上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
車いすの児童、中学校が入学拒否 「設備がない」

 脳性まひのため車いすで生活する奈良県下市町の女児(12)が地元中学校への進学を希望したところ、
同町教育委員会から「バリアフリーに不備がある。
県立の養護学校に行ってほしい」と入学を拒まれた。
地元小学校に6年間通った女児の両親は4日会見し、
「小学校では運動会も遠足も参加し、健常児と同じ環境で成長した。普通学級に通わせて」
と訴えた。
8日の入学式までに就学できない場合、法的手段を検討するという。

 両親によると、女児は下半身が不自由だが、字も書けて日常会話もでき、
小学校では教師1人と介助員2人がサポートした。
町立下市中学校への入学を希望したが、校長や医師らでつくる町教委の「就学指導委員会」は2月、「県立養護学校が望ましい」と答申した。
町教委の堀光博教育長は、4階建ての同中校舎はエレベーターなどがなく、教科ごとの教室間移動も多いため、
設備の整った養護学校の方が女児の能力を伸ばすのに適している、としている。

 女児が養護学校に通わざるを得なくなった場合、バスで30分程度かかるという。

<asahi.com 2009/4/5(http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200904050008.html?ref=rec)>


車いすの12歳、地元中学に通いたい 町教委は事故懸念

漢字も書ける。水泳もできる。なのに、なぜ——。
今春、地元の公立中学への進学を望んだ奈良県下市町の車いすの女児(12)が
町教育委員会に入学を拒まれ、学校に通えない日々が続いている。
1日にこの中学で上り下りする階段は800段として、町教委は特別支援学校を勧める。
女児を地元小学校に通わせた母親(45)は
「同じように学びたいという思いが彼女を成長させた」と訴える。

■「みんなと同じように」

 8日にあった中学校の入学式に、女児は出席できなかった。
「とても寂しいけれど、いろんな人が応援してくれるのでうれしい」

 脳性まひで生まれた時から手足が不自由。
階段の上り下りやトイレでは介助が必要だが、食事や身の回りのことはたいていできる。
車いすで1人で移動でき、地元の小学校に通って、他の児童と一緒に授業を受けてきた。

 1年生のときは震える字で「1」と書くのがやっとだった。
練習を繰り返し、いまは得意な漢字も早く書けるようになり、
「カリカリという鉛筆の音を聞くのがうれしい」。
夏休みや冬休み、次の学期に習う漢字をすべて覚える。
毎日約2時間のリハビリを欠かさないがんばり屋さんだ。

 お気に入りの小説は「赤毛のアン」。
丸ごと暗記し、どのページからでも最初の1行を聞けば、スラスラと暗唱できる。
体育でも、6年生になると仰向けで25メートル泳げるようになった。

 女児は自宅から車で約30分の奈良県立明日香養護学校(同県明日香村)に籍を置くことになった。
だが、登校しておらず、同校の講師が13日から女児宅で教える予定だ。

 母親は「みんなと同じようになりたいという思いが娘を成長させた」
女児は「小学校時代の友だちと一緒に勉強したい」そう語り、
中学進学をあきらめきれずにいる。県教委に調整役になってもらい、解決の道筋を探っている。

■1日に上り下り800段

 「800段。この中学校で生徒が1日に上り下りする階段の想定段数です。」
下市町教委の堀光博教育長は入学を拒んだ理由をこう説明する。

 女児が入学を望む町内唯一の中学校は71年建設の4階建て。
高台の傾斜地に立つ。正門から校舎玄関への階段が27段あるほか、
校舎から体育館への階段も35段ある。
「理科室」「パソコン室」などの特別教室も多く、移動は小学校より多いという。
階段にスロープはほとんどなく、校舎にエレベーターもない。

 女児は小学校時代、町側が雇用した女性介助員2人と担任教諭に階段の上り下りを手伝ってもらっていた。
しかし、堀教育長は
「思春期になれば体が大きくなる。介助中に足を滑らせて階段から落ちれば、命の危険につながる」と話す。
町教委は事故時の過失責任が問われることを懸念する。
さらに年間約40億円の町予算では、介助員の増員、バリアフリー化の改修工事は難しいという。

 町教委が「一番危険」と説明するのは、校舎から体育館までの階段。
実は迂回路(うかいろ)があり、約3分遅れで着くが、
町教委は「次の授業に間に合わず、保護者が望む同じ教育が実現できない」と説明する。
(高橋友佳理、藤田さつき)

■受け入れ態勢あれば進学可能

 文部科学省によると、障害のある義務教育段階の児童・生徒は全国で約23万人。
その進路は、どのように判断されているのか。

 地元の公立小中学校か、特別支援学校(旧盲・ろう・養護学校)のどちらに進むのが適切かは、
各市町村教委に置かれた就学指導委員会が、保護者の意見も聞きながら審議する。
原則、国が定める障害の程度にあてはまれば特別支援学校に通う。

 しかし、小中学校側の受け入れ態勢が整っていると判断できる場合には、小中学校への進学を認めている。
文科省によると08年度、全国で特別支援学校を勧められた7165人のうち、約5%にあたる374人が小学校への入学がかなった。

 判断を巡って訴訟にまで発展する例がある一方で、埼玉県東松山市のように就学指導委員会を廃止する自治体もある。
「子どもにとって最善の選択をできるのは保護者」と考える市長が提案した。

 国は、公立学校のバリアフリー化の進み具合について調査していない。
文科省はその改修費を3分の1補助する制度を設けているが、過去3年間の申請は161件にとどまっている。
施設助成課の担当者は「限られた財政の中、各自治体は耐震化工事を優先させているとみられる」と話す。(小河雅臣)

 〈大阪市立大・堀智晴教授(障害児教育)の話〉 
障害のある子も、地域の学校で仲間たちと触れ合い、もまれながら学ぶことが大切だ。
中学校側は、教職員や他の生徒たちの負担が増えることに不安を抱いているのだろう。
障害のある子が利用する教室や施設を1階に集めたり、地域ボランティアに小さな段差をなくす大工仕事や介助を手伝ってもらったりして、受け入れる学校が各地で増えている。工夫次第だ。

 〈障害児教育を考える」などの著書がある桜美林大・茂木俊彦教授(障害児心理学)の話〉 
障害の程度などによっては、特別支援学校で専門的な教育をする方が、
その子の自立につながることもあり得る。
しかし、奈良のケースは、勉強も水泳もがんばっており、行政が受け入れ態勢づくりに努めるのが筋だ。
財政的に町だけでバリアフリー化が難しいなら、県に支援してもらうなどの方策を考えるべきだろう。

<asahi.com2009/4/17(
http://www.asahi.com/edu/news/OSK200904110113.html)>



先日、「報道特集NEXT」という番組でも特集が放送されましたので、

ご覧になられた方がいらっしゃるかもしれませんが…。

この問題について。

みなさん、どう感じられますか?

多分、それぞれ全く違った意見があると思います。

「学校は、バリアフルな場所である」ということが見えてくるし、

「設備がないから」といって拒否するのはおかしい!と、思う人がたくさんいると思います。

(記事を読む限り、そう煽っていますし…)


ただ、それは第三者的意見であって、直接的に学校側の立場となった場合、

「設備がない」この学校で、車イスの女児を受け入れることができますか?

(実際に、『介助』をやっている人なら、その大変さを訴える人もいるでしょう)

そして、本当に(善意から)「養護学校の方が手厚く教育が受けれるのに!」と思う人もいると思います。


反対に、もし自分の子どもに障害があったなら…

みんなと一緒に地元の中学へ通う方が良いと思いますか?

支援学校へ通う方が、その子にあった教育を受けることが出来て良いと思いますか?

もし、入学を拒否されたらどうしますか?


いかがでしょうか?

出来れば…「自分だったらどうするだろう?」と想像してみてほしいのです。



私もこれまで、ゆうちゃんの進学ついては、随分悩んできました。

中学進学を前に 
進路 というハハの思い"を書きましたが、

小学校へ入学の時は、就学指導委員会の方に、養護学校を勧められましたし、

中学進学については、ゆうちゃんの現在の学校(肢体不自由児の支援学校)ではなく、

(知的の支援学校)への進学を勧められました。

小学校就学の時も、中学へ進学の時も、就学指導委員会の方、小学校の先生、中学校の先生と何度も話し合い、

ゆうちゃんにとって一番良い場所はどこだろう?とみんなで考え、最終的には、私達が希望する学校へ進学することが出来ました。

ただ、「ゆうちゃんの進路」とは言うけれど、その道を選ばせているのは「親」。

親がどういう姿勢を示すかで、その子の道が決まっていくことはあきらか。


このニュースを知って、

女児がいまも自宅で入学できる日を待っている…というのがとても気になりました。

小学校6年間地域の学校へ通ったのなら、中学進学のことはもっと早い時点から予測できたはず。

なぜ、どこへも入学できない(しない)状況になってしまったのか?

それは、本当にその子のために最善だったのか?


自分自身を振り返り、子どもにとって「良かれ」と思っている選択は本当にそれで良いのか?

今一度、考えてみようと思わせてくれるニュースだったのでした。
スポンサーサイト
2009.04.22 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
実際 受け入れる学校側としては、どうなんやろう。。
自分が親の立場やったら、どう動くんやろう。。
色々問題提議される記事ですね。

公的場所である学校がバリアフルな現状って、
日本はまだまだ遅れてるって事ですね。
2009.04.27 Mon l ばお. URL l 編集
ばおちゃん
そう、悲しいことにまだまだ日本は遅れているんです。
せめて、心はバリアフリーでありたい、あってほしいと願います。
2009.04.28 Tue l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/352-61534b4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。