上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨日、大阪教育大学名誉教授:竹田契一先生の講演会

 『発達障がいの児童・生徒は

  どこでつまずくのかどう支援するのか』

へ出かけてきた。

(会場の受付のお手伝いを兼ねて講演を聴かせて頂いた)


竹田先生、いま大人気のようで会場は申込者(450名)で満席。

キャンセル待ちまで出る大盛況ぶり。

教師向けの講演会だったので、そのほとんどが学校関係者。


話の内容は、とても分かりやすく面白く、

“寸劇”まで交えて、

「発達障がい」がどんなものかを説明してくれる。


例えば、寸劇の一つを紹介すると、

病院での一シーン。

ドクターとお母さんが会話している隣で、子どもが退屈げに待っている。

そこでお母さんが、子どもに声をかける。

「○○くん、先にいってエレベーターよんどいて!」

すると○○くんは、「うん!わかった!」といって外へ出てエレベーターの前にやってくる。

そこで彼は、エレベーターに向かって声を上げる。

「エレベーター!」

「エ、レ、ベー、ター!!」

「エ、レ、ベー、ターさぁ~ん!」

そこへお母さんがやってくる。

「○○くん!何やってるの!!」


「お母さんがエレベーターよんどいてって言うたから、呼んでたんよ。


というオチなわけ。

「これは、吉本をやっているわけではないんですよ。

 実際にこういった出来事が日常的にあるんですよ。」と先生はおっしゃる。


・発達障がいの子どもは、ことばを字義通りに解釈する。

・ウラの意味がわからない。

・発達障がいの子どもに、「一を言って十を知る」ということは絶対にありえない。



先生の話は、本当に分かりやすくて具体的で、(実際の事件なんかも取り入れて話して下さるので)

“発達障がい”を理解するには、素晴らしい講演であり、素晴らしい先生であると思う。


ただ、私が気になることは、講演を熱心に聴いている先生方のことだ。

“発達障がい”のことを理解しようとしてくださる事は、もちろんうれしい。

でも、間違わないでほしいな、と思うことは、「マニュアル」を作らないでほしいということ。

こういう講演会へ行くたびに感じることは、

「あー、これを聴いて、“発達障がい児への対応の仕方”というマニュアルを作る人がいなければ良いんだけど」

という不安。


そんな、モヤモヤした気持ちを感じながら、

☆いんくる~しぶ・は~つ☆ の Kiyokoさんのブログを覗いたら、

こんなことが書かれてあった。


・・・

子どもがそこにいて、何が必要で、どうすればいいか。
子ども自身が教えてくれる。
周りの子たちも教えてくれる。

子どもからの出発。
答えは子どもの中にある。

インクルーシブ教育
「ともに生き、ともに学ぶ」教育に
マニュアルはない。

・・・


うんうん、そうだよなぁ。

 「子ども自身が教えてくれる」


“発達障がい”を理解してくださることはもちろんとてもうれしいことなのだけれど、

まずは、その子本人を知ろうとしてほしいな、って思う。

「発達障がいの子どもはこうだ。」と、決めてかかるのではなく、

一人一人の子どもから関わり方を探していってほしいな、って思う。

その為の引き出しの一つに、竹田先生の話を加えてもらえることを私としては願います。



最後に、竹田先生はこんなこともおっしゃられていました。


『どんなに良い関わりをしたとしても、

 生徒との関係ができていなかったら、その関わりは上手くはいかない。

 生徒との信頼関係を作ることが一番大切』と。

竹田先生のHPは→こちら
スポンサーサイト
2010.08.26 Thu l おしゃべりMother's l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/507-8ce3b24f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。