上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
スガシカオとスピッツ。

それは、私の好きな二大アーティストw


そして昨夜は、SUGA SHIKAO LIVE TOUR「やるしかねーだろ!?2013」

Zepp Namba(Osaka)公演でした♪

CA3J03470001.jpg



シカオちゃんが事務所を辞めて独立してから、

まだ一度も参戦できていなかったので、今回はしばらくぶりのライブ。

しばらくといっても、ほんの2年?くらいなのに、

なんなんだーこのシカオちゃんの変化は!!

もともと、新しいものを常に取り入れ、どんどんと変化、進化してゆくシカオちゃんですから。

ラップの時も、Mummy-Dさんがどんな方かも存じ上げていなかった私は、

はじめは、ビックリ、じぇじぇじぇ!!!だったのですが、

実際に聴いてみると、Mummy-Dさんは、めちゃくちゃかっこよくて!!

思わず、ライムスターを聴いちゃうくらいになってしまってw

しかも、ゆうちゃんは、シカオの曲をかけるとブチっと切っちゃうのに、

Mummy-Dさんの声が入ったものだけは、最後まで聴くもんだから、これまたじぇじぇ!


昨夜のライブでは、

「オレがラップ歌うと、お経になっちゃうんだよね~」なーんて言ってたシカオちゃんが、

すっかり上手くなって!(って失礼!)歌っておられたから、ビックリ。


そして、更なる進化を遂げようとしているシカオファンク。

それは、新曲『赤い実』をひっさげて、いったいどこへむかおうとしているのか?

正直、今の私にはその変化に、まだついてゆけない状態。><


反対に、スピッツ草野さんは、いつまでも変わらずにいてくれる。

デビュー当時から、ずっと変わらずにいてくれる草野さんは、安心していられる。

いつ聴いても、新しい曲が出ても、スピッツやなぁ~といった安心感。

まぁ、そこには、あらまた似たような…感 があったりもするんだけど(笑)

シカオちゃんのように、「ひぇー!なんでそんなことを?」みたいな、心配はない。(笑)


そんな、全く正反対(だと感じている)お二人が私は大好き。

どちらも好きだからしょうがない!(笑)


常に変化を求めて変わっていくことを教えてくれるシカオちゃんと、

変わらなくたっていいんだよ。と優しく包んでくれる草野さん。


変わっていく勇気と変わらない勇気、

どっちも大切なことで、

どちらも自分の中に持ち続けていきたい。


以上!
そんなことを、昨夜のシカオちゃんを見ながら感じたのでありました。
 (ライブレポとは違い、、あしからず^^;
スポンサーサイト
2013.09.24 Tue l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は、中秋の名月ですね~。

昨夜、満月手前の月を眺めながら、ゆ~みんの『14番目の月』を思い出していました。

私も、欠ける満月よりも14番目が好き。

こどものころから、行事の当日よりも、前日のドキドキ感の方が好き。

告白する前の、気持ちが読みとれないもどかしさが好き。(笑)

「14番目の月」をはじめて聴いた時、ゆ~みんってすごい!!って感動したものです。


月には、不思議な力があって、

満月の日に御飯を食べなかったゆうちゃんに、そのことを教えてもらいました。

人は、自然の中で生かされているってこと、忘れちゃだめですよね。

オオカミ男に変身しないように、みなさんもお気をつけてくださいねw



さて、本題のホラーナイトです。(笑)

ご存じの通り(笑)年パス大活躍!で、週末毎にUSJ通いしているkeropaki一家です。

先日は、ホラーナイト初体験!

といっても、特に狙って行ったわけではなく、

ゆうちゃんに道を誘導されるがままに…、USJへ向かったわけだったのですが、

夕方からわんさか人がやってくるので、なんでこんなに混むんや?って思ってたら、

そーいや、ハロウィンホラーナイトやん、と。


そのホラーナイト。

あまりの気合の入り具合に驚きました!!

思わず、USJがんばってるやん!!と、見直しました(笑)

テレビのCMでやってますが、

ホラーナイトが始まると、パーク中にゾンビが現れ出します。

そのゾンビの数が半端ない!!(なんと、昨年の3倍の数を導入しているらしい)

P1030627.jpg

そこら中にゾンビが徘徊しはじめるので、

あっちで「きゃー!」こっちで「キャー」との悲鳴が。

パーク内は、ライトが極力落とされていて、夜が更けるとともに、人とゾンビの区別がつかなくなってくる。

隣をふと見ると、ゾンビやったりして、思わず「ぎゃー!」と驚いてしまう。

そうなんです。まんまとやられている私でした。(汗

そんなハハとは違い、

ゾンビだろうが貞子だろうが、全く動じないゆうちゃん(笑)

P1030632 1

驚かそうとするゾンビを横目に、しらーっと通り過ぎるゆうちゃん(笑)

『ターミネーター』 『ジュラシックパーク』 などのアトラクションは、

『貞子スペシャル!』の特別バージョンとなっていて、もう大興奮。

(あっちこっち何もかも貞子で。貞子やり過ぎ感も否めなかったですが。汗)

とにかく、いつもと全然違うUSJにほんとに驚きました。


ただ、いつもと違うUSJを楽しい♪と感じるハハとは違って、

いつもと同じを求めるゆうちゃん。

いつも通り、自分のペースでアトラクションに入りたいのに、

人が多すぎて入れなかったり、恐竜が貞子に入れ替わっていて、イマイチ納得がいかない様子。(笑)

結局、最後に乗ろうとしてた「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」には、『受付終了』の文字が。

アトラクションに着くまでに、ゆうちゃんを引きとめながら歩いていたのですが、

いつもと違うUSJな上に、乗りたいジェットコースターにも乗れないのは、絶対納得いかんぞ、という様子で、

人込みを搔き分け(ゾンビも搔き分け)、一目散に走っていくゆうちゃん。

受付にいるお兄さんお姉さんの制止を振り切り、

ものすごいスピードで、チェーンをハードルのように華麗に飛び越え、並んでいる人の最終尾へ。

その時の力と速さといったらもう信じられないような凄い力。

 (7年後、狙えるくらいの身体能力持ってると思う 笑)

チチの力でも止められないくらいの力を発揮して突進するので、本当に大変でした。

「ジェットコースター」といって、必死になって前へ進もうとするゆうちゃんを、

チチとハハとクルーのお兄さんが一緒になって説得。

それでも断固として動かないゆうちゃん。


そこで、ジェットコースターが動いている間は、きっと納得できないやろうなぁ~と思ったので、

全部が終わるまで待つことに。

結局、並んでいる人全員が乗り終わるのを待ち、ジェットコースターが止まるのを待って、

終わりを確認して、納得して立ち上ることが出来ました。

納得して動けたこと、気持ちを切り替えられたこと、すごく偉かったです。

事情を理解してくれて、一緒に待ってくれたクルーのお兄ちゃんにも感謝です。


ソンビや貞子に浮かれていたら、

うちのゾンビが一番恐ろしかったな。と。(笑)

大変ではありましたが、良い経験となりました。

年パス買って、どうやろ~?と思っていましたが、相当重宝してます。

何度も通って、どうなんかなぁ?という思いもあったのですが、

ゆうちゃんを見ていると、アトラクションやショーの見方が少し変わってきているように感じます。

ゆうちゃんの好きなショーに、ウッドペッカーと吉川くんのショーがあるのですが、

はじめのうちは、内容まで理解できていなかった、と思うのです。

でも、何度も見るうちに、面白い場面で笑っていたりする姿を見ると、

見方が変わってきていることを感じるのです。

ハハは、ショーよりもゆうちゃんの変化をみる方が面白いので、(この間のジョーズの教訓とともに)

ゆうちゃんから目を離さないようにしています。(笑)


さて、今年あと何回行くことになるのか?

せっかくなので、楽しんで行きたいと思います☆
2013.09.19 Thu l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
今朝、新聞を読んでいたら、建畠先生のお名前発見!!

萩原朔太郎賞に建畠晢さん 詩集「死語のレッスン」

 優れた現代詩に贈られる第21回萩原朔太郎賞(前橋市など主催)の選考委員会が2日、
同市で開かれ、詩人で美術評論家の建畠晢(たてはたあきら)さん(66)の詩集「死語のレッスン」(思潮社)が受賞作に選ばれた。 http://www.asahi.com/culture/update/0902/TKY201309020383.html


おめでとうございます


建畠先生は、『現代アートの世界にの輝く新星展』の審査員で、

ゆうちゃんの絵のことを、 こんな風に におっしゃって下さっていました。

P1000392.jpg

↑ お話をさせていただけたこと、本当にラッキーでした!!


「死語のレッスン」

さっそく、入手したいと思います!!http://www.kinokuniya.co.jp/contents/pc/20130904093202.html
2013.09.13 Fri l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
「心から反省しています」

世界柔道金の大野選手も暴行 天理大、新たに12人処分
http://www.asahi.com/national/update/0911/OSK201309110033.html

このニュースを見て、うわ!でた!反省!!(笑)と、思わず苦笑してしまった。

この方、本当に反省してる?

「なんで自分だけ?」って思ってない?

だって、ご自身だって、きっと暴力(体罰)を受けてきたはずだろうから。

その理不尽な思いを、まずは吐き出すところからはじめなければ、暴力の連鎖は止められない、と思う。

岡本茂樹 著
『反省させると犯罪者になります』http://keropaki.blog16.fc2.com/blog-entry-760.html

岡本先生の本を読むべきですね。



そして、7年後。

オリンピック、やるんですね。ほんとに。

信じられないけれど、今回、東北のおかげ震災のおかげで東京招致が決まったようなものですよね。

総理大臣がウソつきだったら、子どもたちになんと教えれば良いのだろう。

何を信じれば良いんでしょうね。



7年後、いったいどうなっているんだろう。

ゆうちゃんは、25歳になる。

想像もつかない。

なら、7年前はどうだっただろう?と思い返してみる。

このブログの2006年を読み返してみると、

なんとも、ちょうど、ゆうちゃんのハンガーストライキの年だった。

学校へ行かなくなった年だ。

あれから、信じられないような出来事続きの7年だった。

もちろん、ぜんぶ想像も出来なかったことばかり。

それならきっと、この先7年も想像つかないことだらけだろう。

ちょうど節目で、学校を卒業して、社会へと踏み出す7年にもなる。

正直不安だけれど、やるべきことは、一日一日を大切に生きるしかない。

日々の積み重ねの先にしか、未来はないと思うから。

チャンスがやってきたときに、つかめる自分でいられるように。

7年後も、このブログを続けていられるように。


東京オリンピック。

どんな気持ちで見ることになるんだろう。

見るんじゃなくて目指してみる!とか?近代五種あたり狙ってみる?(ウソです 

パラリンピック目指して、ゆうちゃんを走らせる!とか(そっちの方が期待大?

まぁ、これまでの7年を思うと、何が起こってもおかしくない7年後です。

7年後のビジョンをちょっとだけ意識しながら、、、

日々の暮らしを楽しんで過ごしていけたら、と思います!
2013.09.12 Thu l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲
激しい雨が、夏を一気に連れてっちゃいましたね。

9月です。夏休みが終わっちゃいました。


学生時代最後の夏休みを、充実した夏休みにしてやりたい。

そう思って、どこへ行こう?何をしよう?

海がいいかな?山かな?プール?遊園地?

夏にしか出来ないこと、めいっぱい体験させてやりたい。

そう思っていたハハでしたが…。

ゆうちゃんの思いは、少し違っていたようなのです。


前々回、鵜島へ行ったことを書きましたが、

フェリーに乗ることや海で泳ぐことを大喜びしてくれるはず!と思っていたハハの思いとはうらはらに。

実は、全然乗り気じゃなかったのです。

島に到着しても、車から降りてくれず。

「かえる」と言われて、どないしよ?と思っていました。


そこで、(ちょうど前日から島へ来ていた)友人の娘ちゃんとその友達の女の子が登場。

ゆうちゃんを車まで迎えにいってくれたのです。

するとどうでしょう。

あれほど、車から降りなかったゆうちゃんが、女の子の誘いであっさり車から降りるんです!!

おいおいゆうちゃん、どーゆーことやねん。(笑)

それからは、海で泳ぐより、舟に乗るより、女の子のそばにべったり(笑)

でも、残念ながら二人は、私たちとは入れ違いで帰ってしまうということで。

フェリー乗り場まで追っかけるゆうちゃん。(汗

お別れをした後のゆうちゃんは、全然楽しそうじゃないんですよ。

海に潜ったり、潮流体験で喜んでいたのは、チチとハハだったんです。(汗


もともと予定では、鵜島泊を終えて、松山にある友人宅にお泊りする予定でしたので、

島をあとにして、友人宅で娘ちゃんと再会したときのゆうちゃんといったら、どうでしょう。

全然、顔が違うではないですか!!

友人には二人の娘ちゃんがいまして…。

その二人が、家にいてくれるだけで、満面の笑みなんですよ。

あんまりリラックスして楽しそうなので、一泊の予定を二泊にさせてもらうことに。

特に何をするわけでもない。ただ、一緒にいるだけ。

それだけなのに、それが、ゆうちゃんにとっては一番楽しかったようなのです。



そっかぁ。

17歳だもんね。

寄せては返す、波のように、、激しい、、、17歳だもんね!!



これまでは、「どこへ行きたい」「何がしたい」という欲求を満たしてあげることを考えていたけど、

ゆうちゃんにとって大事なことは、どうやら、

どこ?や、なに?ではなく、「誰といたい」に変化していたようなのです。

そのことを強く感じた2013年夏。

ただ、「どこ」や、「なに」 は、ハハが頑張れば何とかしてあげられることだけれど、

「だれ」は、ハハには、どうにもできないこともある。

ゆうちゃんの成長を感じる反面、ちょっと切ない気持にもなってしまう…。


P1030583.jpg

また 夏がおわるー もう、さよならだね。


ちょっぴり切ない、2013年夏の終わりです。
2013.09.05 Thu l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。