上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日、友達から譲り受けた山岸凉子のコミックの中に、

『パエトーン』という、原発の危険性を訴えた短編があったので紹介したいと思います。

現在、WEB上で無料配信されています。

68801298dd218da6aa98dcc0f6d4f3ed.jpg


こちらは潮出版社無料WEBコミックのページです。

http://www.usio.co.jp/html/paetone/index.html

 遠いむかし、神になり代われると思いあがった若者・パエトーンをめぐる悲劇。
ギリシャ神話に描かれたこの物語を現代に展開し、
原子力発電の是非について世に問いかけた山岸凉子の短編作品『パエトーン』(1988年作品)を、
今回Webにて特別公開させていただくこととなりました。

「原子力発電」の必要性や安全性については賛否様々なご意見があると思いますが、
本作品をひとつの問題提起と捉え、
将来的なエネルギー問題を議論してゆく上での一助としていただければ幸いです。


・・・・・


山岸作品は、『日出処の天子』が大っ好きですが、

この短編は、はずかしながら全く知りませんでした。

原子力発電、炉、ウランのことなど、池上さんばりにわかりやすく説明されています。

25年ほども前に、こんな警告をされていたなんて…。

ぜひ、読んでみてください。


未読の方は、聖徳太子と蝦夷のBLもぜひに!(笑)

large-4593b.png
スポンサーサイト
2012.06.27 Wed l 本・アート・音楽・映画 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

さっそく読んできました。山岸作品、私もいくつもよんでますがこの作品はしらなかった。恐ろしさに縮み上がりました。教えていただいてありがとう。

ところで先日公開授業で歴史を参観、まさに聖徳太子の時代!!私の頭の中で登場人物すべてあのキャラに変換されてました。娘に読ませたらいいかなっておもうんですが、BLですもんね、そこんとこどうなんだろう、親として(笑)。
2012.06.28 Thu l もにか. URL l 編集
もにかさん
さっそくありがとうございます!
友達は、山岸作品のことを
「大人のしつけの劇薬」「大人の地獄絵本」といってます。
まさにその通りですよね!

母と娘で、あのキャラたちを共有できるのって、
めっちゃ楽しそう~!いいなっ
BLのはしり!ですからね。(笑)
きっと親がすすめなくても手に取るようになるだろうと・・・(笑)

2012.06.30 Sat l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/683-1405f327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。