上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
大阪マラソンの翌日。

日産労連のクリスマスチャリティー公演

劇団四季の『ガンバの大冒険』を観に行ってきました。

四季


ゆうちゃんの動きには少しずつ変化がみられ、

ミュージカルへは、張り切って出かけることができました。

マラソン前、家族がわたしの体調を心配してくれて、3日前から実家で過ごさせてもらったお陰で、

ゆうちゃんの動きにも変化をもたらす事ができました。

こだわりが強くなってきているときの対処法として、

ゆうちゃんに一番有効なのが、場所変え。

実家や淡路島のように、場所を変えても自由に動ける場所があることが本当に救いです。


実家へ帰ると、23時には布団に入ってくれて、安眠を得ることができました。

お陰でハハは体調を整えることができ、無事完走。

そして、ゆうちゃんの行動にも変化を与えることができて、いい感じに前向きになることができました。


ミュージカルを観ながら、

楽しそうにニコニコしたり、からだを揺らしたりしながら鑑賞するゆうちゃんの姿を見ていると、

コンサートやミュージカルが、本当に好きなんやなぁ~と隣で見ながら感じました。

観る力というのも随分ついてきたので、これからもどんどん見せてやりたいです。

ちなみに、ハハは、半分くらいはウトウトしてしまってて…(汗

「あれ?ガンバ、どうやって戦ったんやろ?」てな具合でしたが。


支援学校へ入学してから、毎年参加させていただいているこの日産労連のクリスマスチャリティー公演。

無料で四季の公演が観れるなんて、逃しちゃーもったいない!と、

と、毎年せっせと申し込みさせて頂いている我が家なのですが、

意外と申込者が少ないことに毎年驚いています。

平日で、学校を休ませて親が連れて行かなければならないのではありますが、

親も一緒に楽しめるミュージカルなのに。なんでみんなこんな機会逃しちゃうんだろ?

まぁ、学校へ行っている子どもの親からすれば、

学校へ行ってくれている方がラクだし、

学校へ行かないのに、こんなときだけ参加する我が家の方がおかしいのかもしませんね。

親が何を選ぶか?で、子どもの向かう方向性って決まってしまうよなぁ(障がい児の場合とくに)と、

感じながら帰ってきました。


そんな親の意識の違いを感じていたところへ、

昨日、大阪で開始されてしまったガレキの焼却。

大阪市内で、子どもを二日間避難させている人もいれば、焼却のことも知らない人がいたり。

放射能に対しては、人によって意識が違いすぎることを、

「大阪でひとやすみプロジェクト」でとても感じたのだけれど、

目に見えないことって、何を基準にこたえを出せばよいのか本当に迷う。

報道されないことってたくさんあって。

自分から求めていかないと必要な情報って手に入らない。

こわい世の中だな、ってつくづく思う。

昨日今日と、

家から一歩も出ないゆうちゃんが、実はとても正解なのかもしれないなー(笑)と、

ゆうちゃん指針を見逃さないように…。

すすむべき方向を考えていきたいと思います。
スポンサーサイト
2012.11.30 Fri l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/707-3ce68766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。