上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
20051107215005.jpg


村上 龍氏の『半島を出よ』を読了。

これすっごく面白いです♪

2011年という近未来の福岡が舞台。

財政破綻し国際的孤立を深める日本に、北朝鮮のコマンドがやってきて福岡を占領。

政府は福岡を封鎖する・・・。


ものすごくリアルで、ホントに起こり得るかも?と思わせる迫力満点の描写です。

(途中、北朝鮮のコマンドが夢に出て来てうなされた程ですから)(笑)


ラスト3ページくらいの所で、「イワガキ」という少年が出てきます。

イワガキは、幼稚園年長のクリスマスイブに、

「今日は特別にトナカイを連れてきてくれましたよ」と園長先生が言って、

プラスチックの角を耳のあたりにくくり付けたポニーが現れた時、

「あれはトナカイじゃなくてポニーだ」 と叫び続けて園長先生にひどく叱られ、

その日以来、幼稚園には行かなくなる・・・というくだりがあります。

それを読みながら、、

「高機能自閉症」や「アスペルガー」と呼ばれる子ども達の事を思いました。

本人のせいじゃないのに、周りの大人達によって別けられてしまう。

周りの大人達の無神経な言葉によって傷つけられるのだと。


ホントに凄い小説です。 ぜひ読んでみて下さい♪



スポンサーサイト
2005.11.07 Mon l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/58-89d827ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。