上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
『夜と霧』 ヴィクトール・E・フランクル



何度目かのフランクル。

少し前に、蓮池さんの『拉致と決断』を読んだ時に少し触れたけれど、

『夜と霧』は、

「心理学者、強制収容所を体験する」と、題されているように、

精神科医であるフランクルがアウシュヴィッツに収容され、終戦による解放に至るまでの収容体験をつづったもの。


私が最初に読んだのは、旧訳の方で、それには、いくつかの記録写真が掲載されていて、

目をそむけてしまうものだったのですが、新訳の方は、写真が無くなっています。

あの写真を見るのが辛くて読めなかった、という方には、新訳がオススメです。


たんなる強制収容所の体験記ではなく、心理学者として人間を観察し(自らを含めて)、

人間がどのように絶望するのか、また、どのように希望を持つのか、を教えてくれます。


人は、生きているうちに何度か、「生きることの意味」を考えてしまうことがあるのではないでしょうか。

生きている意味を追い求め、その意味が見出せなかったり、充たされないことが、

メンタルヘルスの不調や心の病へと繋がってしまう。


そんな時、フランクルは教えてくれます。

生きる意味についての問いを180度方向転換することだ、と。

生きる意味を問うことをやめ、わたしたち自身が問いの前に立っていることを思い知るべきだと。



生きることは日々、そして時々刻々、問いかけてくる。

その問いに答えを迫られている。

考え込んだり言辞を弄することによってではなく、

ひとえに行動によって、適切な態度によって、答えは出される。

生きるとはつまり、生きることの問いに正しく答える義務、生きることが各人に課す課題を果たす義務、

時々刻々の要請を充たす義務を引き受けることにほかならない。

また、それは、けっして漠然としたなにかではなく、つねに具体的ななにかであり、

具体性が、ひとりひとりにたった一度、他に類を見ない人それぞれの運命をもたらすのだ。

だれも、そしてどんな運命も比類ない。どんな状況も二度と繰り返されない。

それぞれの状況ごとに、人間は異なる対応を迫られる。


具体的な運命が人間を苦しめるなら、

苦しみと向き合い、この苦しみに満ちた運命とともに全宇宙にたった一度、

そしてふたつとないあり方で存在しているのだという意識にまで到達しなければならない。

だれもその人から苦しみを取り除くことはできない。

だれも身代りになって苦しみをとことん苦しむことはできない。

この運命を引き当てたその人自身がこの苦しみを引き受けることに、

ふたつとないなにかをなしとげるたった一度の可能性はあるのだ。



だれも、自分と同じ人生を歩むことはできない。

私は私の人生を引き受けて生きること。それがきっと幸せの一歩なのだと思います。


また、今回読みながら、

あらたに考えてしまったのは、「特定秘密保護法案」のこと。

もし、こんな法律が作られてしまったら、本当に恐ろしいことになるんじゃないのか。

「夜と霧」 このタイトルは、

夜陰に乗じ、霧にまぎれて人びとがいずこともなく連れ去られ、消え去った歴史的事実を表現する言い回しです。


訳者の池田さんもあとがきに書かれていますが、

フランクルの思いとはうらはらに、夜と霧はいまだ過去のものではない。


夜と霧が立ち込めることを拒否できるのだろうか?

怖い、と、再読して、新たな怖さを感じてしまったのでした。




スポンサーサイト
2013.11.26 Tue l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲
Happy Birthday ゆうちゃん

本日、無事18歳の誕生日をむかえることができました。

心身ともにたくましく育ってくれていること、本当に嬉しく思います。

いつも見守って下さるみなさま、ありがとうございます。

心から感謝致します。


今年のケーキは、イチゴ山もりケーキ。

友達が、ゆうちゃんへのお誕生日プレゼント!と、大好物のイチゴをたくさん買ってきてくれたので、

2パックまるごと使って、イチゴのケーキを作りました!!

cake.jpg

スポンジの間にもイチゴ入ってます

ボジョレーで、今からお祝いしま~す(あ、飲むのは、もちろんチチハハねw 
2013.11.21 Thu l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
ここんとこ、キツネに取りつかれ中!





動物の鳴き声って、

国(言語)によって聞こえ方が違うから、面白いですよね。

例えば、日本語で犬は、ワンワン!だけど、英語だと、Bow Wow!



キツネって、コンコンじゃなかったっけ?(笑
2013.11.19 Tue l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲
ハロウィン・ナイトが終わったと思ったら、もはやクリスマス。

はい、まいどおなじみUSJです(笑

まだまだUSJブームが終わりそうになく、相変わらず週末は、USJ通いです。^^;

写真
写真1

世界一の光のクリスマスツリー☆だというだけあって、

このツリーは素晴らしい☆ 見事でした!一見の価値ありです。

ただ昨日は、ちょうどクリスマスショーの時間帯に雨になってしまい、

ま、雨の中見なくても、また来るやろうし、今度にしよか~と。

ショーを見ていないので、次回のお楽しみにしたいと思います。


ゆうちゃんが入るアトラクションは、

相変わらず…ハリウッドドリームザライド・ウッドペッカー・ターミネーター

ジュラシックパーク・ジョーズ。そして、スヌーピーエリアの小さな子ども向けの乗り物。

いっこうに他のアトラクションへは、足が向いてくれません。

そして、

ウッドペッカーのショーや、ターミネーターを見ているゆうちゃんを観察していると、

まるで、今、はじめてみるような様子で観賞しています。

チチと二人、いいかげん飽きひんのやろか?なんていいながら、ゆうちゃんを見ていて、

ふと、思ったんです。

もしかして、今、ゆうちゃんは、はじめて見るという感覚なのかな?と。

もし、何度見ても、今初めて見るような感覚だったとしたら?

そりゃー何度見ても新鮮だよなぁ?と。

そう考えると、他のこだわり行動だって、見ている方は、「またしてるー!!」と、思っているけれど、

ゆうちゃんにとっては、どれも今初めてやることだったとしたら?


いや、本当にそうなのかどうかは全くわかりませんが。

そういう風に、こだわり行動を見てみるのって、ちょっと新鮮かも?って思ったのでした。


物事の見方を変える、大事なことですね。
2013.11.18 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
島倉千代子さんがお亡くなられたんですね。

私の中で、「島倉千代子」=「人生いろいろ」=「友人J」と、変換されて思い出す人がいて。

それはなぜかというと。

10代後半から20代の頃、いつも一緒に遊んでいた三人のうちのJがカラオケで必ず歌うのが、

この島倉千代子さんの『人生いろいろ』だったから。

人生いろいろを聞くと、彼女が歌っている姿を思い出してしまうのです。

で、ふと思い出したんです。

あの頃、それぞれに持ち歌?があってww 三人のうちのもう一人の友人Nの持ち歌は、

本田美奈子の『Oneway Generation』だったよなーと。(世代がわかりますよね。汗

そこで、えッ?と思ったのが、

げ!本田美奈子さんも亡くなってるやん…。と(汗

とくると、私の持ち歌が気になりますよね?(笑

なので一応書いておくとw 

私がいつも歌っていたのは、キョンキョンの『スターダストメモリー』。

おー良かった。今年は、紅白でもみれそうだし!!

どうかいつまでも活躍してほしいです。


とまぁ、久しぶりにブログ書いたのに、どうでもええこと書いてますね(笑


人生いろいろ。

あの頃の三人。本当にそれぞれの人生を歩んでいるよなぁ~。としみじみ思いだしたりしてしまいました。


そんな私の人生に、また一つ新しいことがはじまりました。

ある資格を取るための勉強をはじめたのです。

それはなにか?は、試験に合格できた後に報告したいと思いますが(汗

とりあえず、大枚払って勉強するわけですから、絶対合格せなあかん!と、

自分にプレッシャーかけるために、ブログで告白しました。(笑

今、はじめて、学べることの喜びを感じているかもしれません…。

短大生の頃、親に学費を払ってもらっているにも関わらず、

学長の授業をサボっていたことを深く反省。><(これがほんとの反省ですね。


↓↓ これは、友人がブログに書いていた、ガンジーの名言。

「明日死ぬと思って生きなさい。
永遠に生きると思って学びなさい。」


「重要なのは行為そのものであって結果ではない。
行為が実を結ぶかどうかは、 自分でどうにかできるものではなく
生きているうちにわかるとも限らない。

だが、正しいと信じることを行いなさい。
結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ。」


ガンジーの言葉に励ましをもらって、人生いろいろ、がんばろー!と思いますw
2013.11.13 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(3) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。