上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日、友人のブログで、路上で「書」を書いて売っている青年の話を読んだ。

その内容は、

友人のお母さんが、日帰りで訪れた京都・八坂神社辺りで、

お客さんから注文を受けた字を、筆と墨で書いている青年を見つけ、

書いて欲しい字があったのだけれど、時間がなくあきらめて自宅(三重県・伊勢)へ帰られた。

ところが、その4日後に自宅近くの伊勢神宮付近を歩いていると、再び書を売っている青年と再会したのだという。

早速、お母さんは、書いて欲しかった字を彼に書いてもらい、それとは別に彼がこんな言葉を書いてくれたのだそう。



  縁のある者は 遠くからでも訪ねてくる

      縁のない者は 近くにいても通りすぎる



そして、今度は友人も実家へ帰った際に、息子さんを連れて一筆書いてもらってきたのだという。

保育園へ通う元気いっぱいの息子さんに書いてくれた言葉は、



  生き生きと、心躍ること、どんどんやってみよう。

     毎日毎日が宝いっぱいの、素敵な日。

     心に感じるまま 一日一日を楽しんで。




このブログを読みながら、

いいなぁ~~、うちのゆうちゃんにも一筆書いて欲しいなぁ~

なーんて、思っていた。


するとです!


たまたま(ブログとは別の)友達のお誘いを受け、

大阪・桜ノ宮へお花見へ出かけた一昨日のこと。

橋のところで友達と落ち合い、川沿いにサクラをみながら歩いていると、

路上で、「書」を売っている青年がいるではありませんか!!


=あなたを見てインスピレーションで言葉を書きます=


驚いて、おそるおそる彼に声をかけてみた。

「あのぉ…もしかして、伊勢神宮付近にいつもいらっしゃる方ですか?」

突然の声かけに、彼はにっこりと笑いながらも…「え?」と言った顔。

「あ、いや、、私の友人が伊勢神宮付近で言葉を書いてもらったという話を聞いたもので…、

 もしかしたらその方なのかな?と思って…」

と、私が話をすると、

「あ、それは知っている人だけど、私ではありません」とにっこり笑う彼。


なーんだ。そっか、残念…。とは思ったけれど、

せっかくだから、ゆうちゃんに一筆書いてもらえないか?とお願いしてみた。

もちろんOK!!と言って、ゆうちゃんを前に座らせてくれた。

ここに名前を書いてもらえますか?と差し出されたノートに、ひらがなでゆうちゃんが名前を書いた。

そして、

「僕と少しだけ目を合わせてくれないかな?」と言って真正面からゆうちゃんを見る。

目を合わせて…と言われても、なかなかそれが苦手なゆうちゃんなので、

そうだ!とハハは思いつき、

「ゆうちゃん、お兄ちゃんと握手してみて!」と、手を出させてみた。

そうしたら、その一瞬、青年とゆうちゃんの目が合った。

すると彼は筆を持ち、ゆうちゃんの名前をまず大きく書いてその下にこんな言葉を添えてくれた。



   ゆうちゃんのたくさんの想いが

      周りのおおくに 

       愛をのせて

     伝わっているから

    今のままで そのままで 

    心をわくわくさせていこう




ちょっと、涙でそうになった。


もし、また彼に会うことがあったら、今度は私に書いて欲しいな、って思う。

でもそれは、彼の所へ書いてもらいに行くのではなく、どこかで偶然再会したいな、と思う。


そしてなぜだかわからないけれど……きっと会えるような気がするのです。
スポンサーサイト
2010.04.08 Thu l 今日のゆうちゃん l COM(10) TB(0) l top ▲

コメント

No title
ほんとに素敵な言葉ですよ
大阪・桜ノ宮の彼凄いですね
関心しきりでした

言葉って勇気になるし
間違えれば。。傷つき悲しませる
日常やブログ

そして。。今書いてるコメントも
大切に言葉を選ぼうと思いました♪
2010.04.08 Thu l ふかちゃん. URL l 編集
No title
私も時々見かけます。

大阪・京橋にも現れますよ。
たくさんの人が囲んでいるので、すぐ分かります。

年配の人も、若い人もたくさん。


書いてもらった人は、照れくさそうで嬉しそうです。


私はまだ書いてもらったことないなあ。
いつか頼んでみたいです。
2010.04.08 Thu l 木花. URL l 編集
No title
ゆうちゃんへの書
ひとつ ひとつの言葉 
読み進んでいくうち
胸が、っていうのか
胃のあたりに
じーんと
きました
涙でそう
に なったら

次の行に
涙でそう って

なんか
すごいね
2010.04.08 Thu l のんきち. URL l 編集
No title
朝起きて、寝ぼけ眼でブログ読んで、ヒャー!と一気に目が覚めました。
母、良かったね。
あらためて、私も言葉の大切さや力を、すごく感じたよ。

次は母たちの番やね。

2010.04.09 Fri l 豆. URL l 編集
|電柱|・ω・`)ノ ヤァ
縁のある者は 遠くからでも訪ねてくる

      縁のない者は 近くにいても通りすぎる

不景気の今 本当に縁のある人は
この詩の通りだと思います
2010.04.09 Fri l のりへい. URL l 編集
ふかちゃん
大丈夫だよ。
ふかちゃんは、ちゃんと言葉選んでる。
読んでて優しい気持ちになるもん。
ふかちゃんも、今のままでそのままで…ね!
2010.04.09 Fri l keropaki. URL l 編集
木花さん
そうなんですか?
有名な方なんですね!
私が通った時は、誰もいなかったので…
おそるおそる声かけました(笑)
いつか書いてもらいたいですね☆
2010.04.09 Fri l keropaki. URL l 編集
のんきちさま
同じ気持ちになって下さるのんきちさんがいてくださることが、私は本当に幸せ。
いつもありがとうございます。
ゆうちゃんへの書。
本当に「すごい!」って思います。
2010.04.09 Fri l keropaki. URL l 編集
豆ちゃん
でしょー!!ビックリでしょ!!
豆ちゃんのブログを読んでいなかったら通り過ぎていたかもしれません。
ブログはじめてくれてありがとう(笑)
言葉の力って本当に凄いね。
私も↑のふかちゃんのコメントと同じく、
大切に言葉を選ばなくては。って思いました。
路上詩人、すごいね。
2010.04.09 Fri l keropaki. URL l 編集
のりへい
「縁」ってほんっとに不思議だよね。
「景気」ほんっとに何とかならんかねぇ…
2010.04.09 Fri l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/459-47491aef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。