上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
asahi.com に、こんな記事 が載っていました。

髪の毛で内部被曝(ひばく)の状態がチェックできる」という検査が、
福島県内の幼稚園や保育園で広がっている。
内部被曝量は毛髪では測定できないが、検査業者は「被曝だけでなく、がんや心の悩みもわかる」と説明。
昨年夏以降、500人以上が受けたという。
民間の保育園でつくる日本保育協会福島県支部は詐欺の疑いもあるとして、注意を促す通知を出した。

 この検査は、東京都内のペット用品業者が設立した「日本QRS健康管理協会」を窓口に、
超音波検診を行う「生理科学研究所」などが、1人当たり8400円で請け負っている。

 業者によると、3~4センチの毛髪20~30本を量子共鳴分析器(QRS)という装置に乗せて
微弱な電流を流せば、ヨウ素やセシウム137、ストロンチウムなど8項目の内部被曝の状態が、
マイナス20からプラス20の数値で出るという。
一定レベル以上であれば、医療機関への受診を勧めるという。

 福島市内の幼稚園では昨年11月、園児ら約60人が検査を受けた。
園長は「今後も希望者は毎年、受けられるようにしたい」と話す。
いわき市内の保育園では昨年8月、園児や保護者ら約80人が検査を受けた。

 内部被曝量は毛髪で測ることはできず、
ホールボディーカウンターと呼ばれる検査機で全身を調べる必要がある。



大阪でひとやすみプロジェクトでの南相馬市のお母さんのお話を思い出すと、

わらをもつかむ思いの人がいてもおかしくない状況がわかります。

事故から数カ月がたって、
市民がホールボディカウンターによる内部被曝の検査を受けられるようになりました。
なのに、まずは市役所の職員が数十人も検査を受けたそうです。
理由を問いただすと、機械の調子を見るため、などと回答がありました。
私たちはこのことに、大きな不信感を持ちました。
まずは市民、子どもに受けさせるべきなのではないでしょうか。
学校を通じて、内部被曝の検査の申し込み用紙が届きましたので、申し込みはしています。
しかし、なかなか順番が回ってこない。
わが子も含めて、まだ多くの子どもが順番を待っている状況です。
しかも、6歳以下の子どもは受けられないのだそうです。
その理由は、じっとしていることができないので正しく測定できないから。
それなら、じっとしていられない小さな子どもが受けられる他の検査方法を考えるべきではないでしょうか。
いま、南相馬市は、葉っぱも、土も、虫も触れない世界です。
何かを食べたいと思っても、放射能による汚染が怖くて、結局はお菓子、ジュースしか選べません。
あまり先を見すぎるのは辛いから、今を生きるしかありません。



こんな対応をやっているから、エセ科学が入り込んでくるわけで。

また、エセ科学に騙されないためにも…

何が本当に正しいのか?一人ひとりが考えなければなりません。



先日、京都大学原子炉実験所の小出裕章さんの講演 を聴きに行ってきたのですが、

小出先生は、「3.11以降世界は変わってしまったんだ」ということに、

誰もが向き合わなければならないのだ、と強くおっしゃられていました。

人々が普通に生活する場が、放射線管理区域以上に汚れてしまった。

土地も食べ物も、がれきも下水の汚泥も、すべてが放射性物質になった。

放射能で汚れた世界で生きるしかない。

福島だけの話ではない、関西だって安全ではない、ということをご承知おきください。と。


日ごろから「放射線」と実際に関わっておられる小出先生のお話は、

とても現実的で分かりやすくて納得がいくお話ばかり。


例えば、

実験所の中にも放射線管理区域という場所があり、

私は、常日ごろから極力その場所をキレイにしている。

寝転んでも大丈夫なくらいに、放射能でベタベタにならないようにしている、

それが放射線管理区域という場所。

なのに、もう大地そのものが汚れてしまっています。

この状況は、変えようの無い事実ですから、それに向き合って生きいかなければならないのです。

完璧に安全なんてものは、もう存在しません。

だから生活スタイルを変えることを実践していかなければならないのです。

私たちにできることはただ一つ。

「こどもを被爆から守る」 

もうそれしかできない。

そして、その責任は、全ての大人にあるのです。



いま、ガレキ処理のことが問題となっていますが、

質疑応答で、「関西でガレキ処分を受け入れることを一緒に反対してもらえませんか?」

という市民からの声に対して小出先生は、


私は、国には反対だけれども、全国で焼却することについては賛成している、と話されました。

それはなぜかというと、

ガレキが増えすぎて、そのままほっておくことは出来ない状況になってきているから。

本来なら、福島で専用の焼却炉を作り、そこで燃やして処分をするべきことなのだけれど、

それではもう間に合わなくなってきている。

だから、全国で焼却することには賛成している。

ただ、普通の焼却炉ではいけない。専用のフィルターをつけて燃やし、

灰は、すべて 東電に返却すべき

元々、焼却灰というものは、コンクリートにするようになっているので、

東電が引き取り、コンクリートに再生すればいい。

今後、膨大なコンクリートが必要になるのだから。(炉をコンクリートで囲わなければならないのだから)


東電の社長は、いけしゃーしゃーと電気代値上げを言っていましたが、

その前に、やるべきことがいっぱいあるやろー!!と、言いたいですよね。


そして、これ→「絶対!!原子力戦隊スイシンジャー」

すごく良くできています! 

笑いにすることって、とても大事なことやと思います。

必見


スポンサーサイト
2012.01.27 Fri l 本・アート・音楽・映画 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
スイシンジャー、わかりやすくて、むっちゃ笑えながら、改めて腹立つところがいいわ。
私もブログにアップするわ。
2012.01.31 Tue l 豆. URL l 編集
豆ちゃん
「淀川長治」バージョン見させてもらいました(笑)
これも笑えるー!!
「わかりやすさと笑い」
うんうん、確かに大事なコツやね!
2012.01.31 Tue l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/649-8d4289aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。