上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
10月2日、ユニクロから +J という新しいブランドが発売されました。

なんじゃそれ?と全く興味の無い方もいらっしゃるかと思いますが、

ユニクロ×ジル・サンダー というすごいコラボなんです。

ファッションデザイナー:JILSANDERを知らなくても、

元プラダのデザイナーであると言えば、どれほど衝撃的なことか想像がつくのではないか、と…。

ユニクロ価格でJILデザインのお洋服が買えちゃうんですから、ありえない企画です

ただし、取扱い店が限られていて、私が住んでいる辺りでは扱っておらず…

さっそくオンラインショップをのぞいてみるとすでに品切れになっている商品も!

おそるべしユニクロですねぇ~。



そんなユニクロのファーストリテイリング。

日本の障害者雇用率ナンバー1の企業であるってこと。ご存知でしょうか。

日本の障害者の法定雇用率は 1.8%。

ナンバー1のユニクロは、7.66%。ダントツの一位なのです。


なぜ、ユニクロがこれほどまでに障害者雇用をすすめていくことになったのか?

その訳を聞いてみると…。

「実際に障害のあるスタッフが働くユニクロの店舗で、サービスが向上するケースが見られた」

という報告から、障害者雇用を進めていくことになったそう。

では、なぜサービスが向上したのか?

それは、障害があるからといって、特別扱いをしたわけではない。

その人に出来ることはなにか?どうすればその人が働く環境を作れるか?を、

スタッフみんなで考えたことが、チームワークの意識を高めることとなり、

そしてその意識は、実際に店舗全体の雰囲気を向上させ、サービスの向上に繋がっていった。

ということなのです。


障害があってもなくても「ともに学ぶ」。

ともに学ぶことで、さまざまな発想が生まれる。

地域の学校で、障害がある子もない子も「みんな一緒に学ぶ」ことと同じことですよね。


我が家のゆうちゃんは学校へいかなくなったけれど、

「障害があってもなくても共に学ぶべきだ」という私の基本的な考えが変ったわけではありません。

「ともに学ぶ」が「ともに働く」に繋がり、、「ともに生きる」ことになってゆく…。

そんな社会を目指したいですよね。

ユニクロに続く企業がもっともっと増えていってくれることを願います!
スポンサーサイト
2009.10.03 Sat l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
ユニクロの7.66%は、CMで知りました。

まさにATARIMAEを実践している企業ですね!
僕も障害に関わる仕事がら、就職についての厳しい話を聞きます。

企業の考えが変われば、社会の変わっていくと思います。

今僕自身できることは、ATARIMAEサポーターになり問題について考え、keropaki さんの様に発信していくことだと思っています。
2009.10.04 Sun l 天野慎介. URL l 編集
天野さんへ
ATARIMAE
そう、天野さんが書いて下さっている通り、
これって「あたりまえのこと」なんですよね。
そして、ATARIMAEサポーターという発想にわたしは感激しました!
天野さんからこうして嬉しいコメントを頂くと、
改めて発信することの大切さ、続けていくことの大事さを感じました。
ありがとうございます。

「変わる」ってとても勇気がいることだと思います。
ATARIMAEがあたりまえの社会になるために、、
変わる勇気を受け入れてくれる、そんな社会であってほしい、
そして私も勇気をもって歩んでいきたい、そう思います。
2009.10.05 Mon l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/389-3d7946bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。