上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
注文の多い料理店、じゃなくて注文書。



なにこれ!うわぁ~面白いっ!!

ちょっと変わった一冊です。本好きにはたまらないかも。


まず、小川洋子さんが、マニアックな短編小説を元に、「注文書」を書きます。

例えば、「貧乏な叔母さんを探してください」と。

なぜ探してほしいかということを、これまたマニアックに切々と語ります。

そして、クラフト・エヴィング商會さんがそれに応えます。

「納品書」これがまた上手いんです。

受け取った納品書に、小川さんが「受領書」を書く、というやり取り。

取り上げられている小説は以下の5つ。

Case 1: <人体欠視症治療薬> 川端康成の未完作「たんぽぽ」より

Case 2: <バナナフィッシュの耳石> サリンジャーの「バナナフィッシュにうってつけの日」より

Case 3: <貧乏な叔母さん> 村上春樹の「貧乏な叔母さんの話」より

Case 4: < 肺に咲く睡蓮> ボリス・ヴィアンの「うたかたの日々」より

Case 5: <冥土の落丁> 内田百間の「冥土」より


私が読んだことのある小説は、2と3のみだったのですが、

読んだことない小説でも内容がなんとなくわかるようになっていて、実にうまく出来ています。

いや、でも、小説を知っている方が間違いなく楽しいはずなので…。

1 4 5 もさっそく読もうと図書館へ。笑


何が凄いかって、やはり小川洋子さんの想像力です。

一つの小説からこんな広がりが生まれるなんて。さすがです。

で、私もちょっと「注文書」を書きたくなったり。笑

私がお願いしたいのは、安部公房の「賭」です。

あの建築家に我が家の設計図をお願いしたいです。

一階のリビングと二階の子供部屋は、隣同士に。

そして、キッチンからは全室が必ず見渡せるように。

お願いできないでしょうか?クラフト・エヴィング商會さま。


私信: Tせんせい、おススメです(^^♪
スポンサーサイト
2014.10.30 Thu l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲
日曜日、先週たどり着けなかった太地町へ♪



博物館には、イルカ・クジラのあれこれ、捕鯨のあれこれなど、興味深いものがたくさんあったのですが、

ゆうちゃんと一緒では、全くゆっくり見れず><。




ま、目的は、クジラとイルカに会うことなので、さっそく屋外へ!

わぁおw めちゃくちゃ可愛い!!




こっちがイルカで、


こっちがクジラ。

本当は、クジラの背びれにつかまって泳ぐ体験をしたいのですが、

ゆうちゃんは興味がない様子。気持ちは、駐車場。

あぁぁやっぱり、クジラよりノアですか、と。(泣)

でも、せーーっかく来たんだから!!もうちょっともうちょっとクジラさんと触れ合おうよ~と必死に引っ張るハハ。

「ねね、今度来るときは、三人でクジラと泳ごうよー」と、ひとりコーフンしているハハに、

「俺はええわー」 というチチ。

「えー?なんでー!クジラと泳げるんやで!」 と驚くと、

「いやぁ~俺引っ張ってもらって、クジラ大丈夫やろか?」と、自分の体重を考えクジラを心配するチチ。笑

なので、

「体の大きさに合わせて、デカいクジラ用意してくれはるんちゃう?」笑 というと、

「そんなデカいクジラこわいわっ!!」と大笑い。

ま、そんなあほな会話をしながら、駐車場にNOAHが止まっていないのを確認し、

博物館の前にある食堂へ。


クジラ肉を食べるか食べないか?

いろいろと問題になっていますが。

私がクジラと聞いて思い出すのは、なんといっても小学生の時の給食のメニュー

くじら肉のノルウェー風

これ、唯一好きなおかずだったんですよ。

食堂で、「くじらの串揚げ」と「くじら丼」を食べてみましたが、





ノルウェー風とは程遠かった…。

あのノルウェー風をもう一度…。

でも、どこがノルウェー風だったんでしょーかね?
2014.10.26 Sun l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
『悪童日記』『ふたりの証拠』『第三の嘘』



三部作読了。

第三の嘘

双子が別れるところで『悪童日記』
が終わり、
えーっ!となって、その続きが読めるものだと思い『ふたりの証拠』を手に取ると、

肩透かしを食らう。

悪童日記を読んでいるときから、実は双子は、双子ではなくて、一人ではないのか?との疑問が浮かんでいて。

的中かと思いきや、『ふたりの証拠』で二人の名が明かされる。リュカとクラウス。

時系列はバラバラ。虚構なのか現実なのか?日記はすべて嘘なのか?リュカとクラウスは同一人物なのか?

頭の中のこんがらがり方がはんぱない。笑

だからこそ余計にその先が、何が本当なのかが知りたくて、『第三の嘘』を手に取る。

いったい何が?どれが?現実なのだろう?


人は、耐えられない現実に直面したとき、現実逃避をする。

別の人格を作り出したり、物語を作ったりしてそこへ逃げ込む。

でもこの小説は、解離性同一障害の話ではない。


第三の嘘で明かされる現実。

強烈な孤独と執着。

愛を求めて求めて、それが得られないことはこんなにも孤独なのか。

「列車、いい考えだな。」 で終わる衝撃のラスト。

こんな結末、悲しすぎる。

絶望的なのに、どこかホッとしている自分がいて…。

ふと思い出したのが、中村文則さんがどこかで書いてた言葉。

「絶望的なものを把握しようとすることは、 それだけで希望に繋がる…。」

納得。




2014.10.23 Thu l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲
日曜日、和歌山県の串本まで遊びに行ってきました。



串本海中公園で、グラスボートに乗り、水族館に入り…


(海中展望塔)


(グラスボートの中)


ヒョウ柄のウミヘビや、


ドット柄のくらげに喜んでいたのは、ハハだけで。(^^;

超特急で水族館を見て回ったゆうちゃんが行った先は、、ここ。



さて、いったい何の上に立っていると思います?


写真の左の端にある駐車場の誘導台?の上です。

ここで何をしているのかといいますと、

駐車場に止まっている、トヨタ車の「NOAH」 を見ること。

ここ最近、「白のNOAHを見つけて発車を見送る」というこだわりが発生していまして。(^^;

NOAHが発車してくれるまで、動けないんですー!

こだわりのきっかけは、我が家に遊びに来てくれるお友達の車が、白のNOAHだったことから。

最初は、「さ、帰るねー」と友達が言うと、あわてて(友達よりも先に玄関を出て)車の後ろに行き、

友達が帰るのを(というより、NOAHを)見送っていました。(^^;

動いているNOAHには興味はなく、止まっているNOAHが動き出すのがたまらない?らしい。笑

そのうち、家だけでなく出先でもNOAHが気になりだし、、、

あれ?突然ゆうちゃんが座り込んで動かなくなってしまったぞ?と思って前を見ると、

そこにはNOAHが。ってことになっていったのです。

はじめのうちは、たまたまNOAHがあったら、という程度だったのですが、

今では、目を皿のようにしてNOAHを探すゆうちゃん。

時々なんかは、「え?それNOAH とちゃうやん!VOXY やん!!」って時もあって。

「VOXYでもええんかいな!ええかげんなこだわりやなー!」なーんて突っ込むことも。笑

で、この日見つけたのは、正真正銘の白のNOAH。

(最近どこへ行ってもNOAHがいるんですよー。泣)

しかも、一望できる!うってつけの場所まで確保されてしまったから。

やれやれ。

こりゃもう、持ち主が出てくるまで動けないなぁ~と覚悟。

水族館から出てくるファミリーを見ながら、

「この家族ちゃう?」「いやいや、この家族はNOAHって雰囲気ちゃうで」と、

NOAHの持ち主当て状態。笑

時々、ガン見している私たち家族を怪訝な顔で見ていく人も。(確かに怪しい。笑)

待つこと約1時間半。

やっと出てきたNOAHの持ち主!!

「この家族ちゃうかな」と思ったハハの勘が大当たり。

『NOAHの持ち主当てクイズ』とかあれば、出てみたいです。笑


って、ことで、本当は太地町まで行ってみたかったんですが、今回はあきらめて次回のお楽しみに。

ゆうちゃんとの外出は、やはり予定通りにはいきません。

帰り道、「道の駅 白浜町 つばき温泉」ってところに立ち寄り温泉に浸かって帰路へ。

http://www.tsubaki-hananoyu.com/

「つばき温泉」とってもいいお湯でしたので、おススメです☆
2014.10.21 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
暑さが去り、やっとオーブンを使うのが億劫じゃなくなってきたので…。

やる気が出てきて、今日はシフォン作り。(またかい!笑

あ、でも今日のは、プレミアム!

安売りの卵ではなく、ひとパック350円の平飼いの卵を使用、さらに丹波黒豆ココア入り!





きれいに焼けて、大満足!だったんですよ。


ところがですね、食してみると、なんだか黒豆(きなこ)の味が強くて、私好みで無かったんです。

がーん。

でも、いつもよりお金かけて手間かけたんだから、美味しくなくてはならない!と叫ぶ心。

美味しくないことを認めたくないから、

丹波の黒豆やし!ヘルシーやし!期間限定やし!とかなんとか、

自分を納得させようとする私。笑

これぞ、フェスティンガーの認知的不協和ですかね。 ^^

2014.10.16 Thu l お料理・その他 l COM(0) TB(0) l top ▲
三連休いかがお過ごしでしたか?

台風の影響は大丈夫だったでしょうか。

我が家は、土曜日から淡路島入りし、月曜の朝無事に脱出してまいりました。

土日は台風の影響もなく、とても気持ちの良い天気だったのですが、淡路島の観光地はどこもガラガラ。

夕方になるといつも満車の「金太郎寿司」さえもガラ空きなので。笑

三連休に台風とは!観光地は大打撃やなぁ~と。><

あ、でも一つだけ、普段見れない光景がありました。

それは、サーファーがいっぱいいたこと!

淡路島にこんなにサーファーがいるところ、初めて見ました。(台風来たらサーファーが集まるのかぁ!


気持ちイイ~秋の日だったので、今回は、久しぶりに諭鶴羽山(諭鶴羽神社)へ行ってきました。

ここは、淡路島で一番高い山。パワースポットらしいのですが、なかなかの難所なのです。

駐車場までの道のりが相当ハード。

急な山道、林道で、狭くて落石がゴロゴロしていて、くねくねしていて片側は落ちそう。

しかも、車がすれ違える場所がほとんどないので、

もし対向車に出くわしてしまったなら、この狭いガタガタくねくね道を、

どちらかが相当バックしなばならないことになってしまうのです。

なので、運転に自信のない方は、やめておいたほうが賢明だと思います。(私も無理)


そんな林道を20分くらい走ってやっとたどりつく諭鶴羽神社。

そこからは徒歩で山頂まで。






所々、地面がえぐれていたり、木が倒れていたりしていて、、自然災害の怖さを感じます。


これまで、神社から山頂までの道しか登ったことなかったのですが、

今回、「やまぼうし広場」という標識を見つけて、ちょっと行ってみることに。

そしたら、そこにはなにやら不思議な塔が。





『平和祈念塔』となっていて、手を合わせたような形の下に地球儀がある、という不思議な塔。

標識があるわけでもないので、神社や山頂へ登るだけでは、気が付かないところにあるんですよ。

この形が気になって、平和祈念塔をググってみるも、出てくるのはPL塔ばかり。(^^;

妙に気になる。^^


台風一過。

大きいのがくるぞーっくるぞー!と、なんだかこのところ、オオカミ少年的になってきてるような。

JR西日本の運休には驚いたけど、
次から次へと送られてくる「避難勧告」には、ちょっと首をかしげてしまうことも。

大事に至らなくて良かったことは、本当に良かったんだけど。

過剰報道にはちょっとうんざりも。

何かにスポットが当たるということは、その裏に何かが隠れる、ということも忘れずにいなければ。

何事も、自分で判断できる力を持つことが、これからもっと大切になってくるんでしょうね。
2014.10.14 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲


第2次世界大戦末期、双子の「僕ら」は、小さな町の祖母の農園に疎開する。 粗野で不潔で、人々に「魔女」と呼ばれる老婆の下、過酷な日々が始まった。 双子は、生きるための労働を覚え、聖書と辞書だけで学び、様々な“練習”を自らに課すことで肉体と精神を鍛えていく。 そして、目に映った真実だけを克明にノートに記す―


現在公開中の映画 『悪童日記』。

なにやら、原作がすごいらしい!とのことなので、読んでみた。

ほんまに!期待を裏切らない凄い小説やった。


この本のすごいところって、「目に映った真実だけを克明にノートに記す―」と書かれてあるように、

真実だけを克明にノートに記す「作文」という形で表現される技法。

具体的には、こんな風に作中に登場する。

「ぼくらの学習」と題された章の一節。

・・・

作文の内容は真実でなければならない。というルール。

ぼくらが記述するのは、あるがままの事物、ぼくらが見たこと、ぼくらが聞いたこと、ぼくらが実行したこと、でなくてはならない。

例えば、「おばあちゃんは魔女に似ている」と書くことは禁じられている。

しかし、「おばあちゃんは魔女と呼ばれている」と書くことは、許されている。

同じように、もしぼくらが「従卒は親切だ」と書けば、それは一個の真実ではない。

というのは、もしかすると従卒に、知らない意地悪な面があるかも知れないからだ。

だから単純に、「従卒はぼくらに毛布をくれる」と書く。

・・・

ぼくらの書いた作文の集積が、『悪童日記』なので。

このルールが、作者自身というということになる。

なんといったらいいのかなぁ。

なんかね、いろんなものがものすごーく削ぎ落とされた感じ。

心理的な説明や、思い入れや価値判断や解釈をいっさいしない。

以前、町田康の『告白』という小説の感想を書いたことがあるけれど、

あの対極にあるといえるかも。

そして、クリエイティブな仕事をしている人には、ものすごい影響を与えている作品なんやろうな、と思った。

読んどかなあかんやろー!て思うくらい。

全体の印象は、

『恐るべき子どもたち』に、バタイユのエログロ要素が入った感じ。

だからね、映画化ってどうなんやろー?と思った。(実際に映画化は不可能と言われていたらしい。)

映画観るなら、別物‼︎と認識しておく必要ありそうです。


ところで、もう一つ。

『ツイン・ピークス』が復活する‼︎らしいですね。

当時、相当ハマって見ていたドラマですが。

クーパー捜査官。

今はもう、、、ブリーの夫、オーソンにしか見えないんですが、(^_^;)

どうしましょ?笑




*『悪童日記』は、『ふたりの証拠』『第三の嘘』との三部作。

悪童読んじゃったら、ここで止めることは不可能。

他にやらなあかんことあるんですけど、、(^^; しばし読みふけります。笑
2014.10.07 Tue l お料理・その他 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。