上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨夜のSPドラマ『マラソン』は、観られましたでしょうか?

かなり評判が良いみたいですが…皆さんはどう感じられましたか?


内容は、韓国映画『マラソン』に比べると…ダメダメでしたね(笑)

日本でドラマや映画を作ると…

どうして、いちいちベタな説明付きになっちゃうんでしょうかね~?


韓国映画『マラソン』のように…

「自閉症」を説明するのではなく、

もっと自然に、一人の自閉症の人の物語として描けないのだろうか?

と思ってしまいました。

何度も何度も出てくる「自閉症って○○なんです」みたいなのはいらないから、

お父さんとの繋がりみたいなもの(唯一ジーンときたシーンです)

をもっと描いて欲しかったなぁ~と思いました。


まっ、そうは言っても…

ニノの演技は、良かったです!

『僕の歩く道』の草なぎ君に比べれば、雲泥の差!!

ドラマの中では、嵐のニノの姿が消えていましたよね。

ニノではなく、彰太郎君になってる!と思いました。

ただ、韓国映画「マラソン」のチョ・スンウ氏と比べれば、まだまだですけどね。

いや、スンウ君の演技がどれだけ凄いか。改めて感じてしまいました。




あと…
これは、余談?なのですが…


実は、ゆうちゃん。「ニノに似てるね~」って言われる事があるんですww

いくら親ばかの私でも…

さすがに、ニノに似ているとは…ちと、あつかましいよなぁ~(笑)と思ってました。


でも! ドラマを観ながら…彰太郎君を見ていると…

ちょっと似てるんですよね~(笑)

_(^^;)ツ アハハ 親ばかでスミマセン!!


なので…このドラマは、何となくゆうちゃんの大きくなった姿を想像しながら観てしまったのでした。


スポンサーサイト
2007.09.21 Fri l 今日のゆうちゃん l COM(8) TB(0) l top ▲

コメント

同感です
コメントありがとう~!
期待していただけに拍子抜けでしたね。
同じ日に韓国映画版を観てしまっているので余計につくりの雑さが目立ちました。
作りの甘さにイライラしたし、作り手は何を伝えたかったのか?と思いました。
映画版は監督の主人公や主人公の家族に対する愛情が感じられる映画でした。
変に映画版の真似だけしてる場面がいきなり出てきてつながりがないし、わけわかんなかった。
二宮君のいい演技も台無しって感じで残念でしたね。
あぁ、語りだすとキリがない!
2007.09.21 Fri l ゆーふ. URL l 編集
ゆーふさん!
ほんまにダメダメやったなぁ~。
おっしゃる通り“愛”が感じられなかった…。

雨のシーン。
動物園で手を離してしまうシーン。
地下鉄のシーン。
おならのシーン。
弟の葛藤。

どれもこれもに愛情が溢れてたのに…
どうして、こんな作品になっちゃうんやろね?

口直しにもう一回映画みるわぁ~☆
2007.09.21 Fri l keropaki. URL l 編集
みんな、同じ意見やなぁ~
ドラマ観終ってから親の会のMさんと思わず電話で
語ってしまったんだけど、ゆーふさん、keropakiさんと
同じこと、ワタシ達も言ってました(汗)

なんかつくりが雑で、やたら田中美佐子に
『自閉症は。。。』と説明させてるのが
一番気になってしまったんです。
自閉症児の母親はあんなふうに子供ことを説明しないですよね。
『うちの子は。。。』って子供自身の説明の仕方をしますよね。

ただ単にヒョンジン君の紹介か?!
って、Mさんと意見がまとまりました(爆)

やはり、『演技の神様に愛でられた俳優=スンウ君』には
誰もかないません。

あ、ニノはいい線いってたと思う。
もっと脚本が良かったらニノの演技力がもっと生かされたんじゃないかなぁ。
2007.09.21 Fri l はるっぺママ. URL l 編集
はるっぺママへ。

そっか~やっぱり他の人も同じ感想なのね!
ヒョンジン君の紹介って事なら納得できるかぁ~(笑)

まぁ~ニノが演じたことで、ジャニーズファンがたくさん観たと思うので…
それはそれで良かったんだろうけど。。。
あぁ~でも、あれほど良い映画のリメイクなのに…
もったいないよねぇ~
2007.09.22 Sat l keropaki. URL l 編集
日本はまだまだ、障害全般の知識普及が乏しい・・・
というのか、関心がない人があまりにも多い
自分に関係ない、他人事のように扱う
生理的に受け付けないならそれはそれでいい。
心情まで拘束する権利はないのですから
ただ、私は、社会にいる一人ひとりが「感じ方」を知って欲しいと思います。
2007.10.20 Sat l まぁあ☆. URL l 編集
まぁあ☆さんへ。

読んで下さってありがとう!!!

まぁあさんが、
「ゆうちゃんはゆうちゃんらしく何かを感じとって、考え、行動しているのがわかるような気がします 」
と書いて下さってるように、私も、ゆうちゃんはゆうちゃんらしく感じたままに、考え行動しているんだと思っています。
そして私は、そんなゆうちゃんの持つ素敵な感性を、大切に壊さずに育てて生きたいと強く思っています。

ココに書いて下さっているように、世間は関心がない人ばかり…
というか、みんな自分の事で精一杯で、自分の事しか考えられない人が多いような気がします。

ゆうちゃんと過ごして、ゆうちゃんの目を通して物事を見るようになった私は、色々な物が違って見えてくるようになりました。
人間として豊かになれた。と思っています。

社会にいる一人ひとりが感じ方を知って欲しい…
本当にそうですよね。
「感じ方」を知ることでとても豊かになれるのにね。

たくさんのコメントありがとうございます!
これからも気づかれた事や感じられた事教えて頂けたら嬉しいです!
今後ともよろしくお願いしますw






2007.10.20 Sat l keropaki. URL l 編集
自閉症を描く映画「海洋天堂」の紹介
keropakiさん、はじめまして。

古い記事へのコメントで申し訳ないのですが、「マラソン」と同じように、自閉症を題材とした映画を紹介します。


中国のアクションスター、ジェット・リーが、アクションを封印して自閉症の息子との情愛を演じる映画「海洋天堂」(原題)が現在中国・香港・台湾で公開されています。

こちらの公式特集サイト(中国語)では、「海洋天堂」のシーンや出演者の写真などを見ることができます。
http://yule.sohu.com/s2010/oceanheaven/

予告編動画(英語字幕付き)
http://www.youtube.com/watch?v=F6MGxP2_oi8

日本語の紹介記事
『自閉症の映画「海洋天堂」』
http://hlywd.dtiblog.com/blog-entry-2006.html

この映画の音楽担当は、久石譲さんだそうです。医学監修には日本人も関わっているそうです。


しかし、この映画は娯楽作ではないので興行的に不安があり、日本での公開は難しいかもしれないそうです。

そこで、この映画の日本公開を目指して『ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!』というプロジェクトが始まったそうです。以下URLはこのプロジェクトのサイトです。
http://oceanheaven.amaterasuan.com/
ネット署名の代わりとして、BBSでメッセージを募っています。たくさんのメッセージが集まれば、日本公開につながります。もしよろしければ、ご協力をお願いします。



以下は、「海洋天堂」のストーリーです。(いろいろな日本語のサイトの情報を集めたものなので、実際の内容と違う箇所があるかもしれません)


水族館に勤める王心誠(ジェット・リー)は、妻を亡くして以来、自閉症の息子の大福を男手ひとつで育ててきました。

大福は海で泳いだり、水中の生物と触れ合うのが好きでした。

大福が22歳になり、心誠は将来の息子の自立について考えていました。

そんな中、心誠が末期がんに侵されていることがわかり…
2010.07.15 Thu l まっぴ. URL l 編集
まっぴ様
はじめまして!
コメントを下さりありがとうございます。
早速、書いて下さっているサイトを見てまわりました。
「海洋天堂」予告編を見ていると、韓国映画「マラソン」を思い出し胸が熱くなりました。
音楽担当:久石譲というのもとても気になります。ぜひ!この映画観たいです!!
日本での公開を強く望みます。
ブログの記事にも書いて、たくさんの方に知ってもらえるよう私も協力させて頂きますね。
素敵な映画の情報ありがとうございました!
2010.07.16 Fri l keropaki. URL l 編集

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/215-a6d1db75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。