上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
夏休みに入りましたね!

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

我が家は、前回の日記に書きましたように…。

すでに2週間前から"夏休み入り"致しております(笑)


高等部へ入学してから、はや一学期間が終了。

とても順調な滑り出しで始まった高校生活でしたが、

実は、大変だった出来事もありました。

ブログには書いてこなかったのですが、「廊下生活」と平行して、心配なことがありました。

(やっとその心配から開放されたので、書いておこうと思います)


4月、張り切ってバス登校していたゆうちゃんでしたが、

だんだんと朝のバスに乗れなくなっていきました。

それは、朝が起きれないのではなく、(朝は5時半に起床するのですが)

そこから、家を出るまでの時間が長くなっていったのです。

一つの行動をするたびに座り込む。

とにかく座り込んで動かない時間がどんどんと長くなっていったのです。

そして(朝は、車で送っていく)ようになり、

今度は、帰りのバスにも乗れない日が出てきました。

学校でも座り込んで動かない時間が長くなり、バスに乗れなくなってしまったのです。


そんな時に、とても心配な行動が始まりました。

それが…… "おねしょ" です。

いや、正確に言うと、「朝目覚めてから意識的にオシッコを布団の中でしてしまう」という行動なので、

"おねしょ" ではなく "おもらし" と言った方が近いのだと思います。

朝5時、ゆうちゃんの部屋へ起こしに行くと、

その時に、ゆうちゃんがすでに目を覚ましていたら、もうオシッコは布団の中でしてしまっているのです。

また、まだ目覚めていなかった場合。

起こして「トイレへ行きやー」と言っても全く動こうとしないんです。

ずっとゆうちゃんにつきっきりで、なんとか説得が上手くいった場合のみトイレへ行ってくれるのですが、

それ以外は、私が他の用事をしている隙に布団の中でオシッコを漏らしているのです。

但し、おもらしをするのは、朝だけ。それ以外はちゃんとトイレへ行くのです。


実は、この行動が一ヶ月くらい続いていたのです。

どうやったらこのおもらしを止めることが出来るのか?

色々と考えて、介護用のポータブルトイレを借りてきて部屋へ置いてみたりしたけれど、

ゆうちゃんは全く無視。(結局、一度もそこでオシッコをすることはありませんでした)


しかもこの期間、最悪なことに思いっきり梅雨の真っ只中。

晴れていて洗濯物がパーッと乾いてくれる日々ならともかく…。

ジャジャ降りの毎日が続いた日には、さすがのハハも疲れきっていました。

部屋の中は洗濯物だらけ。

シーツや布団は乾かないので、チチの帰りを待ってコインランドリーへ走る毎日。

耐えかねたハハは、これだけは絶対にやりたくない!!と思っていた"紙オムツ"に手を伸ばしました。

めちゃくちゃ葛藤がありました。

小学校の時、紙オムツを履いて学校へ通った日々が思い出され、とても迷いました。

スーパーのオムツ売り場で立ち止まり、手に取っては置いて、、そんなことを繰り返していました。

でも、もう限界。

そう思って、介護用紙オムツを掴んだのです。(さすがに赤ちゃん用はもう無理だし

そしてゆうちゃんに、「トイレへいってオシッコしないんだったら、これを履いて寝なさい」と言って

紙オムツを渡しました。

するとゆうちゃん。

そのオムツを掴みポンとほおり投げて、「や め て !」と拒否したんです。

「こんなもんはけるかー!」って感じで(笑)



あぁぁぁぁぁ、その言葉にどれほどホッとしたことか。

そっか。ちゃんと分かってるんやね。

そう思うと心底ホッしたのです。


そして、この行動にはきっと何かがあるはず。

言葉に出来ないゆうちゃんの何かの訴えの行動なんだろうな。ということをしっかりと受け止めなくては!

一番しんどいのはゆうちゃんなんだ、ということを再確認できたのです。

「紙オムツなんか持ち出してきよって!」と、ゆうちゃんに怒られた感じです(汗)



それから、生活のスタイルを少し変えて、

ゆうちゃんが観たがっていたビデオを解禁しました。

(このビデオは、幼少の頃からずっと見ていたお気に入りのビデオで、
 "きかんしゃやえもん" や 大河ドラマ"毛利元就"が録画されています。)

ただし、これ全部観るとVHS3倍録画ビデオなので6時間かかります。

見始めると絶対に最後まで見るゆうちゃんですから、学校へ行き始めてからは封印してあったのです。


でも、今は、学校へ行くことよりも大事なことがある!と、

満足いくまでビデオを見て、

そしてしばらくは一人で部屋で寝るのを止めて、布団を並べて一緒に寝るようにしました。

するともう "おもらし" をすることは無くなりました。



「ゆうちゃんの訴え」は、いつも自分の身体を酷使するから…。

そんなことをしなくても、もっと楽に訴える力をつけさせてやりたい。

どうすれば、ゆうちゃんが外へ発する力を身につけられるのか?

それが、これから先ずっと続く課題なのだと思います。


そんなことを思っている時に、何ともベストなタイミングで東田くんの言葉と出会いました。

ずっと前にブログで書いたことのある → 自閉症の僕が飛び跳ねる理由/東田直樹 

東田直樹くんです。


先日、友人と梅田で食事をした時に教えてもらった ビッグイシュー日本版

通りかかった西梅田で販売されていたので、何冊かバックナンバーを買ってきたのです。

そのビックイシュー日本版で、なんと!東田くんが連載をされているのです。

(教えてくれてありがとう☆)

=自閉症の僕が生きていく風景 東田直樹=(第28回)に書かれてあった言葉。


楽に生きられるということは、遊んで暮らすことではありません。

自分らしく生きるために、工夫することです。



しっかりと刻んでおこうと思いました。


はじまったばかりの夏休み!今年はどんな夏になるのか?

工夫をして楽しんでいこう!と思います☆
スポンサーサイト
2011.07.23 Sat l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/612-c7708574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。