上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
『カシオペアの丘で』の後、続けて読んでしまいました。

20071009221525.jpg


『流星ワゴン』重松清

38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢った。
僕らは、友達になれるだろうか?
死んじゃってもいいかなあ、もう……。
38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。
そして自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。

読みながら思い浮かんだのは…映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

タイムマシンに乗ってタイムスリップ。

若い頃の両親と出会い…

母親に一目ぼれされたマーティは、父と母が結婚しないと歴史を変えてしまう事になって、

自分の存在が消えてしまうことを知り、必死になって二人をくっつける…ってお話ですよね。


バック~と流星ワゴンの大きな違いは、過去を変えても現在は何も変わらないという所。

人生のターニングポイントに戻った主人公。

家庭崩壊前に戻り、何とか「変えよう」とするんだけど…

現在は、何一つ変えられないのです。

ただ、変えることは出来なくても、知らなかった事を「知る」事で、

自分自身は、変わる事が出来る。

「現在」は変えれなくても、自分が変われば「未来」は変えられる…。

勇気を持てば、いつでもやり直す事は出来る。

まずは、自分が変わる所から始めるんだ!

と、ちょっと勇気をもらえる小説でした。




私的には…カシオペアよりこっちの方がすきですね~☆


ただ、この小説「母親の物語」が全く描かれていません。

思いっきり「父と息子」のお話なのです。

登場する女性達…

テレクラに通っている妻。

健太くんの死後、再婚していてたお母さん。

父親(チュウさん)の妻

この人達の心情が全く描かれてない所がちょっと残念なのであります。

せっかくならこの小説。

「冷静と情熱のあいだ」のように、女性視点の物語をもう一冊作ったら面白いだろ~なぁ~

なんて思ったりしたのでした。

Rossoは、『魂萌え!』の桐野夏生さんが描くと面白い!と思いません??



スポンサーサイト
2007.10.10 Wed l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/219-d7e9a9f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。