上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨年から、ゆうちゃんの逞しい成長ぶりを書いてきましたが、

すべてにおいて順調で心配事が何もなかったわけではなく、

実は秋くらいから、一つ心配なことが起こっていました。

それは…… 食事 です。


ゆうちゃんの偏食は、今に始まったことではなく、もうずっと付き合ってきたものなのですが、

ハンガーストライキ後のゆうちゃんは、食事が精神のバロメーターと言えるくらいで、

「食べない」という時のゆうちゃんには、とても慎重になっていました。

そして、その食事の仕方は、

固形のモノは、「噛んで吐き出す」というのが特徴で、必ず全部飲み込むことをしません。


昨年の春~夏に到来していました「カレーブーム」の時は、

比較的吐き出す量が少なく、全体の三分の一ほどを吐き出して残す。といったものだったのですが、

秋あたりから、カレーを全部吐き出すようになっていました。

前に、「ミックスジュースブーム」が来ていることをブログで書きましたが、

(夏は、カレーを食べミックスジュースを飲んでいました)

カレーブームが去り、今度は「ミックスジュースオンリー」の食生活が始まったのです。

その生活が始まってから、

「飲み物」しか飲み込みこまず、固形のモノは全部吐き出すのです。

だからと言って、食事を必要としないのか?といえば、そういうわけではなく、

「ごはん ごはん」 と言って、食事も欲しがります。

でも、出した食事(固形のモノ)は、全て噛んで吐き出し、

ひたすらミックスジュースを飲む。という食生活。

実は、その食生活がはじまり約3ヶ月が経とうとしています。



「食べないのなら、食べるもので工夫をする。」というのが、私の母からの教え。



カレーに色んなものを加えて栄養バランスを考えたように、

今度は、ミックスジュースに加えることを考えました。

ベースは、 牛乳 です。

果物はもちろんのこと、にんじんやアボガドなどの野菜や、

青汁の素などのサプリメント類やシリアル類。

そのうちに、豆腐やパンや白ごはんなども加えるようになり、

寒い時には、(さすがに冷たい牛乳は身体を冷やすだろ)と、

あたたかいミックスジュース(これはほとんど牛乳粥のようなもの)を作ったり…と、

今では、流動食のようなものとなっています



想像してみてください!

一日の食事を全部「ミックスジュース」で摂取するのです。

しかも育ち盛りの15歳が!です。



我が家の牛乳消費量は、えらいことになっています。

そして現在、ミキサー稼動率は、世の家庭の?ナンバー1なのではないか?と思うほど(笑)

(*実際、使いすぎてミキサー一台壊れました…。今二台目です

そして、困ったことは、食事にとても時間がかかること。です。

だいたい一回に飲む量は、牛乳1000ml 2本。

ミキサーを8回くらいまわします。(その都度、いろんなものを入れて味を変えます)

そして、その合間に、食事を噛んで吐き出す。

この食事にたっぷりと1時間はかかります。

しかも、自分が納得いくまで食事を終えません。

なので、ハハは、ゆうちゃんが納得いくまでミックスジュースと食事を作り続けます。


他人から見れば、ナニを過保護なことをやってるんや。とみられるのかもしれません。

でも、食べないのですから…食べるもので工夫するしかありません。

特に、育ち盛りの成長期。なるべく身体に良いものを食べさせたい!と思うのが親の気持ちです。

そう思うから、必死にゆうちゃんが食べれる方法・満足してくれること、を考えます。

でも、一体この食生活がいつまで続くのだろう…?と不安になる時があるのも正直な気持ちです。



そんな時、最近、『バナナ』が話題になっていることを知ったのです。

なにやら、「バナナが花粉症に効くらしい?」と。

一日2本以上のバナナを食べると、花粉症の症状が抑えられるとのこと。(ほんと?)

今春は、花粉が大量に飛ぶとの予報。

もしや?ゆうちゃんは、それを見込んでバナナをたくさん摂っていたのか?(ミックスジュースにバナナは必須)

なーんて思うと、

ゆうちゃんの食事には、きっとゆうちゃんなりの意味があるんだ!!と、思えてきたのです。

不安な気持ちを切りかえて、なるべく物事を前向きにみよう!と、そう見方を変えてみると、

あれほど嫌いだった牛乳を、いま一日4・5本も飲んでいることにも意味が感じられました。

そしてもう一つ。

飲み込まないのに、「噛んで吐き出す」という行為をやめないことは、

まるで「噛むことも必要」だと身体が知っていて、自然に行動している事なのかもしれないなぁ。

と、思えてきたのです。

ゆうちゃんが、固形のモノを飲み込まない理由はわかりませんが、

私に出来ることは、ありのままのゆうちゃんをサポートすること。

ゆうちゃんの力を信じて、前向きに、私に出来る工夫を考えることしかないのだ、と、

(すべて、私の呆れるほど前向きな思考ですが。)

バナナが、ちょとだけ私の物事の観方を変えてくれたのです。

(ただし、本当に花粉症に効果があるのかどうかは疑問です:笑)




とはいえ…「噛んで吐き出す」なんて。

なんて汚いことをさせているんだろう…。と思われる人がいるかと思います。

食べ物を粗末にして!と、言われる方もいるかもしれません。

料理を作った方にも失礼なことです。

でも、これがゆうちゃんの食べ方だから、今はどうしようも出来ないのです。

もちろん全ての人に理解してもらえるとは思っていません。


最低限マナーとして、

外食の際は、ゆうちゃんが吐き出したものは、出来る限りチチ・ハハが食べるようにしています。

驚かれる方がおられるかもしれませんが、

そのほとんどをチチが食べてくれるのです。

自分の息子とはいえ、ゆうちゃんが吐き出したものを嫌な顔一つせず、

「店の人に失礼やし」と言って全部食べてくれるチチ。

こんな父親、なかなかいませんよね?

そんなチチを私は本当に尊敬しています。

「こんなチチ絶対他におらんで!!」と、いつもゆうちゃんにそう言います。


こんな風にしながら…。

いつかきっと、ちゃんと食事が出来るようになる日がくる。と信じて…。

私達なりにがんばっています。

どうか、こんなゆうちゃん食事、見守って頂けたら、と思います。
スポンサーサイト
2011.01.15 Sat l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/554-8e067450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。