上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
映画「カムイ外伝」を観てきました~。

チケットを3枚頂いたんですよ。「よかったらご家族でどうぞ」と。

…うーん、どうしよう。ゆうちゃんは、映画館へ足を運んでくれるだろうか?

カムイ


せっかく頂いたチケットなので、ダメモトで行ってみることにしたんです。

そうしたら…

意外にも!あっさりと映画館へ入っていき、最後まで観ることができたんです!!

いやもう、みるどころか 真剣に みてたんですよ!!!

よく考えてみれば、「カムイ」は、忍び。

森の中を駆け巡り、スルスルスル~と木に登っていき、木から木へいとも簡単に飛び移っちゃう!

こりゃ、ゆうちゃんくぎ付けのはず(笑)

途中、「海」のシーンがあるんですけどね。

なんと、突然サメまで現れるんですよ!

ちょうど、中だるみしかけた頃に「ジョーズ」が現れてくれるので、ここでもくぎ付け(笑)

   (*ちなみにゆうちゃんは、「ジョーズ2」が大好きです)

いやもう、ゆうちゃんにはもってこい!の映画だったわけです。


ただし!映画自体は、それはもうヒドイもんでした。

脚本も酷ければ、CGは、ありえないくらいヒドイ。

サメなんて、あまりにも違和感あって笑えちゃうほど。


役者さん達はね、みんながんばってたと思います!

特に主役の松山くん。

わたし的には、前傾姿勢の松ケンが好きなので(笑)

見れてよかったのは、カムイの走る姿くらいでしょうか。

それほどヒドイ映画ではありましたが、ゆうちゃんが映画館でフツウに映画を観れたんです。

私たちにとって、こんなに嬉しいことはありません。


映画が終わってホッとして、喜んでいて、ふと思ったんです。

フツウに映画館で映画を観ている人には、私たちのこの嬉しさ、きっと想像もつかないんだろうなぁ~。と。

映画館で映画を観れたことだけで、喜びを感じられる。

こんな私たちって幸せだね、って(笑)

でもそれは、、、苦を知ったからこそ得られたもの。

苦しいことを乗り越えてこなかったら、きっと今の喜びは味わえなかったのだと思う。



私は、まわりの人から 「前向きな人やね」 とよく言われることがあります。

実際に、自分でもプラス思考な人間だとずっと思ってきていました。

でもね。

本当は、あの時のような苦しみは二度と味わいたくない。ってずっと思っているんです。

日々の生活の中で、辛いことや腹が立つことがあっても…

「ゆうちゃんが笑って毎日ごはんを食べてくれる」

それだけで幸せだと思うんです。

あの時以上に、苦しいことなんてないって。 

そして、あの時のような苦しみを味わうことを、心こそ恐れている…。


だから、本当はプラス思考なんかじゃなく、、、究極のマイナス思考なのかもって。


常に、最悪の事態を想定しておく。

例えば今回の映画の場合だったら、こう↓


映画館へ入ってくれないかもしれない、映画館のトイレへ行って帰ることになるかもしれない、

映画の途中で声をあげてしまうかもしれない、嫌がって出ることになるかもしれない、

前後左右の人に迷惑をかけることにならないか?


とにかく、常にありとあらゆる最悪を想定しているのです。

すると、どんな些細なこともプラスに感じることができる。

これって、究極のマイナスから生まれるプラスかも?と。



とゆうわけで、

映画の内容からは、なんにも伝わってきませんでしたが(笑)

色々と考えさせてくれた「カムイ」なのでした。
スポンサーサイト
2009.10.07 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/391-87709985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。