上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
前回の日記。ちょっと過激でしたね?

keropakiさんにしちゃぁ~、めずらしく激しいわねッ。(って思われた方も?)

実際に、一連の事をチチに話しますと…

「ま、校長かて、色々考えてゆうてはるんやから、そないゆうたらんでも…」

と、軽くたしなめられました

そうだなぁ~。もうちっと広い心で話を聴かないとあかんかも?と、

少々(ほんの少々)反省しておりましたところへ、

友人が、こんなメールを送ってきてくれたのです。

彼女は、私の思いを読んでくれて共感してくれた上で、こんなことを書いてくれていました。


「こんな人ってドコ行っても必ずいるよね(涙)

 なんで何も解ってナイのに、全てを理解してるみたいに話を進めるんだろね?

 ある意味不思議さんだよね!」


なんだかねぇ~。

このメールを読んだら、スッと肩の力が抜けたんですよ。(マジで!)

「そっか、不思議ちゃんかー!」って思ったら、なんだか笑えてきたのです。

そしてね。

こんな風に、違った角度からの意見を聞かせてくれる…

そんな人が私の周りにいてくれる!ってことに、とても幸せを感じたのです。

ほんとにありがとう!


それと、前回の日記から…

誤解の無いように一つだけ書いて置きたいことがあるのですが、

「自閉症のプログラム」云々について。

(何度も書いてきてはいるのですが)

私自身、それらを全面否定しているわけではありません。

ゆうちゃんの生活が豊かになる為のものなら、何でも取り組むつもりです。

ただ、ど う し て も 私が受け入れられないのは、

ゆうちゃんのことを何も知らないのに、「自閉症」というだけで、何かを押し付けられることです。

(相手は「善意」でされていることなので、押し付けているとは思ってないと思いますが。)

そういう人に対しては、どうしても拒否反応を起こしてしまうのです。

でも今後、そんな私自身が、

ゆうちゃんの可能性を狭めることにならないよう、気をつけていかねば。

と、今回のことを通してそう感じたのでした。


ひろい心とぶれない信念で。

ずっと前に書いた記事ですが→ 星野道夫

ここに、「絶対ゆずれないもの」というのを書いています。

迷ったり、くじけそうになった時は、星野道夫を読んで原点へ戻ろう。

そして、ゆうちゃんに必要なものは何かを、これからも探し続けていこう!と思いました。


未熟なハハですが、こんな私のブログを読んで下さっているみなさま、

いつもありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
2010.11.01 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

優ちゃん応援してます!!
自分の行きたい所に進んでください。
誰に何を言おうと、とにかく前に突き進んでください。
頑張れ応援してるぞ!!!
2010.11.02 Tue l 電車の息子1. URL l 編集
電車の息子1くん
コメントありがとう!!
すっごく嬉しいです。
息子1くんの言葉は、とても説得力があります。
「自分の行きたい所へ…」
息子1くんのように、ゆうちゃんも自分の行きたい所へ進んでいってほしいです。
そうだよね。
親が決めるんじゃないよね。
ゆうちゃんが決めるんだよね!
ありがとう!!
2010.11.03 Wed l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/531-2e115366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。