上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
アメリカでは誰もが読んだ事があるという作品。

原作:ロアルド・ダールの「チョコレート工場の秘密」   この秋一番に観たかった映画です♪

20050914214800.jpg


ジョニー・デップ扮するチョコレート工場のウォンカ氏


ウォンカ製品の板チョコに入っているゴールデンチケットを手に入れた
5人の子ども達だけがチョコレート工場を特別に見学できる!
そして、その5人の中から特別な一人が選ばれる。
特別な一人にプレゼントされるものとは?
誰も見たことがないチョコレート工場の中は?


といったファンタジーです。(以下ネタバレあり)


とにかくジョニー・デップが最高!魅力炸裂です!!

天才的チョコレートオタクのチョコ男!(笑)を見事に素敵に演じています。

話の中には、かなりブラックな部分もあって、ちょっと笑えないだろ?

みたいな所もあるのですが・・

基本的には、『家族愛』 が大きなテーマだと思います。

招待された5人のうち、チャーリーは、あり得ない程貧乏な家庭なんだけど

両親・両親のおじいちゃん&おばあちゃん達と愛情いっぱいの暮らしをしています。

(あとの4人は、裕福な家庭に育っているけど大切な部分が欠けてしまっているかなり小憎らしい子ども達)

そんなチャーリーと話すうちに、父親にコンプレックスをもつウォンカ氏の姿が見えてきます。

原作には、ウォンカ氏の父親は出てこないそうですが、

父親は歯科医。虫歯の根源のチョコを絶対に食べさせてもらえなかった反動から家出をして

チョコレート工場を作るに至る・・という話なのですが。


実は、私も小さい頃、チョコを食べさせて貰えなかったんです。

同じく「虫歯になるから!」とチョコは隠されていたようなんです(^^;)

そして・・初めて食べたのは小学生位の時かなぁ・・

「うわぁーなんて苦い!」
って思ったのを覚えています。

ウォンカ氏とは反対に、チョコを美味しいと全く思えなかった私はそれからずっとチョコ嫌いでした。

まっ「チョコが嫌い」って言っても、有難がられる事はあっても

「食べなさい!」って怒られるような事はなかったので良かったんですけどね(笑)

でも!やっとほんの2年位前
生チョコの美味しさを知り、チョコが食べれるようになったのです。

生チョコは、スーパーで売ってる板チョコとは全然違いますもんね(^^;)

初めて食べたのが生チョコだったら、めちゃめちゃ好きになってたのかなぁ?




・・・とすっかり脱線しましたが。

この映画には、ウォンカ氏と並び圧倒的存在感で登場するウンパ・ルンパという小人達がいます。

これがまたサイコーヽ(^0^)ノ

荒井注みたいな顔?のウンパ・ルンパは、男も女もみんな同じ顔(笑)

ある時は、ビートルズ風に・・クィーン風に・・と踊りだすのが

めちゃくちゃ楽しい♪ 一緒に踊りたくなっちゃいます(^^;)


そして最後は、何よりも大切なのは『家族』である事を教えてくれてホロリとできる映画です。

出来ればこんな映画。子どもの頃に見たかったなーって思いました。

色々な過去の映画のオマージュもあって大人も子どもも楽しめる映画だと思います!

ジョニー・デップだけでも・・・いやいやウンパ・ルンパだけでも観る価値あると思いまーす(笑)














スポンサーサイト
2005.09.14 Wed l 本・アート・音楽・映画 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

えぇ~、もう観たの?
相変わらず早いなぁ。私も観る予定ですが、キキが観たいと言ってるので休日に観ることになるかな。だから吹替え版になっちゃう。(ToT)
これはディズニーチャンネルで昔の「チャーリーとチョコレート工場」をキキが見ていて好きになったからなのよ。古くてもおもしろかったよ。

私的にはティム・バートン監督とジョニー・デップのコンビってのは見逃せないわけで。
早く観たいよぉ~!
2005.09.15 Thu l ゆーふ. URL l 編集
ゆーふさんへ。
うん!もう観たよー!!
だってめっちゃ観たかったんやもんヽ(^0^)ノ

ホントに良かったで。ジョニー・デップ。
ぜひキキちゃんと一緒に観て欲しい。
で、キキちゃんの感想も聞きたいなぁ・・
2005.09.15 Thu l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/31-8b9e0a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。