上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今年もまた桜の季節がやってきましたね

早いもので、ゆうちゃんが中学校へ進学して、季節がひと巡り。


4月1日。

朝刊の府教委異動記事をチェックすることから開放されて…

こんなに心穏やかに迎えられるとは。


今年度も変らず、ゆうちゃんの訪問を担当して下さる先生は、

先日、3学期終業式の日に、学期末恒例となったコンサートを開いてくださいました

今回は、高等部の訪問担当の先生も参加してくださり…

ピアノ・ギター・クラリネット・うた(高等部の先生は声楽の先生なのです)と、

これまた素晴らしい演奏を聴かせて下さいました。


通知表を受け取りながら、先生方と過ぎてきた一年に思いを巡らしました。

訪問教育が決まり、最初に我が家に来てくださった先生は、

ゆうちゃんをはじめて見た印象を、やはり「とてもしんどそうだった」とおっしゃっていました。

当時は、ご飯を食べれるようになってはいたものの、体重は、まだ20キロ台。

「虚弱」といっても過言ではない状態だったんですよね。


それから、ゆうちゃんの担任:N先生がやってきてくださり、生活が少しずつ変化していきました。


1学期。

先生と一緒に「朝ごはん」を食べるところから始まりました。

だんだんと、先生がきてくださるのを「まつ」ようになり、順調に夏休みをむかえました。

2学期。

生活のリズムができ、先生とのやり取りに少し「慣れ」が見え始めました。

先生の方にも、「もっと何かできる!」「何かをしなくちゃ!」という思いが見え始め、

そういう思いを敏感に感じ取るゆうちゃんは…なんと

先生の授業をボイコットしました(笑)

先生が来ている時間(2時間の間)その殆んどをトイレの中から出てこなかったのです(笑)

そんな時に、ちょうど実家へ出かけ、ちょっとさみしい親離れという記事のようなことになり、

一週間実家で過ごし、結果として、先生から逃げることとなりました(笑)


そうして気分転換をして帰ってきたゆうちゃんは、

気持ち新たに!先生と授業が出来るようになったのです。


そうしてむかえた3学期は…。

「勉強する」という意識がしっかりとしてきました。

写真のように↓

文字

現在、「もじ」を練習中。

小学校時代は、何度もプリントやドリルで練習していた「ひらがな」です。

小学校時代のプリントやドリルを見せると、嫌がって全くみようとしなかったので、

先生がオリジナルで作って下さいました。

(「あ」から順番に、詩を考えて下さる先生!凄いですっっ!!)

先生のお手本を見て、模写します。(↑)

そして、ひらがなを読み上げて、書かせてみると、(↓)

50音

3~4文字ほど、わからなくてカンニングしましたが、

「ひらがな」は、ほぼ、読み書きが出来るようになりました

続きは、二年生へ持ち越しです。


少しずつ少しずつだけれど、確実に、一歩一歩前進しています。

ボイコットなんて事も出来たんですから!(笑)

あっぱれゆうちゃんです

いつもゆうちゃんの気持ちに寄り添って下さる先生に心から感謝しながら…

これからも、あせらずいそがず、ゆうちゃんのペースで進んでいきたいと思います。
スポンサーサイト
2009.04.01 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/348-1133d46d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。