上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
佐村河内 守さんの自伝を読みました。

佐村河内


「佐村河内 守」という名前は聞いた事がなくても…

鬼武者というPS2のゲームをご存知の方はたくさんいるはず。

(ゲーム音痴の私でさえ知っていたくらいですから!)


佐村河内さんは、鬼武者の音楽:交響組曲『ライジング・サン』の作曲者。

そして 全聾 なのです。


この本との出会いは、佐村河内さんのインタビュー記事を読んだ事から。

そこに書かれてあったのは、


「僕は何も乗り越えていない。 僕のような境遇にいる人達には、

     同じように苦しみ続けている姿しか励ましにならない。」


この一行に、ものすごく惹かれました。

この人の事を知ってみたい!って思いました。

安直に、全聾の作曲者って、まるでベートーヴェンみたい!などという言葉で、

この人の事を表現してはいけないような…そんな気持ちになりました。


そして、読み始めた「交響曲第一番」には、壮絶な人生が書かれてありました。



4歳でピアノをはじめ、母親からピアノのスパルタ教育を受けて育ち…

10歳の時に、「自分は何が好きなのか」を突きつめて考え導き出した答えが、

「交響曲をやりたい!」 「交響曲を書く!」 だったのです。

(たった10歳で。ですよっ!!!)


そこから彼は、ひたすら「交響曲第一番」に向けて、歩み始めるのです。

音大に進むことを頑なに拒み、独学で音楽を学び続け、上京。

しかし、音大を出ていない彼には、苦難の道が待ち受けていました。

それに加えて、被爆二世である彼に襲いかかるすさまじい偏頭痛の発作。

弟の突然の事故死。

耳鳴り。

その耳鳴りは、軽度→中度→重度 と、どんどん重くなっていき、

35歳で全聾となってからも、耳鳴りはやむことはなく、その苦しみに発狂し、精神をも侵されていきます。


彼にあるものは、ただ一つ「音楽」のみ。

耳で聞こえなくても、彼の頭の中では、絶対音感で演奏が聴けるのです。


全聾でも作曲が出来るのか?


それを自分自身でテストするために、

幼少の頃から親しんできたベートヴェンの「月光」のメロディを頭の中で流し、

その旋律を五線紙に記譜していき、完成後に本物の楽譜と照らし合わせ一音のミスがない事を確認し、

「音が聞こえなくても作曲を続けられる」と確信し涙した…と書かれてありました。

しかし、そうして出来上がった《交響組曲 ライジング・サン》の製作発表の当日。

自作の劇伴音楽が一流のプロの楽団によるオーケストラで演奏される…何より待ち望んだその日。

自分だけがその音楽を聴けないことに直面するのです。

わかっていたこととは言え、目の前での聴こえない生演奏のステージ。

それは、彼に耐え難い絶望感を与えるのでした。


作曲家人生のリタイアを決意した彼ですが、

全聾になって初めて、自分が音楽だけに生き過ぎてきた事に気づくのです。

音楽以外に何も出来ない。

でも自分には、絶対音感があり、全聾になってもなお運よく作曲できる--。

「耳がきこえなくなったからこそ、音楽しかなくなった」 という痛烈な逆説に思い至るのです。

しかし、

容赦なく襲う耳鳴りに加えて、酷使した指は動かなくなり、とうとうピアノも弾けなくなってしまいます。

精神をも侵され、二度の自殺を図った彼ですが、ある不思議な少女の出会いに助けられるのです。



最後に、彼はこう書いておられます。


「人は光の中にいると、小さな光は見つかりにくいものです。

 だから次から次により強い光を求めてしまいます。

 人は闇に堕ちて初めて、小さな光に気づくのでしょう。」


「真実は闇の中にこそ隠されている--。

 宝物は決して光の中でなく、闇の中にこそ巧みに隠されているように。」


《交響組曲 ライジング・サン》 聴いてみたいと思います。
スポンサーサイト
2008.04.15 Tue l 本・アート・音楽・映画 l COM(13) TB(0) l top ▲

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.04.17 Thu l . l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.04.17 Thu l . l 編集
あきママさんへ。

コメントありがごうございます!
感想。お待ちしております☆
2008.04.19 Sat l keropaki. URL l 編集
『真実は、闇の中にこそ隠されている・・・』
鳥肌がたちますね~
交響曲第一番読みたいと思います!!

2008.04.21 Mon l 電車の母. URL l 編集
電車の母さんへ。

ぜひ!!読んで下さいね☆
2008.04.22 Tue l keropaki. URL l 編集
佐村河内守さんの本の途中経過
凄い感動中

素晴らしい人です

ああ・・・
2008.04.24 Thu l あきママ. URL l 編集
あきママさんへ。

はやっ!
途中経過ありがとうございますっ
私は、この本に出会えた事に、心から感謝しています。
2008.04.24 Thu l keropaki. URL l 編集
いよいよ世界へ
交響曲第一番世界初演!
8月14日
京都コンサートホールにて
指揮:秋山和慶
演奏:京都市交響楽団
演目:佐村河内守《交響曲第一番》全曲演奏・世界初演(1時間20分)

広島交響楽団により抜粋版として演奏され聴衆より大称賛を浴び、続く東京交響楽団による同じく抜粋版演奏でも、聴衆を熱狂の嵐に巻き込んだ希代の天才作曲家佐村河内守。
演奏会後の読売新聞には〔演奏が終わると、地鳴りのような拍手が10分間も続いた〕とありました。


また、『音楽現代』6月号では〔・・・管弦楽を熟知し精緻に構築する技術には非凡な才がある・・・演奏終了後の熱狂的な大ブラボーと拍手は、評論家の一文よりも確かな聴衆の総意だ〕現代音楽評論家:西耕一

そして遂に世紀の天才の大交響曲が全曲世界初演される!

信じられない喜びです。
2010.07.02 Fri l ゆーゆ. URL l 編集
ゆーゆ様
はじめまして。
コメントを頂きありがとうございます!
いよいよ全楽章が聴けるのですね!
とても楽しみにしています。
そして是非たくさんの方に「交響曲第1番」を聴いてほしいな、って思います。
ブログでも告知させて頂きます!
2010.07.03 Sat l keropaki. URL l 編集
マエストロの秘められた恋の曲
こんばんは(__)
私ピアノやってるから天才作曲家のピアノ曲に異様に興味を持ってるんです。
《ピアノ・ソナタ第一番》はどうやら邪悪な曲みたいだからあんまし興味なしなんですが、以前から《ジ・エターナル》は献呈者無しやタイトルイメージからか、マエストロの秘められた恋の曲との噂が高いですよね!恋の曲というくらいだから、きっと調性で書かれた綺麗な曲だと思う。
あぁ佐村河内守《ジ・エターナル》聴いてみたいお(T_T)
でも、安心してください。交響曲第一番、世界初演のチケットはすでにエラートさんで購入済みなのだー(^^)
2010.07.07 Wed l 麻里菜. URL l 編集
麻里菜様
はじめまして。
コメントを頂きありがごうございます!
佐村河内さんの曲のこと、色々ご存知なので驚きました!
私は、音楽のことはほんとに無知なのでe-330
こうしてコメント頂けるのはとても嬉しいです。
ありがとうございます。
京都のチケットは、既に購入済みとのこと!
一緒に歴史的瞬間に立会いましょうね!!
2010.07.07 Wed l keropaki. URL l 編集
映画『ベートーヴェン不滅の恋』
>麻里菜さま
“マエストロの秘められた恋”ですか?
まるで映画『ベートーヴェン不滅の恋』(めちゃくちゃ泣けましたネ)ベートーヴェンの本当の恋人はいったい誰なのか?!ラストシーンは涙無しでは観られませんでした(T_T)
しかーし、我らがマエストロ佐村河内守は恋や愛の曲を書かないことで有名(残念)。
普通クラシックの作曲家って、むしろ愛の曲ばっかり書いてるっていうのに・・・・
闇のマエストロの救いの光という意味で、愛の曲でも書いてくれないかしら(無理そうネw)
2010.07.26 Mon l スミ子. URL l 編集
恋じゃないけど発見!!!
今週号の『女性自身』をご覧下さい。
佐村河内守の7ページにもおよぶ大特集が掲載されています。

その中の最新情報としつ[現在は、佐村河内作品としては初となる愛をテーマにした曲→弦楽四重奏曲第2番《AKAI-TSUKI》を作曲中]とのこと!!!

ギャー!私も音楽の神の愛の曲、聴いてみたいーー!!!
2010.07.31 Sat l ナナ. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/269-a5966af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。