上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
お墓参りでの一枚。

赤いろうそくと人魚のイメージで撮ってみました。

P1000823.jpg



『赤いろうそくと人魚』は、小川未明の童話。

073mimei.gif

嵐がくると思い出すおはなし。


そして、こっちの人魚は必見



Happy Halloween♪

Gagaween  




そして、愛するシカオさま。(←人魚とはなんのカンケーもない^^;)

http://www.office-augusta.com/suga/

新しいスタートを切ったシカオちゃんをこれからも応援していきたいと思います☆




以上!ひとりごとでしたー。
スポンサーサイト
2011.10.28 Fri l 本・アート・音楽・映画 l COM(6) TB(0) l top ▲

コメント

No title
「赤いろうそくと人魚」といえば絵ろうそく。
かなしくなっちゃいます・・・。
うわ、なきそ~v-406
2011.11.02 Wed l もにか. URL l 編集
もにかさん
絵ろうそく?の悲しみがわかんない私i-195i-230
がーんv-406
2011.11.02 Wed l keropaki. URL l 編集
No title
ろうそく屋の夫婦にそだてられた人魚の娘が白いろうそくに絵をかいたら、それが航海安全のお守りとして売れるようになって・・・欲に目がくらんだジジババが娘をうりはらっちゃった、そんな話じゃなかった?その後、ろうそくをともすと海がしけて船がしずむようになってしまって・・・。
うろ覚えですみません。
子供のころによんだけど、すごく悲しくなってしまったので、それをこの年になってもひきずってます。

2011.11.03 Thu l もにか. URL l 編集
もにかさん
おぉー、このおはなしのことでしたか!
他にもろうそくのお話があるんかと思いましたe-330
失礼いたしました!
そうですそうです。
善人だと思ってたおじいさんとおばあさんが、
コロッと欲にやられちゃう話です。
船は沈んで村は無くなり・・・。
なんか、震災あってから妙にこのおはなしを思い出してて。
ブックオフで見つけて読んでましたv-406
2011.11.03 Thu l keropaki. URL l 編集
私も気になって、探して読みました。あ~そうだった(・・;) じじばばの変化が、やりきれないわ…
母親の気持ちもね(T . T)
2011.11.04 Fri l 木花. URL l 編集
木花さん
木花さんもー。
気にかけていただき恐縮です><
ほんまに、やりきれない話ですわ。
それなのに(それだから?)余計に忘れられないお話なのかな。
2011.11.05 Sat l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/630-d1ca4080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。