上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
またやってしまいましたー

15日の日曜日。

タイトルからお察しの通り…

「マラソンのレース」と「ゆうちゃんの運動会」

前回、反省したにも関わらず…またかぶってしまったのです

数ヶ月前のマラソンエントリー時に、

「運動会の日程」などというものが私のメモリにあるはずもなく…

気がついたのは、高等部の入学式の日。

もらった書類の中の年間行事予定表を見て… ガーーーーン。

うわぁ!またやってしもた!と、あわててもあとの祭り。

おそるおそる…チチにその事を言ってみると、

「二人で運動会行ってきてもいいで」と案外あっさりと言ってくれたので、

お言葉に甘えて、私はマラソンへ参加させてもらってきたのです。

(当日、お弁当を作ってくれたばあちゃんにも感謝しなくてはなりません。
   :すみませんお世話になりっぱなしです。)


とまぁ、そんなわけで。

日曜日、私は「奥びわ湖健康マラソン」15kmを走ってきました。

新緑の湖岸を走るとっても気持ちの良いコース。(お天気にも恵まれてホントに気持ちよかった!)

途中、走り抜けていく民家では、お葬式をやっていたり…と、とってもローカル!

喪服を着た人達が一時動きを止めて、ランナーを笑顔で見送ってくださる姿が印象に残り、

2000人のランナーに見送られるお葬式って、なんかいいよなぁ~なんて思いながら走ってましたw

チップでの計測はなく、記録は自己計測。

完走賞は、地元のシルバーさんたちが手書きしてくれる!という、

なんともローカルでアナログ~なレースでした。

一応、記録は 1時間21分12秒

一時間半を目標としていましたので、満足のいく走りでした。



そしてもう一方の、ゆうちゃんの運動会。

「どうだったー?無事に参加できた?」と話を聞くと、

意外にも?返ってきた返事が、ゆうちゃんのことではなく先生のことでした。


「高等部の先生、なんじゃーありゃ。ぜんぜんあかんやん!」と、

めずらしくぼやき始めたチチ。


「なになに?なにがあったん?」と詳しく話を聞いてみると、

学校へ到着するなり、靴箱で動かなくて固まってしまったゆうちゃんを、

先生方が必死で動かそうとしてくださったらしい。


実は、このところゆうちゃん(戸締り大臣)は、

学校到着後は、まず「戸締り」から一日がはじまる。

一週間ほど前に、小学部の教室へ入っていってしまったことがあり(窓や扉を閉めまくり)

授業の妨げになるので、以後、小学部への入室は禁止されてしまいました。

禁止されても、扉は閉めに行きたい。

入ってはいけないことは分かっている。でも、気持ちは入りたい。だから座り込む、固まる。

それが最近のゆうちゃんでした。


運動会当日もまさにその状態だった様子で、

頑固なゆうちゃんは、座り込んだらそれはもう足に接着剤がついているのかと思うほど、

その場に固まって動かない。


そこへやってきた先生は、

「はやく体育館へいこう」「そっちは行ったらダメ」

「ダメ」 の一点張りで、余計にゆうちゃんは身体を硬くしていたのだそう。


あぁぁ…><これじゃぁ、絶対にゆうちゃんは動かへんで!と、内心呆れていたチチは、

見かねて、「私が連れて行きますから、先生方、先に行っててください」と、言ったらしいのですが、

「いやいや大丈夫ですから!」と、、、融通がきかない先生><


そうしていたところへ、中学三年間担任をしてくださったゆうちゃんの先生が来て下さり、

「ゆうちゃん、あそこの窓一つだけ閉めていこっか!」と、声をかけてくださると、

サッと立ち上がって動くことができたそう。


チチ曰く、

「高等部の先生ら、全く融通きかんなぁ~。

 中学部の先生の方がよっぽど機転が利いたで(笑)」

とのこと。



高等部へ進学してから、私が少々気になっていたことを、

チチがバッサリ斬ってくれたので(笑)

早速! 「チチの意見」 として、連絡帳に書かせて頂きましたw


(ちょっとだけ抜粋)
・・・・

先生方がゆうちゃんの気持ちに寄り添おうとして下さっていることは、

とても良く伝わってきたのですが、

「ダメ」一辺倒ではなく、少し目先を変える工夫とか、前向きな提案をしてやってほしいのです。

(例えば、昨日のように「ダメ」を少しだけ譲って窓一つだけ閉めていいよ、など)

ゆうちゃん自身、こちらが言っていることは理解しているので、

「ダメ」なことは分かっている。でも、窓を閉めたい気持ちは抑えられない。

なので、その気持ちを汲んで妥協案を与えてやって頂けると、スムーズに動けると思います。

・・・・

すると、返ってきた連絡帳には、 

少し目先を変える工夫  前向きな提案

アンダーラインが引かれてあった。(笑)

そして、「試行しながらやっていきたいと考えています。」とのこと。


やわらか~くお願いします!と、

家庭訪問の際に、ゆっくりと話をしようと思いますw



というわけで、結果的にはレースと運動会がかぶってしまったことで、

"チチと二人で運動会へ参加" という機会を持つことができました。

チチの視点で学校生活を見てくれたことは、本当に良かったです。



そういえば、ゆうちゃんに障がいがある、と分かった頃。

障がい児を育てていた先輩お母さんに、こんなアドバイスをされたことがありました。


「障がいのある子どもを育てるって大変なこと。

 一人では絶対に無理。

 大事なのは、どうやって父親を巻き込むか?やで。

 しっかりと、おとうちゃんを巻き込んで子育てしいや!!」と。



今度、その方とお会いする機会があれば、

しっかりと巻き込んでますよと、話をしたいなぁ~と思いますw
スポンサーサイト
2011.05.18 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(6) TB(0) l top ▲

コメント

No title
マラソンお疲れ様です。ブラックスワンの影響はなかったですか??学校の予定は新年度始まらないことにはわかりませんものね。
家庭での父親の役割は、自分が思う以上に大きいと感じることばかり。娘が思春期に入りかけた今その思いは強くなっています。娘の学校を優先し夫のみ東京という案も一時でたんですが、うちの場合それはマイナスであって決してプラスにならないという結論に。いつもおおらかでかつ冷静に判断してくれる父親っていうのはやはり頼りになりますよね。
しかし、学校ってこんなに四角四面なとこだった?と感じてばかりです。帰国生への妙な先入観、先生方が一番強くお持ちのようにかんじます。学校にはそういうお子さんたくさんいるんですけどねー。
2011.05.19 Thu l monica. URL l 編集
monicaさん
ありがとうございます!
ブラック・スワンの影響は大丈夫です(笑)
ちょっと思ったんですけど、USJにブラックスワンアトラクションが出来たら恐ろしいやろなぁ~と(笑)

「いつもおおらかでかつ冷静に判断してくれる父親」ほんとにその通りです。
私は、チチがいなかったら絶対にやってこれませんでした。
お互い、旦那様大事にしなくちゃ!ですね。^^

学校って。。。思いっきり四角四面ですよ!!
でもそれって少数派に属さなければ分からなかったことなんやな、って分かりました。
ただ、子ども同士は全然先入観とかないんですよねぇ~。それがきっと救いになると思います!
2011.05.19 Thu l keropaki. URL l 編集
凄いな~
関心しますわ゚(゚ノ∀`゚)゚。 アヒャヒャ

σ(`・ω・´)も死ぬまでには・・・
やっぱやめとこ(*゜ω゜):;*:; ブッ
2011.05.20 Fri l のりへい. URL l 編集
のりへい
この間はありがとね!e-466
あれから大丈夫やった?
こわいことにならんようにしてやぁ~(笑)
2011.05.20 Fri l keropaki. URL l 編集
なんとか・・・^^;
音便に冷静に結末を迎えれるよう行動してます

ε-(´・`) フー
2011.05.21 Sat l のりへい. URL l 編集
のりへい
今後の展開、見守ってまーす!e-264
2011.05.21 Sat l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/595-44099e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。