上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ユージン


↑こんな写真展へ行ってきました。

マン・レイ

エドワード・ウエストン

ウイン・バロック

アンセル・アダムス

アービング・ベン

エルンスト・ハース

ロバート・メイプルソープ

ウイリアム・クライン

ロバート・キャパ

アンドレ・ケルテス

ヘルムート・ニュートン

アンディ・ウォーホール

ルイス・ハイン

W.ユージン・スミス

以上、14名。 

写真のことを知らない人でも、一人くらいは名前を聞いたことがあるのでは?と言った、

まさに写真界のスーパースター達の写真がずらりと並んだ展覧会。

(そのほとんどは清里フォトアートミュージアム収蔵のものでした)


とりあえずの私のお目当ては、キャパだったんですが。

戦場の「崩れ落ちる兵士」は、有名すぎるほど有名で。

案の定、ココが一番人だかりになっていました。

人だかりを割って入る気になれず…

ま、キャパは他でも見たことがあるので、今回は、他の写真家に集中して観ることにしました。


これだけたくさんの(しかもあらゆる種類の)写真家の写真を観ると、

自分の好み・嗜好みたいなもの?がなんとなく見えてくるんですよね。

もちろん、感じ方は、その時々の自分自身によっても違うのですが。


たくさんある中で、今回足が止まってしまったのは、「エドワード・ウエストン」と「ウイン・バロック」でした。


ウエストンの写真は、私が好きな写真家と写真が似ていることにビックリして。

そっか、誰しも最初からオリジナルが確立されているのではない。

何らかの、誰かからの、影響ナシには作られていかないものだよなぁ~と妙に納得。


たくさんの写真を一気にみているうちに、

なぜか?私の中で、ウエストンとバロックの写真がごっちゃになってて…。

家に帰り、ウエストンとバロックのことが知りたくてネットで検索していると、

バロックは、ある時期にウエストンと出会い決定的な影響を受けたという事を知り、またビックリ。

私の中で、全てが繋がっている事に、ちょっと不思議な感じがしました。


そして、この二人とは別格として…もう一人。

チケットになっている写真「楽園へのあゆみ」のユージン・スミス。

彼は、太平洋戦争から1970年代にかけて活躍したアメリカの報道写真家ですが、

日本では「水俣病」を撮影した報道写真家として知られています。

ユージンは、「水俣病」を取材するために、ニューヨークから水俣に移り住み、

水俣の悲劇と患者さんたちの戦いを世界に伝え衝撃と感動を与えました。

暴漢に襲われながらも、亡くなるまで水俣の写真を取り続けた…というユージン。

やっぱり、ユージンの写真は、ものすごく人を惹きつけるものがありました。

「楽園へのあゆみ」は、目に焼き付いちゃいますね。


「20世紀の巨匠たち」は、大丸ミュージアム(大阪梅田店)で3月17日まで開催です。

機会があれば足を運んでみると…心に響く一枚が見つかるかも?
スポンサーサイト
2008.02.27 Wed l 本・アート・音楽・映画 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

足跡ヘ( ゜ρ゜)┌θペタッw

なんか芸術家みたいやな~

すばらしい おかんやわ(。-`ω´-)ンー
2008.03.02 Sun l のりへい. URL l 編集
のりへいへ。

足跡ありがとぉ~e-68

すばらしいやなんて!
そんな褒めてもナンもでーへんでぇー(笑)
2008.03.03 Mon l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/258-caa0cffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。