上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
文庫本が出ていたので、購入しちゃいました。

「意味がなければスイングはない」 村上春樹

ImigaNakerebaSwingHaNai1.jpg

春樹さんが、作家になる前はジャズ喫茶を経営されていた。というのは有名な話ですが、

本格的に音楽エッセイを書かれたのは、これがはじめて。

クラシック・ジャズ・ロック…それぞれ11人のアーチストをとりあげ、

それはそれは、鋭く、深く…

もしかしたら、アーチスト本人でさえ気づいてない所まで分析?解析?している一冊なのです。

音楽音痴の私にとって、名前さえも聞いたことがないアーチストがほとんどなのですが

この本を、(図書館で借りて読んだのに)わざわざ文庫を買ってしまう理由には…

この中に 「スガシカオの柔らかなカオス」 という章があるからなのです。

春樹さんが唯一聴くJポップが、スガシカオであるのです。


(…と、ここでちょっと説明が必要なのですが。)


何を隠そう…私は、スガシカオのファン。

スガマニアなのでございます(笑)


これまでブログには書いてきませんでしたが、

ブログパーツを貼っつけていたり、時々歌詞を引用したりしておりましたので、

お気づきの方(いや、それ以前にご存の方も)多々いらっしゃると思うのですが…。

「意味がなければ~」文庫を(勝手に)記念して、カミングアウトしてみようと思ったのです(笑)


村上春樹の小説のファンであり、スガシカオの音楽のファンである私にとって…

お二人が相思相愛であることは、嬉しいこと限りなく。

読んでいるだけで、なんだかワクワクしてくるのです。

そして、なぜ自分がこんなにスガマニアになってしまったのか?

この本を読んでちょっとだけ分かったように思うのです。


春樹さんの言葉を借りれば…


ヤクの売人がカスタマーに注射を打っておいてから、

「どや、お兄ちゃん、良かったやろ?クーっとくるやろ? また今度お金もっておいで」

となるような…(笑)

一種の麻薬的効果に及ぼされ、中毒になってしまった。というわけなのです。


スガシカオと聞いて夜空ノムコウしか思い浮かばない方は、ぜひ他の曲を(できればアルバムで)聴いて頂きたい!

その暗さと閉塞感にきっと驚かれるはず。

じめじめ、べたべた、ヒリヒリ、ぴりぴり、

うす皮をはがすような痛みと気持ちよさ。

どこにでもあるなんでもない日常の一片。

スガシカオを聴いていると、「感触」が伝わってくるのです。

妙なリアリティーがあって、「ドキドキしちゃう」…いや、ゾクゾクしちゃう…。

そうやって中毒になっていった訳なのです。(笑)



ちなみに、春樹さんの小説「アフターダーク」の中には、

スガシカオの曲「バクダン・ジュース」が登場しています。

(「デニーズ」でなく、「セブンイレブン」の店内で天井のスピーカーから)

そして、一番好きな曲は 「ぬれた靴」 だそう。

なれないスーツと ひどいドシャ降りで
なんだか疲れきってしまった

式の帰り道で 誰かがいいだして うすぐらい中華屋に入った

"ねぇ 最近仕事はうまくいってるの?"
うまくいってやしないけど

ぬれた靴の中が かわいてしまうまで
ぼくらはどうでもいい 言葉をつないだ

通りに面した ガラス窓がくもって ぼんやりと世界を隠した

昨日の夜も 去年の今頃も 似たような話をしていたかも…



というわけで。

スガシカオの章だけを取り上げてしまいましたが

その他、ブルース・スプリングティーン、シューベルト、ブライアン・ウィルソン などなど、

読んでいると、その音楽をとっても聴いてみたくなってしまいます。

今からでもおそくはない… 

 そう、最近思うのです。

 (何でも「おそい」ってことはないのだと。思い立った時がその時であるのだと。)

いろんなジャンルの音楽をもっと深く聴いてみたいなぁ~。と思わせてくれる一冊なのでした。
スポンサーサイト
2009.01.27 Tue l 本・アート・音楽・映画 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
こんにちは。初めてコメントします。
単行本もっています。普段日本の曲には殆ど縁がない私、でもこの本をよんでスガシカオをきくようになりました。
『村上ソングズ』はお読みになりましたか?こちらもいいですよ、和田誠さんのイラストとともに。
2009.01.30 Fri l monica. URL l 編集
No title
初コメ!ありがとうございます v-238
monicaさんもハルキストだったんですね~
思い返せば…
あの頃って、そんな話したこと無かったですよね?
「村上ソングズ」読んでません。
今度読んでみます!
ちなみに私は…羊男が登場する二作が大好きです!
2009.01.31 Sat l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/331-ec88f8bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。