上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日、療育手帳の更新の為に『発達検査』を受けました。

健常児ならば、こんな検査があることすら知らないであろう検査です。

ゆうちゃんが受けた(受けてきた)検査は、『新版K式発達検査』というもので、

具体的にどんなことをするのか?といいますと、


形合わせ(○△□などのパズルを、同じ形のところにはめる)
積み木つみ
模倣 (積み木を使い同じ形ものを作る)
お絵かき
指さし(絵を見て、犬はどれ?などの質問に指差しで答える)
小~大ある器を、小さいものから順番に重ね合わせる


本人がやることはだいたいこのような内容で、

あとは、チェックシートに従い親が質問に答え、

『姿勢・運動』 『認知・適応』 『言語・社会』 から

発達指数を割り出す、といったもの。


前回(5年前)の更新時は、「検査を受けることができない状態」ということで、

チェックシートに答えるだけで終えていたので、

正確に検査を受けたのは、実に約10年ぶり!? のこととなりました。


検査の結果。

ゆうちゃんの発達年齢は、2歳。

5歳レベル(運動や認知能力)から1歳レベル(言語面)といったばらつきがあり、

平均して発達年齢を割り出すと、2歳ということになるらしい。


そっかぁ。16歳にして2歳かぁ…。と、わかってはいることだけれど、

あらためてその現実をつきつけられるのは、正直フクザツな気持ちではあります。

でも、「発達年齢2歳」と聞いて最初に思ったことが、

 ほんっまに、ややこしい子どもを育ててきたんやなぁ~。
 
 今の世の中で、ゆうちゃんがゆうちゃんらしく生きていくことって、本当に難しいことだし、

 よくまぁ、ここまで育ってくれたよなぁ~!と、

ものすごく冷静に(しかもポジティブに:笑)受け止めている自分に、ちょっと安堵しました。


というのも、これまで、『発達検査』は私にとって、

ストレスを与え、落ち込ませるものでしかなかったから。

特に、2歳~4歳くらいの頃は、

嫌がるゆうちゃんを無理矢理連れて行くことに疑問を感じていたし、

なんでこんな検査を(ゆうちゃんだけが)受けなければならないのか?とも思っていた。

だんだん慣れてくると、家では出来るのに、検査で出来ないことが悔しく。

なんとかして、検査をクリアー(?)したくて!

検査前になると、積み木を使って(検査でやること)を練習させたりしたこともあった。

あの頃は、

「○ヶ月の遅れがあります」と、たった数ヶ月の発達の遅れでさえ、

宣告されるのは、恐怖だったのです。


そのことは、『障害受容』と関係している部分が多大にありますが、

それ以上に、

「遅れている」ということが、「劣っている」と感じてしまうことにあると思うのです。




いま、『留年』が話題になっていますが、

もしもね。

留年が“あたりまえ”の世の中となり、「遅れること≠劣っていること」 

と感じられるようになるなら、、、それなら賛成です。

でもね。どう考えてもそうなるとは思えません。

学校選択制が導入され、バウチャー使って塾通い。

ますます競争教育に拍車をかけるだけになるのが現実。

遅れないように…と、

どんどんと子どもを(そして親も)追い詰めていってしまうように思います。


それに、子どもの一人ひとりのことを大切に考えるなら、

留年という制度だけでなく、他の制度も見直せば、もっといろんな方法があるはず。

だって、現にゆうちゃんは、

中学三年間『訪問教育』というオーダーメイド教育を受けてきたんですから。

この経験は、本当にゆうちゃんを成長させてくれました。

四角四面の教育でなく、柔軟な方法での教育。

それが大事なんじゃないかな、と私は思います。
スポンサーサイト
2012.02.27 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

No title
そうか、療育手帳の更新時にそんな検査があるんや。知らんかったわ。でもなんか、その結果、単純というか、一面的すぎるというか…。
検査方法も面白くなさそう。
検査時に参考になるアドバイスとかもらえるの? 
2012.02.27 Mon l 豆. URL l 編集
豆ちゃん
そーでしょー。まったく面白くないです。
参考になるアドバイスは、検査の結果で、どんな福祉制度が使えるかを教えてくれることくらいかな。
その他、特にアドバイスもフォローもなし。
ただその点については、自治体によってやり方が違うし、担当者によっても違いがあると思います。
2012.02.28 Tue l keropaki. URL l 編集
No title
検査があるのですね、お疲れ様でした。
息子さんのあの絵の才能は検査では無関係ということになってしまうのでしょうか?
それが残念です。
2012.03.06 Tue l もにか. URL l 編集
もにかさん
そうですねー。全くの無関係ですね。(苦笑)
例えば、もしも楽器がものすごーく上手く弾けたとしても、いや楽器じゃなくても、特別何かの能力が飛びぬけていたとしても、発達検査では無関係ですね。
だから、そんなもんなんですよー発達検査なんて!
2012.03.06 Tue l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/656-8d58bc3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。