上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
なんと、シカオちゃんがCM出演するんですって!

1_s.jpg
2_s.jpg


「サッポロ生ビール黒ラベル」の「大人エレベーター」シリーズCMの第五弾
 (2010年10月9日(土)より全国で放映)
 
2010年のサッポロ生ビール黒ラベルは「大人の☆生」をコミュニケーションテーマに掲げ、
独自の強みである「生のうまさ」に加えて、
「自分なりの価値観を持った大人同士が飲むビールである」という価値訴求を行っています。
そんな大人たちと出会えるのが、
妻夫木聡さんがメインキャラクターのCM「大人エレベーター」シリーズです。
第五弾では、妻夫木さんが44歳大人代表のスガ シカオさんに出会い、
サッポロ生ビール黒ラベルを味わいながら、“大人”をテーマに本音で語り合います。
大人になっていく自分も若い頃の自分も大事にしていくことで
年齢を重ねるたびに深みをましていくスガ シカオさんとの交流を描くことで、
妻夫木さんと同世代のお客様へ新たな気づきを生むと共に、
既存のお客様を中心とした「大人」の方々に共感して頂けることを期待しています。

(ここで動画がみられます。)


「自分なりの価値観を持った大人同士が飲むビール」

っていうのがいいですね~!サッポロさん!

一応、ビールは、スーパードライ派なんですけど・・・いちおう、ね。(笑)



自分なりの価値観を持った大人でありたいな、と思う反面。

自分なりの価値観って、、、

時には、恐ろしく方向が間違っていることがあるから、ちょっと怖かったりする。

「自分が一番正しい」

そう思っている人が、実は一番コワイな、と思う今日この頃です。


そんな中、先日、妻夫木くん主演の映画『悪人』を観てきました。

img_lineup.jpg

原作を読んだのは2年程前。

吉田修一の中では、一番お気に入りの一冊となり、

そして、先日の“束芋さん”の『悪人』の挿絵・原画との出会い。

それに加えて、モントリオールで深津絵里が賞をとった!となると、

こりゃ、映画は観ておかないと!!(笑) (…って、なりますよね?)


映画は…。

とにかく原作に忠実に描かれていたと思う。

ただ、やはり映画では描ききれていない部分が色々あって、

それも、結構大事な部分だったりするので(祐一と母親の関係とか)ちょっと残念な部分も。

ただ、役者さん達の演技は凄かった。

賞をとったのは、深津さんだけど他のみなさんもスゴイ。

樹木希林は、いつもにも増して…素晴らしいバアサンだったし、

岡田将生くんは、しっかりとチャラけた薄っぺらな大学生だった(笑)

そして、祐一に殺される佳乃を演じた、満島ひかりさん。

この人、殺された後にお父さんの前に現れるシーンは、ちょっとゾッとした。


そして、主演の妻夫木くん。

すっごくがんばってた!!と思う。

何をやっても爽やかで可愛くて嫌みの無い妻夫木くんが、その色を必死になって消してた。

その姿が、

私には、主人公:祐一が、必死に「悪人」になり切ろうとしている姿と重なって見えてちょっと泣けてしまった。


原作を読むと、映画を観ると、

きっと誰もが『悪人』なんだなって思います。

足を踏み外さないように…

ギリギリのところで必死にがんばって生きているのかもしれないな、って。

映画も原作もオススメです☆
スポンサーサイト
2010.10.05 Tue l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/523-d247bcd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。