上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
最近、夜に山道を車で走っていると、頻繁に動物達と遭遇する。

(これまで出会った動物達→ タヌキ・ウサギ・サル・シカ・ウリボウ・フクロウ)


「動物注意」という看板を時々見かけるけれど、

本当に事故に繋がる場合があるから気をつけなければならない。


昨日、大阪から金沢へ向かって夜中に車を走らせていた友人が、

高速道路で、イノシシと事故った!と聞いて驚いた。

飛び出してきた体長1m程のイノシシと衝突したらしい。

イノシシは即死。

イノシシと衝突した友人は、

ハンドル操作が不能になってポールをなぎ倒し、斜面に乗り上げあわや横転しかかったそう。

幸いにけが人はなく、二重事故にもならずに済んだそうなのでホッとしましたが、


はっきり言って…「動物注意」は、注意のしようがない。


実は、先日我が家も、暗くなった山道でウサギが飛び出してきて、

急ブレーキを踏んだせいで、後ろに乗っていた人が手首を捻挫する(とっさに手で前の座席を押さえたせい)

ということがあったところ。


突然の動物の飛び出しは、事故に繋がりかねないので本当に危険なのだけれど…

それでも、野生動物との偶然の出会いは、ちょっぴりうれしかったりする。

実は、昨日も和歌山からの帰り道に、「鹿」と遭遇。

昨日は、なんと!3度も鹿に遭遇。(その他、大きい(長い?)ヘビとウサギにも)


まずは、昨日の様子をざっとまとめてみると…。

昨日は、和歌山方面へお出かけ。

相変わらず、計画性がなく思いつきで行動する我が家なので(笑)

何となく向かった和歌山湯浅から、こんなところへたどり着いた。


椿山レイクブリッジ

IMG_4169.jpg


「ゆうちゃ~ん、まってぇ~」と声をかけると

IMG_4171.jpg

振り返って待っていてくれる。

(名前を呼んでも何の反応もしてくれなかった頃を思うと、
 こんな些細なことがとても嬉しい)


「ヤッホーポイント」というのがあり、

(想像通り「ヤッホー!」と叫ぶところ(笑) 声がとても反響します)

IMG_4172.jpg

そこまで走って登っていくゆうちゃん(追いつくのが必死)


しばらく、遊歩道を歩いた後、車に戻り、さてここからどうしようか…?

と、地図を見ると「龍神温泉」が、案外近い。

それなら龍神まで行ってしまおかー!ということになり、

標識通りに、国道から林道へ入っていくと、

道は狭く、石がごろごろ落ちていて、驚くほど酷道。

所どころ陥没している場所があったりして、恐る恐る車を走らせていた。


すると、龍神温泉までの途中に

不老長寿の水 という看板を発見!

こりゃ~、行っとかんとね。(笑)と、立ち寄る。

IMG_4174.jpg

ものすごいヘンピな場所にあるので、何となく御利益ありそうな…?(笑)

持っていたペットボトルにお水を汲んで、龍神温泉へ。

龍神温泉

さすが龍神!

あちらこちらの温泉へ出かけていますがここのお湯はと~ってもいいお湯

腰痛が酷かったチチは、温泉に浸かってちょっと緩和されたそう。



温泉に入った後は、お腹が空いたので何か食べれるところはないか?と、探していると、

「ピザ・ドリア・キーマカレー」

という看板を見つけて、「とりあえず、カレーがあるなら。」と立ち寄ってみた。

元湯から近いところの、「香房 ゆず夢」 というお店で、

のんびり出来て雰囲気がよく、また訪れてみたい、と思うお店です。(ピザ美味しいです☆)


そして、いよいよ帰り道。

IMG_4175.jpg

車のライトが当たると、パァーっと山へ逃げていってくれるのですが、

これが突然飛び出してこられたら、かなり危険ですよね。

動物達を傷つけないためにも…

みなさんもどうかお気をつけて運転して下さい!!
スポンサーサイト
2010.09.27 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

こちらも被害が
我が家のすぐ近くにもイノシシが出ます。
その被害がけっこう深刻で、全国ニュースにも出てました。
人を怖がらないんですよ~
リュックやポリ袋に食べ物が入ってるって学習してるし;;
興味本位にエサをやる人もいて、これも問題。
ひどい怪我した人もいますのでね。
さすがに野良鹿とかは居ませんが、共存できへんとこがありますで。

ところで私も八つ墓村借りちゃいました。トヨエツのしかなかった。
そしたら、すごく記憶に残ってるやつと違うのね!?
あれ?お子ちゃま立ち入り禁止区域は?(まずそれか) 竜のあぎとは?
鍾乳洞の中を犯人が走って行くシーンとかは?
池からおばーさんが浮かび上がるシーンは?
ラストで、落ち武者の皆さん(亡霊)が、村の惨状見下ろして「ざまあみろ」みたいに高笑いするところは?
あれは一番古いやつでしょうか?

しかし今見ると、ツッコミどころ満載です。
是非ご覧くだされv
2010.09.28 Tue l 木花. URL l 編集
木花さん
イノシシ。結構深刻な問題になってるんですね。
リュックやポリ袋って、、e-330
箕面のサル化しちゃってますね。e-330
サルでも結構コワイのに、あのガタイでリュックめがけてやって来られたら、
かなり危険ですね。

で。八つ墓村!
私もさっそく今日行って来たんですよ。
そしたら、映画版は一枚も置いてなかったんです。e-263
あったのがドラマ版(古谷一行・金田一)だけ。しかも貸出中!
そして、ネット上を色々みてまわっているうちに、一つ記憶が間違っていることがわかったんですよ。
私が覚えている八つ墓村は、(石坂浩二・金田一)やと思ってたんです。
でも、石坂浩二は八つ墓村はやってないんですね。(イメージは一番ピッタリですが)
八つ墓村(多分私が覚えているバージョンの)金田一耕助は、なんと「渥美清」なんですよね。
木花さんが覚えているように…
鍾乳洞の中を走っているシーンとか、
おばあさんが浮かんでいるシーンとか、
あと、生首のシーンとかは覚えているんですけど
(ゲッ、挙げてみるとコワイ・グロイシーンばっかだ!)
どこかで、私も犬神家とごっちゃになってるみたいです。
(ええかげんな記憶ですe-351

それにしても、「無い!」となったら三倍増で観たい!
どこかで探してきま~す(笑)
2010.09.29 Wed l keropaki. URL l 編集
鹿はこわいですよ~、鹿とぶつかってひっくりかえって大破した車もなんどもみたことあります。
で・・・八つ墓村。
渥美清が金田一耕助?と、と、寅さんが???旅の途中で事件に遭遇、謎解きを?ってちがうよね。
寅さん金田一、みてみたい。じゃあ、マドンナはだ~れ?そういう視点でみたらこわくないかも。
2010.09.29 Wed l もにか. URL l 編集
もにかさん
そっか、鹿も結構危ないんですね。
そういえば、奈良の鹿もよく車とぶつかってましたね。
で、八つ墓村(笑)
渥美金田一は、ちょっと馴染めませんー。(っていうか全く記憶にない)
ほんと、寅さんミステリーになっちゃいますよね。
この映画の場合、マドンナは小川真由美ですね。
洞窟駆け回るマドンナって、、やっぱ怖い~。
2010.09.30 Thu l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/519-a77abfe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。