上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
いよいよ公開です。ダレン・シャン!



原作ファン!の私としましては…

映画化を待望しておりました!が、なにやら大コケらしい?というウワサなので…



ぜひとも原作をオススメします!

私個人的には、、ハリポタよりダレンシャン!

ハリーポッターは、(多分、炎のゴブレットあたり)で、なんだか興味を失ってしまったのですが、

ダレンは、最終巻12巻まで止めれませんでした。

特に、最初の 「ダレン・シャンⅠ 奇怪なサーカス」は、思いっきり引き込まれてあっという間!

続きは、発売されるのを待って(…というか友人のお子さんの中学生からお借りして読んでいた

とっても楽しませて頂きました。

「シルク・ド・フリーク」だなんて奇怪なサーカス。興味をそそられませんか?(あ、私だけ?

多分、私が、小中学生の頃に読んでいたらもっとハマっていただろうなぁ~と思われる小説です。

ファンタジーなんだけど、ちょっとダークで。ハリーよりもリアリティがある。

ハリーは、思いっきり空想の世界なんだけど、

ダレンは、「ほんとうにあるかもしれない?」というリアリティがあるのです。

そして、お話の終わらせ方、最終巻「ダレン・シャン XII-運命の息子」が、これまた上手い。

Ⅰ巻からの謎がちゃんと解けるように作られています。


私が読んだのは数年前で、途中の登場人物の中には忘れている人とかいるので(登場人物多いんですよー)

復習の意味で?(大コケだったとしても)映画観てみたいなぁー!と思います。

ミスター・トール役の渡辺謙。どうなんでしょうね~?
スポンサーサイト
2010.03.18 Thu l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/451-fb3b6562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。