上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
日曜日、チチ・ゆうちゃんと三人で、

はなちゃんの映画完成披露試写会へ出かけてきました。

1275298341.jpg


赤坂はなさん 21歳。

彼女とは、、、友達(…というか仲間といった方がいいかな。)

お世話になっている大学の先生のゼミで知り合った不思議な女の子。

彼女は、重度の障害を持っています。

自分で身体を動かすことはできません。

言葉も話せません。

生きるために、必ず介護を必要とする女の子です。

身体を動かすのも会話も困難な彼女ですが、周りの人たちに支えられ、

これまで、地域の小学校・中学校、そして、府立高校の定時制に通ってきました。

現在、グループホームで大勢の仲間に囲まれて生活しています。


そして現在就職活動中。

100社以上の企業訪問を重ねますが、門前払いされたことも多々あったそう。

しかし、周りのみんなの決して諦めない努力から、

京都外国語大学:ジェフ・バーグランド先生の授業に参加することに。

『異文化コミュニケーション』という授業の中で、

彼女は、"非言語コミュニケーション"のゲストティーチャーを務めます。

彼女は、何も言わない、話さない。

だから、向き合ったひと、その人が考えなくちゃならないのです。

いま、はなちゃんはどう感じているのか?どうしたいのか?何を訴えようとしているのか?

ジェフ先生は、こんな風におっしゃっていました。

はなちゃんがいると、人間関係が円滑になるのだ。と。

言葉を発するとき、思ったままの言葉を発しなくなる。

一呼吸置いて(考えて)言葉を発するようになる。

すると、自然と相手に優しくなれるのだ。と。


また、はなちゃんは、千里にある保育園で、スタッフとして週に1度の保育に参加していました。

はじめて、はなちゃんが保育スタッフとして子ども達の前に現れたとき。

その反応は凄まじかったらしい。

「こわい」と言って泣く子。

逃げて号泣する子。

「おばけ」と言う子。

反対に、興味津々で近づく子。

それはもう様々な反応だったらしい。


そこで、先生が子ども達に聞いてみる。

「はなちゃん、こわい?」

   「うん、こわい」

「なんで?なんでこわいの? はなちゃんがなにかした?」

   「ううん、なにもしない」

「じゃあ、なにもしないのに、何でこわいの?」

   「・・・・」

そこから園児たちは、自分で考える。


すると、どんどん園児達が変わっていくのです。

園長先生は、それはもう面白いほど変わっていくのだ、とおっしゃられていました。

そうなると、自然にスタッフ(大人たち)の意識も変わっていきます。

最初は、「はなちゃんに一体何ができるんだろう?」と思っていた保育士たちも、

だんだんと、はなちゃんの存在を認めるようになっていきます。

気がつけば、「はなちゃん」という呼び名が、「はな先生」に、変わっているのです。



 「知らない」ということは、実は一番おそろしいこと。

  そして、無知は何より重罪なのです。



まわりのみんなを巻き込み、関わる人の意識を変えてゆくはなちゃん。

障害があっても分けた教育を受けるのではなく、「ともに学ぶこと」の大切さを教えてくれます。



はなちゃんの生き方は、私にとても勇気をくれます。

こんな生き方もあるんだ、と教えてくれます。

ただ、誰もがはなちゃんのように生きられるとは思いません。

でも、はなちゃんは、はなちゃんの道を歩んでいる。

そう思うと、

ゆうちゃんには、ゆうちゃんの道がきっとあると思えるのです。

「障害があるからといって、道を狭まれることなんてないのよ、あきらめなくていいんだよ。」

はなちゃんは、そう教えてくれているように思うのです。



さて、一緒に参加したゆうちゃんの様子です。

映画と挨拶やトークを合わせて3時間弱あったのですが、

席を立つこともなく声をあげることもなく、しっかりとその場に参加することができました。

ただし、その間中…スケッチブックに絵を描いていたのですが。

今のゆうちゃんは、スケッチブックとペンさえあれば、どんな場所にも参加することができます。

これを得たことは、本当にとても大きいこと。

好きなことがあるって本当に素晴らしいことですね。



「はながゆく」は、DVDも発売されます。

興味をもたれた方は、下記にお問い合わせください。

赤坂はな akahana0218@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
2010.06.17 Thu l 今日のゆうちゃん l COM(10) TB(0) l top ▲

コメント

No title
まずその方のことを知り、そこからお互いの理解が生まれると思います。

知らない、知ろうとしないこは本当に恐ろしいことなんですね。

またゆうちゃんの新作拝見したいです。
2010.06.19 Sat l 天野慎介. URL l 編集
昨日はどもでした^^
2010.06.20 Sun l norihei. URL l 編集
天野さん
いつもありがとうございます!
天野君がおっしゃる通り、
まずは、相手を知ろうとすること。それが一番大事ですよね。
ゆうちゃんの新作。ぜひ、今度みてやってください!
ところで。取材の話。
関西地区では放映されませんよね?
また詳しいこと決まったらUPしてくださいね~。
よろしく!
2010.06.20 Sun l keropaki. URL l 編集
norihei
こちらこそ、ありがとう!
よろしく願いしますe-466
また、帰ったときには連絡するので、遊びにおいでなぁ~!
2010.06.20 Sun l keropaki. URL l 編集
((。´・ω・)。´_ _))ペコッ
(≧∇≦)ノ ハーイ♪
おじさん、おばさんに宜しく(。・ω・)ゞデシ!!
2010.06.24 Thu l norihei. URL l 編集
norihei
はーい、ありがと!
今夜も見てるんかな?e-219
2010.06.26 Sat l keropaki. URL l 編集
「はながゆく。」観ました!
はじめまして。検索で見つけました。
先日「はながゆく。」観てきました。DVDも購入しました。うまく言葉にできませんが、人は誰もが「存在すること」自体に大きな意味があることに気付かされました。
簡単ですが、私も記事にしました。
ぜひ、今後ともよろしくお願いします。
2010.11.10 Wed l まさ(climbmasa). URL l 編集
まささんへ
はじめまして、まささん。
コメントありがとうございます!
そして、はなちゃんの映画と出会って下さった事をとっても嬉しく思います。
<人は誰もが「存在すること」自体に大きな意味がある>
本当にその通りですね。はなちゃんは、いろんなことを教えてくれますね。
早速、まささんのブログにもお邪魔させていただきました。
発達障害に自転車に演劇にフェルデンクライス(これ、興味あります)などなど、
めっちゃパワフルで濃厚なので…^^
これはちょっと腰を据えて拝読させて頂かなければ…。と思っております!
牧口さんとも劇団態変の金さんともお会いさせていただいたことがあります。
まささんとも何だかご縁がありそうですよね?
こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願い致します。
2010.11.11 Thu l keropaki. URL l 編集
再コメ失礼します
お返事ありがとうございます。はなちゃん、そしてはなちゃんに関わる人たちとの出会いから、何か生まれそうな予感がしています。
どこかで縁、、、あるかもしれませんね。ただ、私の「こっちの方面」は10年以上途切れていますので、、、
keropakiさんのブログ、あとでゆっくり読ませていただきますね。
フェルデンクライス教室、メールフォームからご連絡いただければ、日時や場所をお送りさせていただきます。よかったらぜひ。
今後ともよろしくお願いします。
2010.11.11 Thu l まさ(climbmasa). URL l 編集
まささんへ
再コメありがとうございます。
ブログの方にメールさせて頂きました^^
2010.11.12 Fri l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/485-0459809a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。