2005.12.07 Wed l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/72-59df9404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。