上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
何も食べようとしないゆうちゃんに、

お願いだから何か口に入れて!と祈るような気持ちで、必死に色々な物を用意しました。

大好物だったブルーベリーにカレーに焼きソバ。イチゴショートやら鮭ごはん…

とにかく色んなものを勧めてみるのですが、どれも食べようとしません。


ところが!!です。


何を思ったか?突然「せんべい」を手にしたんです。

そして、そのせんべいを舐め始めたのです。  

最初の二日間は、食べる…というまではいかず、せんべいの表面を舐めるだけ。

そして三日目には、かじるようになりました。

かじって→吐き出すを何度も繰りかえし、やっと少しだけ飲み込めるようになっていきました。

すると、今度は、たまたま実家の母が買ってきたチョコレートを手に取ったんです。

えっ???

ゆうちゃん。チョコ食べるの??とビックリ!!!

実は、私もゆうちゃんもチョコ嫌い(><) ゆうちゃんがチョコを手に取るなんて全くの想定外。

それがなんと!チョコを食べたのです!!

その日から、せんべいを舐めてかじってチョコを食べる…という生活が始まりました。

他の物を勧めてみても全部拒否。

約2週間の間、点滴・ポカリ・せんべい&チョコの生活が続いたのでした。


この時の事を振り返ると実に不思議です。


それは、ゆうちゃんは無意識に(イヤ、意識しているのかもしれないけど)

どれもが、ちゃんと理にかなった事をやっているからです。

絶食した後、突然食事はできません。

だから、ゆうちゃんは、せんべいを舐める→かじる という方法で、食べるリハビリをしていたんだと思います。

そして何より、嫌いだったはずのチョコを食べた事。
(後に、他の物が食べれるようになってからチョコは一切食べません)

チョコといえば…高カロリーで高脂肪。

そして、古代より『神様の食べ物』と言われ、特別で神聖なものであったらしい。

雪山に持っていったりすることでも知られる優秀な非常食です。

なので、この非常時に、ゆうちゃんがチョコを選んで食べた事は素晴らしい選択なのです。


身体に必要な物を本能的に感じとって生きているんだなぁ…と、

ゆうちゃんの持つ生きる力に、とても感動させられたのでした。









スポンサーサイト
2007.01.10 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/170-d23e5461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。