上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
淡路島での話をもうひとつ。


淡路島にある宝生寺。(淡路島七福神の一つ)

このお寺、別荘のすぐ近くにあるのですが、

あんまりにも近すぎて、今までお参りしたことがありませんでした。

(別荘へ行かせてもらうようになって、もう20年近くなるんですけどね


今回、せっかく別荘でゆっくりするならジョギングをしよう!

と、ジョギングクッズを持って淡路島入りしたわたし(笑)

車で通り過ぎるのとは違い、

走ってみると、見える風景が全く違うから面白いです。

こんなところに「牛小屋が!」と、驚いたり。

これまで入ったことのなかった「宝生寺」へも立ち寄ってみました。

しか

入り口では、二頭の鹿の像がお出迎え。

しかも一頭の鹿は、「筆」をくわえています。

なんだか不思議なお寺やなぁ~~。

と、帰宅後にこのお寺のことを調べてみると、


宝生寺は、長寿の神様で、

寿老人さま(寿老神とも書き、じゅろうじんさま)は、

長寿の神様で老子の化身の神とも言われています。

長命、富財、与宝、諸病平癒の神でもあります。人々の安全と健康を守ります。




なんと、境内にある長寿橋を渡ると10年長生きできるんだとか!

そして、寿老人さまは、不思議なことに、

片手に「杖」を持ち反対の手には「桃」を持っておられるんです。

それはなぜか?というと・・・


桃は若さのシンボル。

「西遊記」に孫悟空が桃の木から長寿の実をとり、

元気を取り戻したことは有名な逸話です。

寿老人さまのもつ桃は、美しく歳をとり、美しく老いてゆくことの大切さを示されています。

また鶴と亀と鹿は長寿の象徴とされています。

美しく齢を重ねるには日常、

鶴のごとく美しく、亀のように耐える勇気をもち、鹿のように注意深く、俊敏にということです。




みなさん! 桃、鶴、亀、鹿 ですよー!!(笑)

いや~~今までなんでお参りしてこなかったんだろうー。

これからは、毎回お参りせな!(笑)

ジョギングしなかったら、立ち入ることがなかっただろう宝生寺。

マラソンは、ほんとに私の世界を広げてくれるな~!と、しみじみ感じるのでした。


ところで。一つだけわからないことが…。

なぜこの鹿は、筆をくわえているのでしょう?

誰かご存知でしたら教えてください!
スポンサーサイト
2012.05.10 Thu l マラソン l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

鹿と筆
へえ~ 面白いですね!

てか、”別荘”っていい響き(笑)

この鹿と筆についてコメントです。
その神社は、奈良の春日大社の分祀のはずです。神使が鹿ということで一緒ですねv 春日神社ってありませんでした?

で、春日大社の有名なものとして「鹿の巻筆」があるんですよ。昔から春日大社で祝詞や願文を書くのに、神鹿の毛をつかってつくった筆を用いたそうで。
そこから祝事に使う人も現れて、お嫁入りの時に持って行く風習まであったそうですよ。筆ってことで、学業上達、商売繁盛とかにつながって、縁起のいい物らしいですね。


つい先日「鹿男あをによし」を読みましてね~
ドラマ見てたけど、原作読んでなかったんで。面白かったなv
それで思い出しやすかったわ(笑)

あ、ついでに映画『テルマエ・ロマエ』も観て来ました。
裸率高くてグーです(笑)阿部ちゃんのに限るけど♪


2012.05.10 Thu l 木花. URL l 編集
木花さん
さすがっすー!!
地図を見るとすぐ近くにありましたー春日神社!!
なるほど~!そうなんですか。
次行った時には、春日神社へもまわってみます!
ありがとうございます。
鹿男、私もドラマ観てましたよーw
テルマエ、(阿部ちゃんの裸体:笑)良かったですか?
私も観たいー(笑)
別荘って響き、確かに良いですね☆
私の中での別荘イメージは、『避暑地の猫』なんですけどねe-348
2012.05.11 Fri l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/672-7da479dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。