上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲



映画『デスノート』を観ました♪

原作は、コミック12冊分という長~いお話。

特に、この漫画はめちゃくちゃ文字数が多くて(^^;)一冊読むのに、普通の漫画の倍はかかります!!

(『タッチ』やったら三冊は読めるで。って感じ(笑))

映画化したら、やたらとセリフが長くて、きっとライトの一人芝居みたいに、

ブツブツ独り言言ってるシーンが多いのかなぁ?とか思ってたら・・

そこは、詩織ちゃんという原作にない「ライトの彼女」って存在を作る事でわかりやすくなってた。

そして、私が一番楽しみにしていたライトの「藤原竜也」。

一応良かったんだけど、、今回は、Lの「松山ケンイチ」の勝ち!ですね。

『L』 もう、それはコミックから抜け出てきたかのよう!!

携帯を持つ手なんかサイコーです☆


特に気になった、ライトのマイナスポイント。

それは・・・字が下手すぎぃーー!!

あの字はあかんやろ┐('~`;)┌

藤原くん・・・役作りと一緒にペン習字もやって欲しかったデス。


そして、この映画のもう一つの楽しみといえば・・・死神リューク。

CGはめっちゃ上手く出来てました!

ただ、リュークの「にんげんっておもしれぇ~」っていう、

あの、ムセキニーンな感じの面白さがキャラとしてイマイチ表現されてなかったのが残念な感じ。

その辺りは後編に期待かな。


この長い話のどこまでを映画化するのかなぁ?

と思ってみていると、どうも、Lとキラの対決で終わってしまう感じですね。


一点、どうも理解が出来なかったのが、

最後の「南空ナオミ」とのシーンで、ペンを出そうとしたライト。

デスノートにナオミと詩織の名前を書き込んであったのなら、

何であのシーンでペンを出す必要があったんだろ???

・・・と、まぁ色々と突っ込みどころ満載のデスノートですが、

後編も楽しみにしてまぁ~す♪






スポンサーサイト
2006.07.05 Wed l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://keropaki.blog16.fc2.com/tb.php/156-2fcb4d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。