上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
Boyhood.jpg

映画 『6才のボクが大人になるまで』 観てきました。

一言で説明するなら、『北の国から』 米・映画版。

メイソン君の6才から18才までの成長を、12年かけて、同じ役者さんたちで撮影された映画です。

ca5bd390f5c3637c4f0e4256893c2752.jpg

6才だった少年の、背が伸び、髪が伸び、声が変わり、ひげが生え、身体的にも精神的にも成長し変化していく姿。

大きな事件が起こるわけでもない、どこにでもいる普通の男の子の成長を描いた映画。

でもね、観ていると、成長するのは子どもだけじゃない、大人だって変化していく(老いていく)ってことを目の当たりにさせられ…。

そのあたりが、なかなかリアルで残酷でした。

ちょっと思ったんだけど、この映画の原題って「BOY HOOD」だから、

イーサン・ホーク演ずる父親に焦点あてて観てもいいんじゃないのかなぁ~と。

お父さんの成長物語でもある。いつまでも少年ではいられない。


それにしても、

たった2時間45分で、違和感を一つも感じることなく、いつの間にか12年の月日が流れるなんて。

凄いと思いませんか?

さりげなく写り込ませてあるゲーム機「X-BOX」やら「Wii」やら。

あるいは、「ハリーポッターの新刊発売イベント」なんかで時代を映す。

そんな風に、とても淡々と時は過ぎていくのです。

あえていえば、じゅん君が語ることもなく、泣き所が作られているわけでもないので、「北の国から」みたいな重い感じが無い。

だからこそ、観る人によってグッとくるシーンが、それぞれにあるような気がします。

私は、やはりメイソン君の姿にゆうちゃんを重ねてみたり。

ただ、メイソン君が巣立ってゆくシーンで、

「私の人生は何だったんだ、あとは葬式だけじゃないか」と嘆く母親の姿を見て、

私に、こんな日は来るのだろうか?と思ったりしました。


『一瞬は、とらえるものではなく、

時間が、私たちをとらえるのだ。』

最後の言葉が、この映画の全てを語っているのだと思いました。
スポンサーサイト
2015.01.28 Wed l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲
ドラマが始まりましたね~、流星ワゴン。

原作良かったので、ドラマやって大丈夫か?と心配しながら見たんですが、

予想外に良くて、ぐっと引き込まれてしまいました。

香川照之のちゅうさん、濃いですねー凄いですねー。(もちろん良い意味で!


「流星ワゴン」の好きなところは、

過去に戻ったからといって、変えたいと思う過去を変えることはできない。

起こった出来事自体を変えることはできないんです。

でも、物事への意識が変わり、見方が変われば、現在の自分が変わる。

見えていなかったこと、気づかないふりをしてきたこと、

それらに気づくことで自分の中での何かが変わる。(イラショナル・ビリーフの粉砕!^^)

現在の大変な状況には変わりはないのだけれど、確実に、見える世界は違っている。

きっとだいじょうぶ、と思える自分がいる。

原作読んでそう感じたことだけを覚えています。(内容は結構忘れてるんやけど(^^;


1.17から20年。

まだゆうちゃんは生まれていませんでした。

あの日から20年。

あちこちで震災のことが取り上げられていましたが、

私は、ある方が書かれていた言葉がぐっと心にきました。

『新聞に載ってるようなキレイに切り取られた話ではなく、一人ひとりがざらざらした思いを抱えて生きている…』

ちょっと鼻がつーんとくるくらいに。


新聞や報道を見ていると、

「人を助けられる人になりたい。なってほしい。」

「困っている人がいたら手を差し伸べられるような大人に。」

そんな言葉をたくさん見ました。

もちろんそれは大事なことかもしません。

でも最近思うのは、「困ったときは、助けを求められる人になる」

もしかしたら、そっちの方が大事なことなんじゃないかな、と、思ったりしています。

2015.01.20 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
昨年からロールケーキにはまっていて。

週一ペースで焼いていたら、いい加減飽きられていたんですが。(^^;

でも、どうしても思うように焼けなくて、満足いくものが焼きたくて!

今年に入り、一発目に焼いたのがやっと成功!!イエイ!

中味は、りんごのコンポート。

うまくいったので写真あーっぷ!^^




やらなくちゃいけないことが目の前に迫っているんだけれど、

ついついケーキ焼いたり小説に手を出してしまったり、ネットをぼーっとみたりしていたら、

こんなグッドニュースを発見。

http://www.shinchosha.co.jp/murakamisannotokoro

ee6b326fbc33ba33c2dda795e4fa3582.png

あぁ、もう、気持ちは村上さんのところ。笑

よせばいいのに、昔の本まで出してきちゃった。



とりあえず、質問考えますっ!!



2015.01.09 Fri l 本・アート・音楽・映画 l COM(4) TB(0) l top ▲
2015年って、そうかー!

あの『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』 の未来やったんや!

…と知り、

何だかちょっとワクワク‼︎

空飛ぶ車はまだないけれど、

ヒモが勝手に締まる靴は、実現されているのだとか。

履いてみたい!とは、あんまり思わないけど。見てみたい。笑


2015年って、響きが未来っぼくてSFっぽいなって感じていたのは、刷り込まれていたからか?

そんな2015の始まりは、知らない人から突然声をかけられたり、

知らない人から年賀状が届いていたり、となんだか不思議な始まり。

年賀状は、全然思い当たらなくて、誰だかさっぱりわからなくて、今、全力で考え中!(^◇^;)

突然声ををかけられたのは、スーパー内にあるマクドで、

チチとゆうちゃんから離れ、食品売り場へ行こうとしているところで、

「あの~突然すみません」と声をかけられ、何?って思ったら、

「失礼ですが、お子さん、摂食障害ですか?」

と訊かれ話をしてみると、

その方のお子さんも摂食障害らしく、
ゆうちゃんが食べる姿を見て、声をかけて下さったのです。

ゆうちゃんは、相変わらず飲み込めないので、噛むだけで吐き出します。

他人から見たら、汚いと思われているだろうなーと思っていたので、

気にかけて声をかけて下さる方がいるなんて、ちょっと嬉しくなりました。

そして、違いはあれど同じ境遇で苦しんでいる人がいるというのも、とても励みになりました。


まぁ、マクドは、噛むだけで飲み込まないというのは大正解ですよね。

飲み込まないゆうちゃんを偉い!とさえ思います!笑



あのころの未来に僕らは立っているのかなぁ~。

全てが思うほどうまくいかないけれど、、

何かを信じてやっていこうと思います(^-^)/

2015.01.06 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲

伊奘諾神宮にて。

新年あけましておめでとうございます。

2015年もよろしくお願い致します。


まずは、ご報告しなくちゃ!ですよね。

(はよ更新してやー。とのメイルありがとう。笑)

大晦日の夜行ってきましたのは、こんな場所でした。



井岡一翔!高山勝成!リゴンドー!天笠尚!大阪・ボディメーカーコロシアムにて行われる「2014年ボクシング大晦日決戦」

はい、ボクシング観戦でした♪♪


さかのぼること約二週間前。

TVでフィギュアスケートを見ながら、一度でいいから、羽生くんや真央ちゃんの滑りを生で見てみたいもんやね、なんて会話をしながら、

ふと、

フィギュアもいいけど、ボクシングとかプロレスってのも一度見に行って見たいわー。

なんてことをつぶやいたんです。

その二日後のこと。

忘年会で呑んだくれているはず?のチチから着信。

ん?どうしたんやろ?と電話に出ると、

「あのさ、ちょっと凄いで。どうする?」

って、いやあの、主語が無いんですけど?
何が凄いんよ?どうするってなにを?

「今さ、ジャンケン大会で大晦日のボクシングのチケット勝ち取ってん。」

うっそん!!そんなことあるんや!

で、ところでチケットって何枚なん?

「3枚!」

うひょー!凄い!素晴らしい!笑

という訳で。突然の大晦日ボクシング観戦が決まったのでした。

なんでしょうこのミラクル。笑

ハハは大喜びですが、はたしてゆうちゃんは、どんな反応をするのか?

ドキドキしながら行ってきました。

争い事や荒っぽいことが苦手なゆうちゃんなので、

「やめて」て言われるかな「かえる」て言われるかな、との心配をしていたのですが、

意外や意外 。めっちゃ観てるやん‼︎

嫌がるどころか、最後の予備試合まで見て帰ってきました!


なんでもそうですが、やはりTVで見るのと生で見るのとは全く別物ですね。

まず会場に漂う緊張感。雰囲気に高揚します。

見るもの全てが知らないことばかり。

入場って、あんな風にするんやーとか。

ジムの人達が、あんな場所で掛け声をかけるんやー。とか。

セコンドの声が響くし、

ラスト10秒を知らせるカチカチって音があんなに大きな音なんやーとか。

なにより、実況のやかましい声がないのが良い。

とにかく、見るもの全てが新鮮で、ドキドキしっぱなしでした。

最後まで見終わり、会場を後にしたので、カウントダウンは車の中。

紅白のサザンに、やったー!と拍手し、

聖子ちゃんに、なんでフツウに歌わんのや?と、文句を言い、

年が明けました。笑

そして今年は、『ラッスンゴレライ』やな‼︎と。笑


怪我なく、体調崩すことなく、親子三人笑顔で迎えられた2015年。

幸せな一年のはじまりに感謝。

みなさま、本年もどうぞよろしくお願い致します。


2015.01.03 Sat l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。