上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
久しぶりの伊坂幸太郎。



ゴールデン・スランバー以降、すっかりブームが去ってしまい、

この連載小説も全然知らなかったんです。

図書館へ予約の本を取りに行った際に、書棚をフラフラ~と見ていたら、

伊坂幸太郎スペースに沢山並んでいて、

あらら、数年前はいつも空っぽやったのになぁ~。なんて思いながら、

「SOSの猿」とのタイトルが妙に気になって手に取ってみたんです。

パラパラっとめくると、なんと!
「エクソシスト」というワードが目に飛び込んでくるではありませんか‼︎

え?なんでエクソシストなん⁈ とびっくりして、こりゃあ~読まずにはいられんよな‼︎ 笑
と、さっそく読了。

こうゆう本との出会いって、
ほんと、私にとってたまらない小さな幸せなんですよ。

読んでみたその内容は、

イタリア留学中にエクソシストの手伝いをすることになった主人公遠藤二郎くんは、帰国後も「悪魔祓い」を副業でやることに。

それを知った古い知人の辺見のお姉さんが、
不登校で引きこもりの息子の相談にのってくれないか?と、助けを求めるところからはじまるお話。

なんとも。エクソシストに不登校ですって!と。

あぁ、やっぱり出会うべくして出会った一冊なんやなぁ~と。

中でも、最近、私が興味を持っているワード。
「コンステレーション(布置)」
というのまで登場してきて、


ちなみに、コンステレーションとは、ユングの心理学の概念の一つで、

「ばらばらに存在している星が、遠くから眺めると獅子や白鳥に見えるように、偶然と思われる事柄も、離れて大きな視点で眺めると、何か大きな意味がある。そういった巡り合わせのこと。意味のある偶然。」

この本と今出会えた偶然も、きっと意味のある偶然なんやろなぁ、なんて思ったりするわけです。


そして、
引きこもり青年とその母との様子をみた二郎くんが感じたことは、とても的を射ている。

「意識を失い、ベッドで眠る眞人君の脇で、辺見のお姉さんが心配そうにしゃがみ込んでいた。
その親子の距離の近さに私は若干、違和感を覚える。

近親相姦のような危ういものとは違う。
一般的な親子の絆ではあるものの、辺見のお姉さんは、眞人君の精神的な苦痛や疲弊を、完全に自分のものとして抱え込んでいる。
これは良くないのではないか。溺れる息子を引っ張り上げるはずの彼女が、一緒に溺れてばたばたと手足を振っているかのように見えた。」

不登校の息子の母親経験者としましては、
この状況分かりすぎるくらいよくわかる。

そう、一緒に溺れないことが大事なのです。

今、渦中にいる人がいたら、ぜひこの本読んでみてほしいと思う。

ただ、悪魔憑きではなく、孫悟空憑き、のあたりがイマイチよくわからんので。笑

コラボとして発表された、漫画『SARU』(五十嵐大介)も読んでみようと思います!
スポンサーサイト
2014.05.28 Wed l 本・アート・音楽・映画 l COM(2) TB(0) l top ▲
困ったココロをもう少し…。

確証バイアス』という心理学用語がある。

これは、

ココロは、〝正しいもの〟を信じるのではなく、

〝自分が信じたいもの〟を信じる。



人って、自分のスタンスを補完する情報にしか目を向けていないということです。


著書では、
ここ何年かで議論の的となっている「原発反対派」と「原発推進派」のことが書かれてありますが、

私の体験では、障がい児の「分離教育」と「統合教育」っていうのがありました。

これね、なかなかみなさん強い思いをお持ちなので、相容れないものがあるんですよ。

私は、統合教育が大事だと思っていたので、

地域の学校へ通うことしか考えていませんでしたが、ゆうちゃんに拒否され、
自分が持っていた第一印象をガラリと変えられる経験をしました。

だから、『確証バイアス』良く分かるんです。


よっぽどの事がない限り、(私は、よっぽどの事があったわけですが。)

ほとんどの場合、「スリーセット理論」という現象、理論があるように、

人間は最初から数えて三回誰かに会うと、その相手のイメージをほぼ固定してしまうのだそうです。

3回の対面といっても、2度目3度目については、ほとんど第一印象の確認にすぎません。

だから、あくまで第一印象から外れない考え方をしてしまう。

第一印象が増幅、固定化されていっちゃうんです。

確証バイアスを持って人や物事に接してしまうのは、もったいない行ないですよね。


とはいえ、第一印象ってのもクセモノで。

第一印象が良ければ良いほど、
その後悪い評価に変わった時のダメージは大きく、(これを「ロス効果」と呼ぶ。)

反対に、最初のイメージが悪かった人が後から良いことをした場合、

その人物の評価は一気に上昇する。
(これを「ゲイン効果」と呼ぶ。)


これって、わりとありますよね。

あと、先に書いた「ドア・イン・ザ・フェイス」は、

本当に頼みたいことは後回しにし、

まずは無理を承知で本命よりも大きな頼み事をしてみる、ということです。

かの市長さんの手法と言われてたやつですね。

でっかい要求をふっかけて、落とし所を探すテクニック。

ちなみに言葉の由来は、

目の前でドアをバタンと閉める閉められるというところから来ているそうです。

最初にそのように拒絶されるような要求をしておいて、

その後で小さな要求に切り替え、相手にドアを開けさせるというわけ。

ぜひみなさん、頼み事をする時は、

使ってみよう~!ドア・イン・ザ・フェイス!笑

こんな風に、ちょっとだけ人間の心理なるものを知っておくと、

見えてくる世界が変わるかも?です。

私ももっと変化していけたらいいなーと思います。



2014.05.23 Fri l お料理・その他 l COM(2) TB(0) l top ▲
『困ったココロ』さくら剛著 を読みました。

友人がブログに、

「これ、心理学の勉強の流れで読んだけど、勉強じゃなくてもこれは読んで損なし。」

と書いていたのを見て、思わず買ってしまいました。

さくら先生おっしゃるところの、
風評効果ってやつにまんまとやられてます。笑

ココロは、第三者からの意見を信じやすい。

他の誰か(なにか)直接利害関係のない第三者を通じて他の誰か(なにか)の評判を聞くと、

人はそのことを信じやすくなる。という法則を心理学では、

「風評効果」という。

例えば、これを利用しているのが、

通信販売などの【使用者のよろこびの声】など。

で、思い出したんですが。

数年前に私、頼まれてこの【よろこびの声】をバイトでやったことがあります。笑

商品名は言えませんが、
どこかに今でも私があることないことを書いたモニター体験の声が残っているかも?です。(^^;;

とまぁ、そんな話はさておき、

困ったココロ、いやぁー、笑えました!

あっと言う間に読んでしまいました。


白熊効果、確証バイアス、自己効力感、ドア・イン・ザ・フェイス、などなど。

聞きなれない心理学用語を、

日常のくだらなーい例え (笑)を使って説明してくれているので、

とてもわかりやすくて面白かったです。

自己啓発本のようなそうでないような?って感じがイイです。笑

笑えて学べる一冊でした。

読みながら、なんかこの感じ、似たようなのを読んだ気がするなぁ~、と思って本棚みたら、

あったあった!これや。



『困ってるひと』大野更紗著

さくらさんが、困っているココロ版なら、

大野さんが、
困っている難病版、福祉版?って感じかな。

こっちもオススメ☆



2014.05.21 Wed l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲




http://kodomokosomirai.com/

シネヌーヴォで上映中の映画『こどもこそミライ』を観てきました。

3つの保育園のドキュメンタリー、実践記録。


保育に大切なことは、知識を与えるのではなく、まずは感じさせること。

どんな子に育って欲しいか、というオトナ目線ではなく、

こどもの命を輝かせるために、オトナに何が出来るのか?を考えること。

こどもって、自分自身で成長する力をしっかりと持っているから、

その力を信じて見守ることが本当に大切で、

そのための工夫がどれだけできるか?考えられるか?だなぁ~と、思いました。

3つのうちの保育園、インクルーシブ保育を実践する聖愛園に、堀先生が登場されます。


画像は、舞台挨拶の様子をお借りしました。


シネヌーヴォでの上映は、今月いっぱいです。

ぜひ、たくさんの方に観て頂きたいです!
2014.05.18 Sun l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲
GW終わっちゃいましたね。

我が家は、2日夜から淡路島入りし、6日まで島で過ごしてきました。

行きの車中で感動の出来事ことが。

いつも車に乗ると、ゆうちゃんナビが始まり、みぎやひだりやとあれこれ指示されるのですが、

珍しく後ろ座席から声が飛んでこないので、

「ゆうちゃん、今からどこ行くん?」

と聞いてみると、な、なんと‼︎


「あわじしま、いく」


との返事が‼︎


す、すごいー‼︎

ゆうちゃんが、ハッキリ二語文で答えたものだから、ビックリ。

ゆうちゃん、すごいすごい!と拍手‼︎

もうね、本当に感動でした。


4月1日の出来事から、感動の日々は続いており、

一歩一歩、着実に前進致しております。


そうそう、しかも4月はなんと皆勤!

一日も休むことなく通所したのです。

連休明けの今日も、元気に送迎車に乗り込んで行きました。

なんだろう、この変化は。

そして、頑なに登校拒否をした学校っていったい何だったんだろう?と、考えてしまいます。

作業所と学校の違いは何か?

うーん…。もっと考えたいと思います。


これは↓庭のさくらんぼ。



朝、枝を切ってゆうちゃんに渡すと、

今年の初さくらんぼを、おいしそーにもぎって口にしてました。

この自然なすっぱ甘いさくらんぼが、ゆうちゃんは大好物。

自然の味を知っているゆうちゃんは、

きっと、違いがわかる男やと思うのですが。いかがでしょう? 笑



「子どもより親が大事」やっぱり深いな、、、たまには太宰でも。
2014.05.07 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。