上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
とても美しい映画(DVD)を観た。

「イントゥ・ザ・ワイルド」だ。

たまたまチチがレンタルしてきたので、なんの前知識もなく観たのだけれど、、、驚いた。

実話なんだ……  クリス。


この映画は、

原作→ノンフィクション小説「荒野へ (原題:Into The Wild)」 が映画化されたもの。

1992年、アラスカの荒野でクリストファーという青年の死体が発見される。

彼は、なぜたった一人アラスカの荒野で餓死していたのか?

彼の死に興味を持ったジャーナリストで登山家のジョン・クラカワーは、

クリスの足跡をたどり、一冊の本を発表する。

「荒野へ」

裕福な家庭に育った優等生のクリスは、大学を卒業後姿を消す。

全て(本当に何もかも)を捨てて旅立ち、2年間の放浪の果てにアラスカで最期を迎えたのだ。

何がそれほどもまでに、クリスをアラスカへと追い立てたのか?

なぜ、親や社会、世俗を嫌い、人との関わりから徹底的に逃げて、大自然の中に自由を求めたのだろう?


この本に激しく心揺さぶられたという ショーン・ペン が、

10年かけて映画化権を獲得したというのがこの映画『イントゥ・ザ・ワイルド』。

into the wild


ショーン・ペン監督、素晴らしいです。

映像が、とにかくめちゃくちゃ美しい!

景色の美しさもなんだけど、人もまたなんとも美しいのです。

クリスは、旅の途中さまざまな人たちと出会い、影響を与えあう。

それでもクリスは、愛情をむけてくれるすべての人々を振り切って、アラスカへと向かってゆく。

クリスの旅。

それは、ハッキリ言って無謀な旅。

アラスカへ向かうのに、知識は浅く、準備もせず、道具も持たずに、ほとんど精神だけで向かってゆく。

甘いやろ~!と、正直思う。


「アラスカ」と聞いて、私が思い浮かべる人。それは「星野道夫」だ。

大自然の中で自由を感じ、自然に大いなる敬意をはらっていた星野さんでさえ、

一番わかっていたはずのクマに襲われて亡くなられてしまったのです。

自然相手には、ほんのちょっとのミスが命取りとなる。

クリスも同じく、誤って食べた「毒草」によって死に至らしめられることとなる。


彼が最後にノートに残した言葉。

HAPPINES ONLY REAL WHEN SHARED

(幸福が現実となるのはそれを誰かと分かち合ったとき)


全ての関わりから逃げて自由を手に入れたはずのクリスの言葉だからこそ、この言葉は重い。

彼はひとり孤独に死んでしまったけれど、

彼の生は、ジョン・クラカワーとショーン・ペンという二人の手によって、人々の心の中へ運ばれている。

こうして私の所へも運ばれてきた。

なんというか……それが、とても不思議で、すごいな、って思ったのです。



映画の最後の青空がとても印象的。

彼が最後に見たものが、映画のように美しい青空だったらいいのにな、と。

最後に映し出される一枚の写真をみながら、彼の強い精神力と繊細さに心惹かれ…

ジーンといつまでも余韻が残ったのでした。


クリスを演じた、主演のエミール・ハーシュの演技が見事です。

18キロの壮絶な減量を敢行したという…最後のシーンはたまりません。

旅の途中に出会う、皮職人のおじいちゃんの涙はたまらないし、16歳の彼女はとてもステキです。

本当に素晴らしい映画だったので、keropakiオススメです☆
スポンサーサイト
2009.12.16 Wed l 本・アート・音楽・映画 l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

No title
pakiちゃんのおすすめはいつも観たい!!
と、思わせてくれるものばかり。

この映画も見てみたい。

こないだお勧めしてくれた本も。

だいぶ、外に目を向けられるようになってきた
はるっぺママです(*^_^*)
2009.12.17 Thu l はるっぺママ. URL l 編集
人生の中でどんな物語に出会うか。
これは縁ですなぁ~。
でもそれを引き寄せているのは、自分の感性なんよね。
クリスの最後の言葉、まさにその通りと思いました。
2009.12.17 Thu l 豆. URL l 編集
はるっぺママ
なんかわたし…
オススメばっかしてるかもe-330
でもこの映画はぜひ観てほしいなぁ~。
「最悪」もぜひ!(笑)
外に目をむけられるのは、良いことだぁ!!
元気だしてね。
2009.12.17 Thu l keropaki. URL l 編集
豆ちゃん
「縁」
ほんとそうだね~。
この映画を観て「縁」の不思議さをとても感じました。
一生のうちに出会える人も物語もほんの少し。
ひとつひとつ大切にしたいです。
分かち合える幸せに心から感謝したいです。
2009.12.18 Fri l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/416-9cd80c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。