上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
驚くことがあった。

昨日、ここに視覚障がい者「森田正樹さん」のことを書きましたが。

今日、毎月我が家に届く

"「障害」児・者の生活と進路を考える会"の機関紙

「考える会通信 2011年4月号」が届き、

なにげに目を通していてビックリして固まってしまった。


なんとそこには、森田正樹さんのことが書かれてあり、

信じられないことに、

先月(2011年2月月7日)お亡くなりになられていたのです。

享年45才。 

2才と4才のお子さんを残してのことだと書かれてあり、

信じられなくて、何度も読み返してしまいました。

なんなんだろう。この偶然の知らせは。



私が森田さんとお会いしたのは、一度だけ。

箕面市の職員をされていた森田さんは、

大学の「障害者と人権」という講義のゲスト講師として来られていて、

講義後、みんなでお茶をしながらざっくばらんにお話をさせてもらったのが2005年の出来事。

たった一回、6年も前にお会いしただけなのだけれど、

その印象はとても強くて、森田さんの言葉はずっと私の心に残っていました。

昨日書いたことの他に、森田さんは、ご自身のことをこんな風に語っておられました。


  目が見えない事は、不便ではあるけれど
 
  目を見えない事を含めての自分だから・・・

  今の自分は不幸ではありません。

  もちろん目が見えたら違った世界かもしれないけれど、

  目が見えれば幸せか?と言われると・・

  目が見える自分だったら、違った自分だったかもしれない。

  もちろん、「障害があってよかった」なんて言うつもりはない。

  時々、無性に何かが見たくてたまらなくなる時だってある。

  でも、見えない事も含めての自分だから・・・

  今の自分は幸せです。




人間的で自分に正直でとても魅力的だった森田さんの言葉は、ずっと私の中に残っていました。

私の記憶に残っているように、

きっとまわりの沢山の方に影響を与えられていた方なのだと思います。

もしかしたら、私と同じように森田さんの死を知らずに、

どこかで森田さんの言葉を思い出しておられる方がいるかもしれません。

「森田さんの告別式は、多くの知人友人が集まる中行われた。」と書かれてありました。

森田さんはいなくなってしまったけれど、

きっと大勢の方の記憶の中に、ずっと生き続けていかれるのではないかな、と思います。

出会えたことに心から感謝し、ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
2011.03.29 Tue l BF研 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/580-41c31982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。