上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ゆうちゃんの無事の卒業を祝って、「おめでとう」をたくさん頂きました。

ありがとうございますm(_ _)m


植樹の時の写真を探しながら…アルバムを開いていると、この頃の日々が思い出されてきました。

幼少の頃のゆうちゃんは、毎日、家の近くにある大きな木を眺めに行く事が日課で、

一本の木を飽きずに1時間も2時間も眺めていました。

2~3歳の頃と言えば、いわゆる「公園デビュー」の時期で、

(そういえば、「公園デビュー」って言葉、聞かなくなりましたよねぇ?死語?)

私も他のお母さん達となんら変わりは無く、同世代の子ども達と遊ばせたくて、

子ども達が遊んでいる公園を探して出かける毎日を送っていました。

でも、ゆうちゃんは、どこへ行っても他の子ども達と交わる様子は全くなく、

ただひたすら歩き回り、公園から出て行こうとするだけ。

結局は、お気に入りの「木」の所へたどり着き、ずっと木を眺めているのです。


私自身、この頃から、ゆうちゃんが「他の子ども達とは何かが違う」コトを感じ始めていました。

1歳半検診で「発達相談の必要あり」と言われ、療育へ通う事を勧められましたし、

「自閉症」と書かれた本に、手を伸ばし始めたりもしました。


でも、自閉症に関する本を読めば読むほど不安になるばかりで。

早期発見・早期療育が必要だとか…。

保健師さんには、早くに集団生活をさせたほうが良いと勧められ…。

仕方なく行ってみた療育教室では、泣いて嫌がるばかりのゆうちゃん。


何もかもが私の中で違っていて…。

なぜ生まれて来てたった2年や3年の子どもに、療育が必要なのか?

どうしても納得がいかなくて。

本来、子どもは、自然の中で育ち、「快」の経験をいっぱいさせてやる事が大事だと思っていたし、

自分の子どもを標準化された型に押し込めたくない。とも思っていたので、

ゆうちゃんが他の子ども達と違っているから。といって、嫌がる事を無理矢理させなければいけない事に

とても疑問を感じていました。

周りの人の意見を聞かない頑固なハハ。のように見えていたかもしれないけれど…

今となっては、「絶対に譲れないもの」…が私の中にあったような気がします。


そんな時。勇気を与えてくれたのが星野道夫でした。




アラスカ


森へ





「たくさんのふしぎ傑作集」シリーズで出版されていた「アラスカ探検記」と「森へ」という本。

ゆうちゃんに見せたくて買ってきたのですが、その中の一節に勇気をもらったのです。



アラスカの深い冬山に、カリブーの写真を撮るためにセスナ機から降り立ち、

「ひと月したら迎えにくるよ」というパイロットの声を最後に、

たった一人取り残された時に星野さんが感じられた気持ちです。


「気の遠くなるような大自然の中に僕だけが取り残されました。

寂しい気持ちもありました。これから一ヶ月、人に会う事はないのです。

けれど大きく深呼吸をすると、叫びだしたいような自由を感じました」



とても衝撃的でした。

私は、「叫びだしたいような自由」を感じた事があるだろうか?

大自然を恐れることなく、自由を感じる星野さんへの憧れの気持ちが益々強まったのです。


木を何時間も眺めているゆうちゃんって…

もしかしたら、星野道夫と同じように大自然の中で自由を感じるコトができるのかもしれない。

そう思うと、

ひたすら木を眺めるゆうちゃんがとても素敵に見えたのです。


ゆうちゃんが今持っているものを壊したくない。

ゆうちゃんが持つ感性をこのまま壊さずに大切に育てていきたい。


そんな風に強く思うようになったのは、この本との出会いがあったからだと思うのです。



「A Small, Good Thing」

ささやかだけれど、役に立つこと。


多分、私は、こうしたちょっとした誰かの言葉や、人との出会いに励まされてやってきたんだと思う。

星野道夫の一節も、日常生活の中でのちょっとした出会い。

ほんの小さなことが、心を満たしてくれたり救ってくれたりする事ってありますよね。

出会いに気づくコトができる感性と、出会えた事に感謝できる心。

そんな人間でありたい…。

久しぶりにゆうちゃんの幼少の頃のアルバムを開き、星野道夫の本を読み返して…

そんな事を思ったのでした。

スポンサーサイト
2008.03.31 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

とてもとても いい はなしですねえ。
2008.04.02 Wed l MITUDADESU. URL l 編集
MITUDAさんへ。

コメントありがとうございます!

そうそう、先日の帰路。
いつの間にやら?いらっしゃらないので、
どうされたのかと思ってたんですよー!
2008.04.02 Wed l keropaki. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.04.02 Wed l . l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.04.03 Thu l . l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/265-54f59f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。