上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
読書は、生活の一部みたいなもので、ほぼ毎日何かを読んでいるのだけれど、

今年読んだもので印象に残っているものを備忘録として書いておこうと思う。

まぁ私が読むものって、ほとんど小説かコミックなんですけどね(汗


まず、今年やーーっと読めた漫画が、荒川弘の『鋼の錬金術師』

色んな人からオススメされてたんだけど、

やっと全巻持っている人がいて!(Yくんありがとう!)お借りして読んじゃいました。

さすがにみんながオススメするだけあって、なかなか深くて…。

夏休みの課題図書って感じで(笑)ひと夏かかって読み終わりました。

荒川弘ってすごいね。『銀の匙』も深いです。

ついでに漫画をもう一つ。

これも読みたかったコミック 吉田秋生の『BANANA FISH』。

これはもう、アッシュと英二のBLといって良いと思う。(笑)

BANANA FISH を読んだら、

サリンジャーの『バナナフィッシュにうってつけの日』が読みたくなって、

『ナイン・ストーリーズ』も読んだ。

この短編は、今読んでもやっぱり面白い。

『ナイン・ストーリーズ』といえば、

『ナイン・ストーリーズ・オブゲンジ』(源氏物語 九つの変奏)

という源氏物語千年紀を記念して出版された9人の現代作家による

源氏物語を題材にしたアンソロジー作品集 というのを読んだのですが、

この中で、「町田 康」 が書いた「末摘花」がもう最高に面白くて!

私の中では、これが今年のナンバー1かな。

絶対にオススメ!!ぜひ読んでほしい。


『源氏物語』は、昨年くらいから妙にはまってて。

これまで、『あさきゆめみし』しか読んだことがなかったんだけれど、

なにげに田辺聖子訳を手に取ったら、これがとても読みやすくて。

今さらながら、こんなに面白い小説はないで!と思い(これって、年とったってことやろか?)

最近の訳では、大塚ひかりって人の現代語訳が斬新な感じで面白い。

今は、寂聴さんのをブックオフで集めてるところ(笑)

いつかは原典で、みたいな域にはいかないけれど…。

谷崎潤一郎や与謝野晶子のを読むのを、老後の楽しみ?に取っておこうと思う(笑)

源氏物語は、日本人だったらやはり一度は読むべきやと思う。

こんな素晴らしい物語があることを、日本人はもっと誇りに思って大事にせんとあかんよなーと。

今さらながら感じているところです。


最後に、

ごく最近、たまたま図書館で見つけた一冊。

『極北』マーセル・セロー著・村上春樹訳

96958A96889DE6E3E1E6E4E3E3E2E3E0E2E7E0E2E3E09F8890E2E2E3-DSXDZO4134613012052012MZB001-PN1-2.jpg

「村上春樹訳」が目にとまって読んだのですが、これが凄い一冊だった。


あとがきを先に読んで、春樹さんに責められちゃったけど(笑

でも、この作家の背景を知っておいてから読むのは正解だったと思うので、

春樹さんが書いておられる「あとがき」をちょっとだけ紹介したいと思う。


著者マーセル・セローさんは、小説家ポール・セローさんの息子であり、

テレビのドキュメンタリー番組の制作などに関わる傍ら小説を書いていた。

その中でこの長編小説を書くに至った経緯は、

彼が、チェルノブイリ近郊に住むガリーナという女性を取材したことから着想を得る。


「2004年にチェルノブイリを再訪したとき、私はこんな風に考えはじめた。

 もしものごとを逆回しにしてみたらどうなるのだろう、と。

 現代社会においてはガリーナはただの無知な女なのかもしれない。

 彼女は、インターネットも携帯電話も、スシ・レストランも知らない。

 しかし落ちぶれてしまった世界においては、飢餓やら疫病やら戦争やら、

 あるいはチェルノブイリで起こったような工業社会のもたらす災厄によって

 困窮の淵に追い詰められた世界においては、

 たとえば私の身に付けている専門知識などほとんど価値を持たなくなる。

 どの茸が食べられるか見分けたり、キャベツを栽培したり、食物を保存したり、

 そういうことを知らなければ、生き残ることはほぼ不可能だ。

 そして男性よりは女性の方が通常長命であるわけだから、

 この惑星における人類の存在の局面は、

 チェルノブイリの『居住禁止区域』での原始的な暮らしに近いものになっていくのではあるまいか。」


この小説は、近未来のお話。

文明社会が崩壊したあと、シベリアでひとりタフに生きるメイクピースという女性が主人公。

読み始めたときは、「ザ・ウォーカー」や「ザ・ロード」という映画みたいな感じかな?と、

思ったんだけど、(どちらの映画ももう一度観たいとは思わなかった)

それらとは違って、(春樹さんの言葉を借りるなら)意外性がある。

そして、

「優れた物語には常に予感が含まれている」と、春樹さんがおっしゃているように、

これは、3・11以前に書かれた小説でありながら、

日本で、この小説にリアリティを感じない人はいないだろうと思う。


fukushima.jpg

こんなことが起こっていても、自民党が圧勝する日本において、

これが「よげんの書」にならないとも限らない…。



と、以上が今年印象に残った読み物たちでしたw
スポンサーサイト
2012.12.27 Thu l 本・アート・音楽・映画 l COM(2) TB(0) l top ▲
メリークリスマス!


無事、「まなび講座」を終え、
(こんな感じでした↓)
P1020978.jpg


毎年恒例の(いつものメンバーでの)我が家でのクリスマスパーティを終え、

少しのんびりとしたクリスマスの朝を迎えています。


世界の終わりはやってこなかったけれど、

今年の終わりは着実に近づきつつありますね。

2012年は、いったいどんな年だったんだろう~?と、

ご多分にもれず、一年を振り返ってみようと思います。


このブログを読み返してみると、

ゆうちゃんの絵が本の表紙になったことも、個展を開いたことも、ぜんぶ今年の出来事で。

そっか、こんなに色んなことがあった一年やったんや!と、

今さらながら、すごい一年やったな、と感慨深いです。


実は、今年はもう一つ特筆すべきことがあって、

それは、夏に「ヘルパー2級」の資格を取得したこと。

今年の夏休みは、ほぼ実家でお世話になり、介護の資格を取りに行ってきたのです。

なんでまたわざわざ資格を?と思われるかもしれませんが、

たぶん、これから先・・・

私から「介護」というものは、切っても切り離せないことになっていくと思うのです。

ゆうちゃんは、いずれはヘルパーさんのお世話になる日がやってくる。

ゆうちゃんだけでなく、両親だって介護が必要になってくる日がくるかもしれない。

そのためには、まずは自分が「介護」を知っておかないと。

そして、「ヘルパーとはなんぞや?」を知っておかないと、

ヘルパーというものに対して、意見を述べることも出来ないだろう、というのが、

私がヘルパーの資格を取得しようと思った理由。

それプラス、自分が資格を持っていれば、

ゆうちゃんがどこかへお世話になる日が来たとき、

私も一緒に何かのお役に立つことが出来るのではないか。

そんな思いもあって、思い切って通うことにしたのです。

ただ、私が何かをやろうと思うと、家族に負担がかかります。

協力なしには通えないことであり、協力してくれる家族に本当に感謝です。

おかげで私自身としては、一つステップアップできたかな、と思える一年となりました。

来年もがんばらなくちゃ!


とりあえず、今、早急にしなくちゃいけないことは、年賀状を刷ること!(笑)

がんばりまっす。
2012.12.25 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
いつもお手伝いをさせていただいております『まなび講座』。

このたび、17回目をむかえます講座は、

「二人(LD及び自閉症スペクトラム障がい)の成人当事者と語る」

と題まして、ゲストをお迎えします。


講師は、大阪教育大学名誉教授 竹田契一先生(http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=2770001

そしてゲストはこのお二人。


~ 読み書きのできないオレはどうやって生きてきたか (井上 智さん)  ~

~ 「俺ルール」自閉は急に止まれない (ニキリンコさん) ~


講座の申し込みは、あっという間に定員500名を超えてしまい、

ありがたいことに、満員御礼状態となっております。



第14回2011年8月の「まなび講座」では、

個展「ゆうちゃんのせかい」を開かせていただくという素敵な機会を頂きました。

はじめての個展でしたが、講座と並んだ個展でしたので、

たくさんの方にゆうちゃんの絵を見ていただける機会となりました。


そして、なんと今回は、ポストカードを作って当日販売してくださることになったのです。

もうね、なんと申しましょうか…

恐悦至極に存じ奉りあげまする!!!です。(笑)

(ポストカードは、また後日アップしたいと思います。)



そしてですね。

今回は、ゆうちゃんにもお仕事が与えられました。

それは、 =当日の横断幕を書く= という、大役。(汗


「第17回 まなび講座」

「LD及びアスペルガー障がいの成人当事者と語る」

 大阪教育大学名誉教授 竹田契一先生
 
        作家  ニキリンコさん

            井上  智さん


これだけの文字を筆を使って書くのです。

模造紙と書家が使うような凄い筆をあずかり、

大丈夫やろか?書けるんやろか? と少々心配ではあったのですが、

なんとか仕上げることが出来ました!

P1020976.jpg

これだけの大きさの文字を書こうと思うと、

なかなか準備が大変だったのではありますが(汗)

5mの紙に文字を書く機会なんて、そうそうあるわけではなく、

こんな機会を作ってくださったことがとても嬉しかったです。

「まなび講座」には、ほんとうに様々な機会を与えていただき、深く感謝です。


さて、当日ハハは受付担当です。

井上智さんとニキリンコさんのお話もしっかりと聴いてきたいと思います!

2012.12.17 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
51B9N-sfF8L__SL160_.jpg

「清掃員の早技スゴすぎ!」

「新幹線の清掃隊かっけー!整列から一礼がビシッと決まってる!」

「新幹線清掃のおばちゃん、手際がいいだけでなく、礼儀もハンパない。マジ神」


新幹線にほとんど乗らない私は、全然知らなかったのですが、

ツイッターでは、こんなつぶやきがたくさんされているらしい。


『新幹線 お掃除の天使達』は、その名のとおり、

停車中の新幹線を、たった7分間でピカピカにする!という“テッセイ”という会社のお話。

新幹線の車両清掃会社が、なぜそれほどメディアの関心を集めるのか?

最初に関心を持ったのは、海外のメディア。

国際鉄道連合の会合が日本で開かれた際、メンバーが視察に訪れ、

ドイツ国営テレビが取材、さらに、前カリフォルニア州知事シュワちゃんや、

米国の運輸長官までもが視察に訪れたというこの会社。


「最強チーム」と紹介された「世界一の現場力」は、いったいどうやって生まれたのか?


「新幹線劇場」の仕掛け人は、

7年前この会社に着任されたJR東日本東京支社の運輸車両担当部長だった矢部輝夫さん。

矢部さんは、鉄道の安全システムの専門家で、テッセイとはまったく縁がなかった方。

しかも、JR東日本車内で聞えてくるテッセイの評判は、けっして芳しいものではなかった。

現場をまわってみると、スタッフはとても真面目で与えられたことはきちんとやる。

ただ、それ以上のことはやらないし、求められてもいない。

職場にも活気がなく「自分たちはしょせん清掃員」という意識がどんよりと蔓延しているように見えたと書かれてます。


そこで、矢部さんは、

テッセイは単なる清掃会社ではなく、もっといろんなことができるはず。

そうすれば、現場のスタッフたちももっと元気になるに違いない。

「テッセイをトータルサービスの会社にしたい」と考えられるのです。

そこでまずは職場環境の改善から。

働きやすい環境がなければ、現場スタッフの意識はプラスに転じない。

そう考え、待機所にエアコンを設置。

やる気のある人が正社員になれるように、と、

1年パートで働けば誰もが正社員になれるように人事制度を変えた。

その他さまざまな取り組みの中で、特筆すべきは、

この本の半分を占めるエピソード集「エンジェル・リポート」という仕組み。

これは、現場でコツコツと働いている人たちを、現場の上司や仲間たちが褒める仕組み。

「ほめる」ことの大切さって、最近では、脳科学でも立証されてきていますが、

どんな小さなことでも誰かが気づいて、褒めてあげることが、個人の成長にとっていかに大切かを認識します。

ここに載っているエンジェル・リポートは、たぶん本当にごく一部で、

たくさんの温かいエピソードがこの会社の中にはあるんだろうなぁ~というのを感じました。

「事件は、現場で起きているんだ!」じゃないですけど(笑)

矢部さんをはじめとする経営陣や管理職が、しっかりと現場をリスペクトしていて、

現場はプライドを持って仕事をされている、ということが読んでいて伝わってきました。



そして何よりも、私が素晴らしいな!と思ったのは、マニュアルに縛られないところ。

最近は、どこもかしこも、マニュアル、マニュアルで。

マニュアル通りの仕事をやっていればいい、という現状にうんざりしていたから。

マニュアル通りに動くということは、人は考えなくすむ。

想像力を働かせることもしない。

でも、この会社の人たちは違う。自分で考え、想像力を働かせて動く。

マニュアルではなく、みんなが心で動くようになったから…

だからこの会社は、こんなにキラキラ輝いているのではないのかな。と思いました。


そして、この会社がこれほどの注目を集める、ということは、

みんながそういうものを求めている、ということ。

まだまだ日本も捨てたもんじゃないな!って思わせてくれる一冊でした。


さて、明日は、いよいよ日本の行く末が決まる日ですね。

『大地は先祖から譲り受けたものではなく、子孫からの借り物』

この言葉を胸に…。

一票を投じてきたいと思います。
2012.12.15 Sat l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲
ポコラート全国公募展 vol.3

いよいよ今週末からはじまります!

001763_01.jpg

日程: 2012年12月14日(金)~2013年01月20日(日)
時間: 12:00-19:00
備考: 2012年12月28日は17:00閉場
休み: 火曜日、2012年12月29日(土)~2013年01月04日(金)
料金: 一般500円
備考: ※千代田区民と65歳以上の方は300円、中学生以下および障害者手帳をご提示の方とその付添者1名は無料
会場: 1F メインギャラリー


「ポコラート全国公募」は、障がいのある人、ない人、アーティストによる

自由な表現の場を生み出すべく2011年よりスタートした全国公募展です。

本展は、障がいの有無、年齢、展覧会歴など既存の枠組みにとらわれることなく、

人間の表現、創造力と向き合う機会となることを願い開催しています。

 「ポコラート全国公募 vol.3」では、そんなポコラートの思いを体現するような214作品の展示と、

新たな試みとしてのワークショップ企画の全国公募より選ばれた4つのワークショップを行います。

未だ見たことのない表現活動の数々をご覧ください。


「作品部門」では、全国より1,332作品の応募があり、厳正な審査を経て、214作品を展示。

ギャラリー内を埋めつくす作家たちの自由で独創的、さらにエネルギーに満ちあふれた世界がひろがります。

アーツ千代田 3331
ポコラート全国公募事務局 (担当:武田、近田、宍戸)
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
TEL:03-6803-2441(代表)/E-mail:pocorart@3331.jp

http://www.3331.jp/schedule/001763.html


・・・・・

三回続けての入選!という快挙

お近くにお住まいの方、会期中上京される方などおられましたら、

ぜひ見てやってください。

作品は、少し前に紹介しましたように、「ガクブル」と「Wonder World(異世界)」。


えー、実は、当初タイトルがつけられず(汗)「無題」となっていましたこちらの作品なのですが、

無題


「Wonder World(異世界)」として展示いたしますこととなりました。

実は、このタイトルをつけてくださったのは、

護道宗家の廣木さん。http://go-do.net/

廣木さんのことは、何度もブログで紹介させていただいていますが、

彼の息子さんもゆうちゃんと同じ障がいを持っています。

そして、息子さんも絵が得意!

(っていうか、その上手さは半端じゃないんですよ。

 絵画教室へも通っておられて、ゆうちゃんとは比べ物にならないのですが、

 作風が全く違うので比べられない、って感じなのです。
 
 二人とも描くことが大好きで、それぞれが違った持ち味を持っていて、

 お互い良い刺激になるのではないかなぁ?と、 私は勝手に思っています。)


今回「無題」としていました作品のことを

「タイトルがつけられないんです(汗)」と言っておりましたところ、

息子さんに絵を(PCで)見せて「これ、なあに?」と、たずねてくださったのです。

すると、息子さんが

「ヒト、 たくさん」と答えてくれたのだそう。

そのことを教えてくださり、私は驚きました。

だって、この絵の中には(重なりすぎて分からないのだけれど)たくさんの人が描かれていたから。

多分、描く過程を見ていなければわからないのではないか?と思うのに、

息子さんは、この絵に「ヒト」を見たのだから。


それをまたお伝えしましたところ、

廣木さんも「本当に無数の人が描かれているとは!!」とビックリ。

「しかし、そういわれても、なお私には理解不能です。

 もはや彼らにしかわからないワンダーワールドですね。」

ということで。

タイトル「Wonder World(異世界)」となりました。(笑)



なんだか、このつながりがとても嬉しい。

ゆうちゃんと一緒に過ごしていると、こうして理解不能な不思議なことが度々あるんです。

この不思議な世界を知ってしまうと、もうフツウの世界では物足りない感じ(笑)


ポコラート展は、ゆうちゃんの作品だけでなく、

きっと今までみたことのないアートに出会えるのではないか?と思います。

ぜひとも足を運んでみてください!

よろしくお願い致します。
2012.12.12 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
中村勘三郎さんの訃報に驚いた。


『元禄繚乱』は、ゆうちゃんが、大っ好き!で観ていた大河ドラマ。

録画したビデオは、擦り切れそうになっている。

元禄繚乱

この↑ CDも、もちろん持っている。

当時、赤穂城跡・大石神社へも訪れた。

この頃は、ゆうちゃんが興味を持ったことなら、

そこから何かを広げられないか?と必死だったように思う。


4歳といえば、まわりの子ども達との違いがどんどん見えはじめてきたころ。

不安や焦りなどの葛藤の中、

子ども番組より大河ドラマを好んで観るゆうちゃんに、

何か(良い意味での)他の子ども達との違いを感じていた。

まわりから何を言われようとも、

この子の持つ感性を壊さずに育てたい。

そう必死になっていたあの頃のことを思い出します。




57歳という若さでの死去。

きっとご本人が一番無念だと思います。

我が家では、

勘三郎さんは、大石内蔵助として生き続けますから!


ご冥福心よりお祈り致します。
2012.12.05 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。