上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
気になっていた映画

『ものすごくうるさくて ありえないほど近い』を観てきました。

img_1394845_61135108_4.jpg

大好きな父親を911のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、
父親の残した鍵の謎を探るべくニューヨーク中を奔走する姿を描く感動ドラマ。
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を、
トム・ハンクスとサンドラ・ブロックという二人のアカデミー賞受賞俳優の共演で映画化。
『リトル・ダンサー』『愛を読むひと』の名匠、スティーヴン・ダルドリーが監督を務める。
鍵穴探しの旅で父の死を乗り越え、力強く成長する少年には、映画初出演のトーマス・ホーンを抜てき。
ダルドリー監督の繊細な演出と俳優陣の演技が感動を呼ぶ。

ストーリー:
911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。
ある日、父の部屋に入ったオスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。
その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと考えたオスカーは、
この広いニューヨークで鍵の謎を解くため旅に出る。

--------------------------------------------------------------------------------



この映画、感想を述べるのがものすごく難しいです。

ただ一つ言えることは、

観る側のその時の立場や心の状態で、受け取るものが全く違う映画であることは間違いないです。

たくさんの側面を持っている映画だと思いました。

今の私が観たものは、

これは、911の話ではなく、アスペルガーの少年と父親・そして母親との愛の物語だったということ。


アスペの少年のちょっと変わったところとか、

その状況が良くわかるから、

オスカーくんの行動一つ一つに目が離せませんでした。

そして、息子を大きな愛で包み込む父と母。

子どもの特性をとても良く理解し、どうすれば社会へ導けるのかを意識しながら、

遊びの中でそれを教えようとしていた父。

常に少し離れて見守る母の愛には、

あぁ、、私もこんな風に息子を見守れる母親になりたい、って思いました。

あ、それからもう一人。

おじいちゃんの存在も見逃せないんです。

20120215210614_07_400.jpg

(わ!神父さんや!)

今回は、オスカーくんと父・母の関係だけに視点を置いて観てしまったので、

次は、おじいちゃんに視点を置いて観たいと思っています。

そうなんですよねぇ~。私には、一回では観きれませんでした。


後半に明かされる、母親の行動。鍵のこと。お父さんの最後の留守番電話のこと。

言葉に出せなくて、やっと出せたこと。

感動するとか号泣するとか、そういった大きな波ではなく、

ゆっくりとじわーっと考えさせられる…。

そんな映画でした。


最近ね。

何か大きなコトが起こると、カウンセラーだの、セラピストだのって、

やたらと専門家みたいなものが出てきて、その人の心の状態を治そうとする。

なんだか、そういうことに違和感を感じていた私にとって、

オスカーくんの旅こそが本物だと思った。

ただ、それには、関わる人たちの受け入れと見守りが必要。

傷ついた人の心の旅を、(あれから一年経った今、特に)

誰もが優しい気持ちで受け入れられる、そんな社会であってほしいなって思いました。




私信:豆ちゃん、おすすめー!
スポンサーサイト
2012.03.11 Sun l 本・アート・音楽・映画 l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

No title
うちの夫を思わせるタイトルの映画やなーと思っていたら、中身までもがそうだったのね。
はい、見たいと思っていたところです。
ブログを見て、より見たくなりました。
2012.03.12 Mon l 豆. URL l 編集
豆ちゃん
絶対チェックしてると思ってました!
うちの夫を思わせるタイトル←笑ってしまったw
豆ちゃんが観たら、どこが一番響くんやろ~。
感想聞きたいです。
2012.03.13 Tue l keropaki. URL l 編集
No title
映画見たよ。
一番響いたところはまたブログに書くね。
でも見終わってから、またこのブログのケロパキさんの感想を読んだけど、だいたい同じような視点で見てたわ。
2012.04.02 Mon l . URL l 編集
豆ちゃん
行ってきたのね~!
っていうか、よく行く時間あったね!
(ブログみてびっくり。もう大丈夫なん?)
感想楽しみにしてま~す。
そうそう、「星守る犬」は観た?読んだ?
西田敏行&秋田犬 +玉山鉄二。
やばいよなぁこのキャスト。絶対泣かへんぞ。と思って観たのに泣いてしもた。
最近、涙もろくてあかんわぁ~。
2012.04.02 Mon l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/658-d4beee6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。