上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「天国の特別な子ども」  エドナ・マシミラ

会議が開かれました
地球からはるか遠くで。
〃また次の赤ちゃん誕生の時間ですよ〃
天においでになる神様に向って
天使たちは言いました。
この子は特別の赤ちゃんで
たくさんの愛情が必要でしょう。
この子の成長は
とてもゆっくりに見えるかもしれません。
もしかして
一人前になれないかもしれません。
だから
この子は下界で出会う人々に
とくに気をつけてもらわなければならないのです。
もしかして
この子の思うことは
中々わかってもらえないかもしれません。
何をやっても
うまくいかないかもしれません。
ですから私たちは
この子がどこに生まれるか
注意深く選ばなければならないのです。
この子の生涯が
しあわせなものとなるように
どうぞ神様
この子のためにすばらしい両親をさがしてあげて下さい。
神様のために特別な任務をひきうけてくれるような両親を。
その二人は
すぐには気がつかないかもしれません。
彼ら二人が自分たちに求められている特別な役割を。
けれども
天から授けられたこの子によって
ますます強い信仰と
豊かな愛をいだくようになることでしょう。
やがて二人は
自分たちに与えられた特別の
神の思召しをさとるようになるでしょう。
神からおくられたこの子を育てることによって。
柔和でおだやかなこの尊い授かりものこそ
天から授かった特別な子どもなのです




ニュースを読んで、久しぶりにこの詩を思い出しました。


昨夜のニュースから…

9歳男児、車内で熱中症死亡 大阪、舟券場で親とはぐれ
<7月13日23時12分配信 産経新聞>


13日午後5時35分ごろ、大阪市港区港晴の駐車場で、
乗用車の中で男児が死亡しているのを車の所有者の男性が発見し、110番通報した。
港署の調べでは、男児は大東市諸福の会社員(50)の長男(9)で、
この日午前に大阪市北区の競艇場外発売場で行方がわからなくなり、両親が探していたという。

長男は助手席に座った状態で発見され、着衣の乱れや外傷はなく、乗用車のドアは施錠されていた。
同署は長男が鍵の開いていた助手席に自分で乗って施錠し、そのまま熱中症で死亡した可能性があるとみて、14日に司法解剖して詳しい死因を調べる。

調べでは、長男はこの日午前10時20分ごろ、父親と一緒に大阪市北区堂山町の競艇場外発売場「ボートピア梅田」に出かけた後、父親とはぐれた。
館内の防犯カメラには、長男が1人でエレベーターに乗り、出入り口を走って出て行く様子が映っていたという。

長男は養護学校に通っており、自閉症気味で、過去にも両親とはぐれて行方不明になったことがあったという。
現場は父親の勤務先と近く、同署は長男が記憶をたよりに現場にたどりついたとみて、足取りを調べている。

この日は全国各地で35度以上の「猛暑日」を記録するなど、400人近くが熱中症の症状で病院に搬送された。




…とても悲しいです。

どうか、どうか、二度とこんな悲しいことが起こらないことを願います。
スポンサーサイト
2008.07.14 Mon l お料理・その他 l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

すごく悲しい事件だね。なにが悲しいって自分の家の車の中で
亡くなっていたという事。しかも熱中症で・・・
この親御さんは、子供がいなくなってすぐに車に戻っているのではと
思わなかったのでしょうか?いなくなってから発見するまでの間、
けっこうな時間が過ぎてますよね・・・記事を読むだけでは一概に
言えませんが、子供が車を止めた場所をとうてい判っているはずも
ないと思い込んでいるふしが見受けられます。それがとても悲しいです。keropakiさんが何故最初にこの詩を書いたのか私にはよく解かり
ます。
2008.07.15 Tue l かずきのママM. URL l 編集
もう一度読み返したら。自分の家の車ではなかったようですね。
でもこの子は早く帰りたかったのかも知れませんね。
私も気を引き締めて子供を育てていこうと思います。
2008.07.15 Tue l かずきのママM. URL l 編集
かずきのママMさんへ。

私も、この子は家に帰りたかったんじゃないだろうか、と思いました。
どんなイキサツで、父親と一緒に競艇場外発売場へ行ったのかは分かりません。
でも、過去にもはぐれた事があるのなら、なぜ目を離したんだろう…。と思うのです。

>keropakiさんが何故最初にこの詩を書いたのか私にはよく解かり
ます。

解ってもらえてすごく嬉しいです!!
(いや、かずきのママならきっと解ってくれると思ってました!^^)
こんな悲しい事件。二度と起こって欲しくないです。
2008.07.15 Tue l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/286-f01cddf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。