上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
堀先生から頂いたコメント。

ぜひ皆さんに読んで頂きたいので、改めて載せますね。



「自分の人生、誰のもの?」

どの人も自分の人生を他人から決められたくない。

しかし、自分の人生を自由に生きたいと思っていてもそうはなかなかいきませんね。

それが現実です。

しかし、なかなか自分の望むような人生を生きていくことができないからこそ

また少しでも自分の人生を生きていきたい、そうも考えます。

これまで障害があると「障害のある人の人生」を生きざるを得な状況がきつくあったと思います。

今もそうですね。親もそう考えざるを得なかったと思います。

しかし、そうありたくないですね。

厳しい現実が壁として立ちはだかっているけれどだけどあきらめたくないですね。

自分は自分だから、可能な限り自分の人生を生きていきたいですよね。

これは障害のあるなしにかかわらずそうだと思います。

人間の数だけその人に人生があるのだと思います。

だからこのことをめぐって、この世ではいろんなドラマが日々くりひろげられているわけですね。

ゆうちゃんはどんな人生を生きたいと願っているのだろうか。

それはゆうちゃんに聞くしかないですね。

彼は自分の行動を通してそれを訴えていると思うし、これからもそうしていくと思います。

可能な限りまわりの人はそれを尊重したいと思います。

そして彼も私達も、

<<お互いにそれぞれの人生を支え合っていけるような関係>>

が少しでもできていけばいいですね。

生きていてよかった、と思える瞬間が少しでもあればいいですね。
スポンサーサイト
2007.12.01 Sat l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

ありますよ
人って そんなに弱くなくて 時に弱さを見せるもの

ゆうちゃんは必ずゆうちゃんの世界を見つけて羽ばたきます

心配は親だからもちろんのこと

期待を持たないと・・・d(`ω´*)ねっ!
2007.12.03 Mon l のりへい. URL l 編集
のりへいへ。

いつもありがとう!
元気出ます☆
のりへいってホント変わったよねぇ~。
…っていうか。知らなかっただけなのかもね?


2007.12.03 Mon l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/234-34fbff44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。